恋愛

お付き合い期間の記録更新した彼氏の話

この記事は、2017年にメルマガで配信した内容を再編して掲載しています。

ももかです。

気づけば、私のお付き合い最長記録は1年となりました!!パチパチ

短いですか?笑

えぇ、3ヶ月もてばいい方でしたから、1年続くとは奇跡に近い。

前回、私の恋愛観は女性的ではないようだとお話しました。

そんな私に文句を言わずに付き合ってくれてる人と、どうやって出会ったか?ここまで、どのようにして関係を築いてきたのか?

今日は、そんなお話です。

男性をライバル視してたと気づいたタイミングで

私と彼は営業時代の同期です。一緒に仕事していたときは、そこまで関わりもなかったのですが。

印象としては「斜に構えて絡みにくいやつで正直嫌い」でした。笑

私は、ガツガツと仕事に燃えていて世の中全員敵だと思いながら、日々の業務を必死にこなしていました。

そして、彼の方が先に会社を辞め、2年後くらいに私も辞めました。

月日は流れ、私はイメージコンサルタントとして活動を開始します。

そのとき、起業仲間の友達にアクセスバーズをしてもらい、不思議な体験をした私。

衝撃的な体験を通して、

  • 相手を攻撃しなくても、私は私のままでいいのかも
  • 変に取り繕う必要ないのかも
  • 無意識に、男性をライバル視していたかも

と思うようになったんです。

そして、1ヶ月後。ひょんなことから連絡が再会します。

嫌いだったアイツと再会

1年に1回ペースで投稿しているFacebookにフリーランスになったことを書いたら、彼がメッセージを送ってきたのです。

「起業について話聞きたいからお茶しない^^?」

怪しさ満点!!!!!

と、思いながらも6年ぶりに会うことになりました。

ももか
ももか
あんまり会いたくないけど暇だし。つまらなかったら、すぐ帰ろう。

営業だったし。何か売りつけてくるようだったら縁切る!

という気持ちで、再会しました。

男性が好きそうな女性像を演じるのをやめた

私はそれまで、男性が好きそうな女性像をイメージして演じていた部分があります。

例えば、

  • リアクションは大きくする
  • 褒める
  • 常に笑顔でいる

そうしないと、可愛がってもらえないと思っていたから。

でも、彼と再会した日の私はもう「取り繕うことなく、サバサバした自分がいてもいい」という気持ちになっていたので。

かなりサバサバした男性的な部分を見せていました。

すると、不思議。彼は、そういう女性が好きだったようですね。(Mなんでしょうか。笑)

再会から1ヶ月後には、付き合うことになりました。

後から聞いたら「久しぶりに会って、あの頃と変わらず負けず嫌いだなと思った」と言われました(-“-)ナンダソレ

結果的にお付き合い記録を更新

彼と付き合うことになったとき、勇気を振り絞って、自分の性格や体質について打ち明けました。

  • 心療内科に通っていたこと
  • 適応障害のこと
  • 過呼吸のこと

そして、自分のやりたいことができる人生が1番大事で、恋愛はその次。

「だから、こうしてほしいってわけじゃなく、単純に知っていてほしい。」と、伝えました。

それから、現在まで。

不安なこと、心配なこと、思っていること。自分の気持ちを積極的に伝えるようにしました。

これは、今までの恋愛で全く取り組まなかったことです。

結果的にお付き合い記録を更新することとなりました。

2020年追記
現在はお別れしています。初めて、お互いのために話し合って、好きなまま別れました。

関連記事