男性HSP

男性HSPの本当の魅力が発揮されるのは、弱さをさらけ出せたとき

child

Twitter(@momohsphss)でも、男性HSPについての投稿は、毎回とても反響がある。  

そして毎回「ありがとう」っていう感謝のリプをいただくの。だから、もっと男性HSPについて話したいっていう気持ちになったんだ。

ということで、繊細で豊かな感受性を持った男性が、自分らしく楽しく生きる方法について考えてみようと思う。

お手本は「はじめしゃちょー」

結論から言うと、男性HSPは弱さが強みなの。弱いって、男性にはNGワードだと思うでしょ。

でも、弱さってすごく人間らしい。親しみが湧く要素でもある。  

わかりやすい例だと、YouTuberの「はじめしゃちょー」

【HSPの有名人男性編】独特な視点を活かす仕事術を分析!でも紹介したよ。

知らない人は、ぜひ検索して動画を見てほしい。

man
【HSPの有名人男性編】独特な視点を活かす仕事術を分析! ここでは、HSPの男性有名人を紹介するよ。 お笑い芸人から占い師まで。 人間観察が趣味の私が、HSPである彼らの仕事術も分...

彼は、日本一のチャンネル登録者数を持つクリエイターなんだけど。  動画を見ていると、HSPっぷりがよくわかる。

強い光が苦手、集団が苦手、興味の範囲が狭いなど。

ここで大事なのは、はじめしゃちょーが爆発的に人気が出て、さらに人気を継続させている理由。

それは、決して見た目のイケメンさだけじゃないの。彼は「弱さを隠さない」から。  

はじめしゃちょーはヒカキンになれない

はじめしゃちょーの特徴を並べてみた。

  • よく泣く
  • 「できないよー」「こわいよー」という発言が多い
  • 失敗する企画も多い
  • 人に頼ることで活動の幅が広がると知っている

企画力があることは大前提として、危なっかしいし、頼りない姿が興味をそそるの。

つまり、弱さが親しみやすさに変わり、愛されキャラになっている。

  一方、非HSPのYouTuberである「ヒカキン」は、会話に安定感のある商品紹介が得意。

さらに、Youtuberとして業界を牽引するという気持ちを公言していて頼もしい。社会問題に触れて募金を募ったり、視聴者を巻き込んでいく力もある。

ヒカキンは頼りがいがあって「ついていきたいな」と思わせてくれる。当たり前だけど、はじめしゃちょーは、ヒカキンになれない。

だって、はじめしゃちょーがひたすら万人受けする商品紹介だけしても、今ほど人気は出なかったはず。

男性HSPの本当の魅力 

注意してほしいのは、ヘタレキャラになるってことじゃなくて。

男性HSPの本当の魅力は、純粋に興味のあることに一生懸命向かっていく姿。

説明が下手でも、失敗しても、誰かに頼っても。

そして、自然とできる気遣いや思いやりの行動は、とっても安心感があるの。 女性からすると、疲れた時に一緒にいてほしいって思う。

だけど、ここぞ!っていうときは、リードしてほしいのが女心。 長くなるから、これについては、また今度話すね。

それじゃあ、またね。  

peace
【男性HSP】男らしさの苦しみを解放させ、本当の自分を取り戻す!男性のHSPが本当の自分を取り戻すには、「男らしくないから、やってはいけない」と我慢していることを思い切って実行すること。力強い男性じゃなくても、心優しい気遣いができる自分を受け入れてもらえる経験が、自信に繋がるよ。...