お悩み相談室

会社でまとめ役なのにミスばかりしています。

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は、「会社でまとめ役なのにミスばかりしています。やめたいけど、辞めなくていい為にはどうしたらいいですか?」というご相談です。

【本日のご相談内容】

私は今、会社で現場の取りまとめ役の見習い中です。

ただ、ミスをすると書き出されて、次の日の朝礼で発表されます。

自分ではチェックをして間違えないと思っていても、ミスをしています。

同時並行で部下への指示や動きを考えなければならないため、集中力を欠いてしまいます。

本当にミスが多いのに、取りまとめ役をしなければならず、自分で決断したものの何度ももう無理ですとギブアップしようと思ったか知れません。

私は昔いじめられていたためか、いまだに、人を心から信じられません。

本音はもう辞めたいです。でも、辞めなくてもいい為にはどのような対処方があるでしょうか?

お忙しいとは存じますが、何卒よろしくお願い致します。

ご相談ありがとうございます。

こういう状況だと「辞めたいけど、現状でまだ頑張れることがあるはず」とか「投げ出したら、他に行っても同じことを繰り返してしまう」とか考えちゃいますね。

相談文に『ミスをすると翌日の朝礼で発表される職場』とあるので、日頃から強いストレスにさらされて緊張を余儀なくされていると思われます。

監視されると萎縮してしまうHSPが適応していくには、ハードルの高い職場です。

このことを前提にして続けるなら、【どこまでが自分の責任なのか】を明確にしましょう。

100%自分のせい?

一言で「ミス」と言っても、人的ミス、機械的ミス、環境的ミス…など原因は様々ですよね。

責任感が強く真面目な人は、ミスを全て一括りにして「私のせいだ」とする傾向にありますが、本当に100%自分のせいでしょうか?

他責思考はよくないと言われますが、状況を客観的に把握して課題点を的確にあぶり出したうえでの他責は【課題を分離して考える思考術】です。

やみくもに人のせいにする思考停止とは違います。

今回の相談者さんは、まずミスに対する白黒思考を改善すると、プレッシャーを感じることは少なくなるかと思います。

ミスをしたときに、原因を3つ以上挙げてみてください。

このとき、人、環境、仕組み、など違う視点から考えるようにすると、課題分離思考が身につきやすくなります。

会社を自分のために利用する

次に、ストレスフルな会社で働き続けるなら、「会社をどう利用するか」考えてみましょう。

これも、課題分離思考の1種ですが、

  • 私がクリアしたい課題
  • 会社が抱えている課題

この2つは別物だと考えると、業務に感情移入しすぎず割り切って仕事ができます。

たとえば、相談者さんが依頼を受けた理由が、自身のスキルアップだったとしましょう。

でも、会社的には「時代の流れで女性のリーダーを作らなきゃね」くらいのテンションで、抜擢した人がどうなるかまで考えいないかも。

すると、相談者さんはスキルアップしたいのに、会社側はフォローができず、現場と会社のねじれが起きてしまう。

このように自分の課題と会社の課題を分離するのです。

そのうえで、「会社のフォロー体制は不十分だから、自分でマニュアルを作って対策を取る練習をしよう」というように、自分だけでできる対策を実行するのです。

相談の練習をするチャンスにしても〇

もしくは、ご自身の対人スキルに問題があると感じているなら、「人に相談する練習の場にしよう」としてもいいですね。

人を信じられないと感じているようなので、助けを求める訓練の時期と捉えて、思い切って「もう無理です!でも、頑張りたいんです!」と、怒られる覚悟で本音を言ってみるとか。

自分の力ではどうしようもできないことと、自分が動けば解決できる問題を分離して考えて、どうしようもできないことは「無理」と割り切り、他の部分で何ができるかを考えるのです。

私は「ミスを朝礼で発表される」と聞いただけで、私はゾッとしてしまいました。汗

しかも、そんな緊張感のある職場でまとめ役をしているのですから、本来はとてもレベルの高いメンタルトレーニングが必要な状況であるということだけ、きちんとお伝えしておきますね。

本当にツライなら、期間とか責任とか考えずに逃げるのも大事です。苦しむだけが努力ではありませんから。

眠れない、涙が止まらない、集中できない、などの抑うつ感がない場合のみ、課題の分離思考を試してみてください。

関連記事

感受性豊かな人が仕事を辞める原因【境界線と白黒思考】

「職場の環境がHSP気質と合わない」という理由で転職してもいいの?

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログはこちら▽

Laughを読む

関連記事