生きづらさ解消

【閲覧注意】母の浮気~家族を守りたい~

この記事は、2017年にメルマガで配信した内容を再編して掲載しています。

※ひたすらネガティブな気持ちになります。閲覧には注意してください。※

前回の記事の続きです。

高校生になり、持っていた武器が役に立たず、すっかり混乱した私。

同じタイミングで、家族もすれ違いが生じるようになりました。

姉は、ちょうど反抗期。

朝帰りをしたり、両親とケンカしたり、しっかりと自己主張をするようになりました。

7歳下の弟はまだ小さく何もわかりません。

そんなとき、母の浮気が発覚しました。

私がみんなを笑顔にしなきゃ

私は、父を敵視するようになりました。

母を悲しませる、自分勝手な父。

浮気したのは母なのに、父を悪者にして、必死に母をつなぎとめようとしたんです。

不信感を持ちながら。

軽蔑しながら。

それでも、母がいなくなってしまうことが怖かった。

姉は反抗期だし、弟は小さくて何もわからない。

ここで私まで自分勝手なことをしたら、この家は壊れる。

「私がみんなを笑顔にしなきゃ。」

「私は笑顔でいなきゃ。」

「私は反抗期にならないでおこう。」

そう思って、家族を守るために笑顔の仮面をつけることにしたのです。

学校では、できない自分がバレないように笑顔でいて。

家では、父や母の機嫌を損ねないように笑顔でいて。

不満や言いたいことは考えないように。

寂しい、苦しいなんて思っちゃだめだ。

わがままを言って周囲を困らせたら、私の居場所がなくなる。

そう考えて、「元気で笑顔いっぱい。気がきく子」の役割を引き受けたんです。

感情を失う、そして引きこもり

しかし、状況は一向に改善されません。

私は次第に、笑顔すら出せなくなりました。

いつの間にか、感情を感じることも面倒になり、自分の気持ちがわからなくなりました。

ただただ、辛い。悲しい。

私は何もできないダメな子だ。

存在する意味がない。

消えてしまいたい。

死にたい。

感情を失った私は、部屋に引きこもるようになりました。

何かしようという気も起きない。

何も考えたくない。明日が来るのが怖い。

体に異変があるはずなのに…

このとき、些細なことも「自分がダメだ」と思うきっかけになっていきました。

たとえば、いつもの時間に電車に乗れなくて、目の前で発車してしまっただけで

「私は全てから見放された。ダメな子だ。」

と絶望します。

全てがこんな調子です。

身体にも異変が出はじめ、頭痛や動悸が頻繁に起こります。

ところが、病院で何度検査しても、何も異常はありません。

それから、朝が来るのが怖くて、夜眠れなくなりました。

泣いて、泣いて、泣き続けて、疲れて意識が朦朧(もうろう)として、そのまま眠る。

そうしないと、眠れませんでした。

精神科に行きたい

学校や、電車の中。いつでも、誰かが自分の悪口を言っている気がしました。

楽しそうに笑っている人を見ると、イライラします。笑い声が耳に突き刺さって、頭が壊れそうになります。

普通に道を歩いていても、涙が溢れてきます。

ここまできて、やっと私は決心しました。

「これは、もう1人では解決できない」

そして、母にメールしました。

精神科に行きたい。

そして、かかりつけの内科で紹介状をもらい、心療内科に通うことになったのです。

≫次はこちら

関連記事