体のケア

体調不良は低気圧のしわざ!?気象病の原因とおすすめアプリ

ladybug

天候と体調は深く関係しているの。雨が降ると頭が痛くなったり、空気が乾燥すると風邪を引きやすくなったり。

HSPは、疲れやすくストレスを感じやすい。気温や気圧の変化も大きな刺激になる。

気象病について知っていると、ストレス対策もしやすくなるよ!

気象病って何?

気象病とは、気象の変化と関係があると考えられるいろんな病症の総称だよつまり、天候の変化によって起こる症状のことだね。

気象病の種類には、以下のようなものがある。

  • 気管支喘息
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 腰痛関節痛
  • リウマチ
  • 花粉症
  • インフルエンザ
  • 熱中症
  • 食中毒
  • 寒暖差アレルギー
  • 片頭痛

インフルエンザも気象病!!

確かに冬に空気が乾燥すると、発生しやすくなるもんね。

天気の影響で体調不良になる理由

では、なぜ体は天気の影響を受けるのか。

それは、人間が恒温動物だから。気温の変動が激しくても、主に自律神経系を駆使して、体温を一定に保とうとする。

また、気温だけでなく、気圧などの変動にも体は恒常性を保とうとします。

気圧が下がると耳の奥にある内耳の圧センサーが作動し、交感神経を刺激するの。

すると、交感神経を活性化させることで、体内環境を整えようと身体はあらゆる反応を始めます。

ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が放出され、血管が収縮する。

そして、痛みを感じる部位の活動が活発になり、いつも以上に痛みに敏感になるというわけ。

さらに、気温が急に下がる季節には、血液がドロドロになりやすいそう。

初秋に脳卒中で突然死が増えるのは、激しい気温の変動に体が対応できなかったためだと言われているの。

気象病とは、天候の変化に対して常に同じ状態を保とうとする体の反応 ってことだね。

とにかく眠いのは低気圧のせい!

気象病の症状が起こる原因の1つに低気圧があります。

雨の日になんとなく憂鬱になったり、とにかく眠くなったり。また、激しい頭痛がしたり。

これらは、低気圧の影響なんだよ。

ちなみに気象学では高気圧と低気圧の明確な定義はないの!!

周囲の気圧と比較して高いところを高気圧、低いところを低気圧と呼ぶんだよ。

低気圧で引き起こされる症状は、次のようなものがあるよ。

低気圧の症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 眠気

雨の日に頭痛がしたり、とにかく眠くなったりするのは、低気圧の影響だったんだね!

低気圧の症状が出る原因

低気圧で様々な体の不調が起こる原因は、主にふたつ。

  • 酸素濃度の低下
  • 副交感神経が優位になる

それぞれ、詳しく説明するね。

酸素濃度の低下

まず、酸素濃度の低下について。 

低気圧のあるところは上昇気流が起きる。 さらに、雨が降ると雨粒に酸素が吸着して地面に落ちる。

結果、空気中の酸素濃度は低下する。すると、体は酸欠状態になり頭痛や吐き気に襲われるの。

副交感神経が優位になる

次に、副交感神経が優位になることについて。

人間の体は、日光を浴びないと副交感神経が優位になる。さらに、気圧が10hpa下がると海面は10cm上昇する。

私たちの体も気圧が下がって大気圧の力が緩むと、わずかに膨張する。そのため、眠気や倦怠感が起きたり、なんとなく憂鬱になるの。

気象病対策にオススメは【頭痛〜る】

気象病とは、天気の変化によって発症する体の不調のこと。

雨を止めることはできないから、仕事を早めに切り上げるなど、ゆっくり休養する対策を取ろう。

無理をしないことが1番です。症状によっては、頭痛薬を使ってもいいですね。

雨の日頭痛対策にオススメは【頭痛〜る】というアプリです。

気象病(頭痛)対策のために、毎日気圧の情報をお知らせしてくれるサービス。

これで事前に気圧の大きな変化を知ることができます。

薬を用意したりスケジュールに余裕を持たせたり、対処することが可能になるね。

私もずっと使っていて、「頭痛いな」と思ったら頭痛〜るを見て、薬を飲むか決めているよ。

まとめ

天候の変化と体調の関係を知ると、自分をケアしてあげようという気持ちになりますね。

ついつい頑張りすぎてしまう人は、たまには「天気のせい」にして、ゆっくり休みましょう!

それじゃあ、またね。