雑談

心に病名をつけて薬で治す違和感

ももかです。

高校生のとき適応障害と診断されて4年間精神安定剤を飲みながら、心療内科に通院しました。

そして知りました。

病院は、薬で症状を消してくれても、生きづらさは消してくれない。

精神医療は座敷牢から始まった

あんまり詳しくなんですけど、昔は身内で心を病んでおかしくなった人は、家の座敷牢に閉じ込めていたそうです。

外に出したら家の恥だから。

触れたくないから。

見たくないから。

…理由はわかりませんが。

それがだんだんと、病院が請け負うようになったそうです。

心に病名をつけて薬で治す?

心に病名をつけて、○○障害とか○○症候群とかつけて、その症状が「問題だ」とするのって、輪を乱されると不都合な人たちの見方だと思うんです。

魔女狩り的なね。

集団生活を送るうえで、その組織を統率したい人が、「扱いにくい」から、専門家のお墨付きで病名をつける。

みんなと同じことができない人も、「私は病気だからだ」と、がっかりと同時に納得しちゃう。

心が病気ってなんなんだろうね?

社会全体で、都合の悪い人を排除しているようにしか見えないのだけど。

そして、何でも薬で治そうとするのも、あまり好きじゃない。

辿り着いたのはタイプ論

最近やっとやっと活路が見えてきて。

人と一緒に生きるうえで、相手との違いを知ることがとても有効でした。

なぜ、受け入れてもらえないのか。

なぜ、怖がられてしまうのか。

それは【お互いの持っているものを知らない】から。

気質と性格の違いは、私が高校生の頃から興味のある問題で。

「Aさんがいつも文句を言うのはなぜ?」

「Bさんがいつも自分を責めるのはなぜ?」

「CさんとDさんの価値観の違いは何?」

と、不思議で不思議で。

ひと言で表すなら【人格が形成される過程】に、ものすごく興味があって、それを体系化するのが好きなんですよね。

人と関わりたいからではなく、人がわからなすぎるから、知りたかったんです。

だから、大学で心理学を専攻して、たくさんカウンセリングを受けて、セラピストのディプロマも取って、追求してきました。

それで、辿り着いたのが性格分析やタイプ論です。

病名があるから病人が増える

これも、何かで見ました。

ある病名ができると、途端にその病気の人が増えると。

目に見えない『孤独』や『不安』は、名前をつけて陽の目を見ると、たとえネガティブな表現でも安心します。

とくに、集団に馴染めない人は、名前がつくと自分を表現してもらえたようで、ホッとするんですね。

だから、「それは、あなたの性格の問題だよ」と言われると、どうしたらいいかわからない。

向き合うのが怖い。

だって、いま現実が上手くいかないのは自分のせいってことになるから。

それでも私は。

社会で生きていくために、性格分析から能力を見つけるやり方を追求していきたい。

いまは、人と関わっていくために、研究をしたいと思っています。

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログはこちら▽

Laughを読む

関連記事