恋愛

お付き合い期間の記録更新した彼氏の話

この記事は、2017年にメルマガで配信した内容を再編して掲載しています。

ももかです。

前回、私の恋愛観は女性的ではないようだとお話しました。

そんな私に文句を言わずに付き合ってくれてる人と、どうやって出会ったか?ここまで、どのようにして関係を築いてきたのか?

今日は、そんなお話です。

【追記】現在はお別れしています。初めて、お互いのために話し合って、好きなまま別れました。

男性が好きそうな女性像を演じるのをやめた

私はそれまで、男性が好きそうな女性像をイメージして演じていた部分があります。

例えば、

  • リアクションは大きくする
  • 褒める
  • 常に笑顔でいる

そうしないと、可愛がってもらえないと思っていたから。

でも、彼と再会した日の私はもう「取り繕うことなく、サバサバした自分がいてもいい」という気持ちになっていたので。

かなりサバサバした男性的な部分を見せていました。

結果的にお付き合い記録を更新

彼と付き合うことになったとき、勇気を振り絞って、自分の性格や体質について打ち明けました。

  • 心療内科に通っていたこと
  • 適応障害のこと
  • 過呼吸のこと

そして、自分のやりたいことができる人生が1番大事で、恋愛はその次。

「だから、こうしてほしいってわけじゃなく、単純に知っていてほしい。」と、伝えました。

それから、現在まで。

不安なこと、心配なこと、思っていること。自分の気持ちを積極的に伝えるようにしました。

これは、今までの恋愛で全く取り組まなかったことです。

結果的にお付き合い記録を更新することとなりました。