生きづらさ解消

母への本音

ももかです。

今年の初めに、ずっと嫌いだった父に対して、実は同じような働き方を目指していて、でもなれないんだと気づいて。

最近は、母のような女性になりたいと思いながら、でも母が嫌いで、同じようにはなれないんだと、気づいてしまいました。

ややこしいけど、そういうことです( ;∀;)

頑固だけど、なんか顔色伺って要望がハッキリ言えず、裏で文句言う母にイライラしていて。

家事と少しの仕事で毎日楽しめる姿に、小さな世界で生きているなと思っていたんです(;_:)

ブラックももかが登場しますので、気分を悪くされるかもしれません。ご了承ください<m(__)m>

突然甘えるようになった母

母に対して、心のどこかで

「本当は頑固なんだから。相手の顔色伺って言葉のみ込んで、後から爆発しないでよ。」

と、思っていたんですね。

私が20歳超えたあたりから、急に甘えた感じで喋るようになって。

その姿が、本当はできるのに、かわい子ぶりっ子して、都合のよいときだけ女出しているように見えたんです(>_<)

以前の母の姿からは想像できなくて、別人になったみたいで混乱しました。

たぶん、浮気がバレて父と話し合って、それがきっかけで何かが吹っ切れたんでしょう。

身内だと思えなくなった

浮気をした母が受け入れられなくて、高校生のときから身内だと思えなくなりました。

だから、子供に甘えるようになった母が苦手で、心の中で軽蔑しながらも、そんな親不孝したらダメだと思ってました。

どうにか尊敬して「お母さんみたいなお母さんになる♡」っていう女の子にならなきゃ、と思ってたんですね(^^;

本音はひどいもんですよ。

言葉を選ばず、そのまま正直に書くと、

もっと強くたくましく生きなきゃダメじゃん。

やってほしいこと、してほしいことがあるなら、「察して」じゃなくて、ちゃんとハッキリ言いなよ。

エスパーじゃないんだからさ。

それで伝わるだろう、動いてくれるだろうって、思ってるかもしれないけど。

それってただ責任逃れしているだけじゃん。

「私が言ったんじゃないよ」

「私が決めたんじゃないよ」

って自分を守っているだけじゃん。

 

と思ってたんですから。

そして、心の声を必死に我慢して、考えていることもなかったことにして、母の望む子供でいようと頑張り続けていたんです。

自分で動かない人への怒りは母への怒りだった

必死に感謝して尊敬しようとしても、全然ダメでした。

頼られたり、任されたりすると、なぜか逃げたくなる理由って、ここだったんですね(;_:)

高校生のころ、家族を守るために自分の本音や感情を殺して、ピエロになることを選んだので。

どこかで「また苦しくなる」と思っていたのかも。

主導権を相手に渡して、自分はリスク取らずに美味しいとこだけもらって。

頼るくせにその人の文句言うの?

父に色々してもらってるのに子供に文句言うの?

文句言うなら自分でやればいいじゃん。

心のどこかでわかってるんでしょ。こうすればやってくれるって。

なのに、相手の要望でしかたなくそうした、みたいな言い方しないでくれるかな?

なんて思ってました(;O;)

そんな経験もあって、就活のとき「私は人に頼らず強く生きよう」と決めたんですね。

本音に気づいて、処理まで時間がかかりそうです…

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログはこちら▽

Laughを読む

関連記事