雑談

人を信じるってどういうこと?

love

社会人になってからね、上司に何度か言われたことがある。

「もう少し、人を信じたらどう?」って。

疑ってるつもりもないし、心を閉ざしているつもりもなかったのに。

だけど、人を信じるっていう感覚がわからなかったのは本当。それが最近、私の中でひとつ答えが出たから、お話するね。

信じるって怖いことでもあるし、勇気もいるってわかったよ。

強さや優しさを認められない

もっと人の強さや優しさを信じてもいいのかもしれないよ。

人には、それぞれ強いところも、弱いところもある。

なんでもないとき、楽しいとき、辛い時、落ち込んでるとき、嬉しいとき・・・1日の中でも感情は移り変わる。

だからこそ、色んな感情を分けあえる関係っていいなぁ。 

私は今まで、人を信じてなかったの。 正確には、人のちからを信じてなかった。

人のちからを信じるって、相手の持っている能力を認めて発揮してもらうってことなの。

  • 落ち込んでも立ち直る「強さ」
  • 相手を思いやる「優しさ」
  • 誰かを助けたいと思う「人情」
  • 理解し受け止める努力をする「器」

そういう相手の能力(ちから)を信じる。

信じるって何もしないこと

信じるって、何もしないってこと。

目の前の状況じゃなくて、存在自体に感謝すること。存在自体を受け入れること。どんな状況になっても、受け入れる覚悟をすること。

自分に対しては「繊細で感受性豊かな、ありのままの私を受け入れてほしい」と思うのに、相手のありのままを受け入れようとしないのは、ただのわがまま。

助けてほしい、受け入れてほしい、見捨てないでほしい、愛してほしい、必要としてほしい。こういうクレクレのスタンスで人と接すると疑いが入る。

現実逃避のクレクレは「愛情の確認行為」

この前、人間関係が長続きしないのは「愛情の確認行為」のせいだった!?という記事を書いたの。

私は彼氏がいても、友達がいても、いつも「不安」が付きまとってた。

いつか離れていくんじゃないかって。好意を寄せられるほど、見捨てられたらって怖くなる。

だから、あえて深入りしないようにしてたの。大好きにならないようにしてた。

一瞬でも「苦手」「嫌い」って思われると、その時点で関係が終わっちゃうような気がして。

言葉なんて薄っぺらで、嘘だってつける。私のことを本当に好きなら、いつも100%の愛情を感じさせてよ!って思ってたの。

それでも、人の気持ちはある日突然変わるから。1年後も同じ気持ちでいられるわけがない。

勝手に相手を理想化していたんだよね。だから、

ももか
ももか
こんなことしたらダメかな?こんなこと言ったら、私の元から去ってしまうかな?こんなことしたら嫌われるかな? 

こうやって、心の奥底でビクビクしながら、腫れ物に触るような気持ちで人間関係を作っていたの。

不安や恐れが、人との距離を生む。一緒にいるけど、心を開いていない状態ね。

思い切って相手の懐に飛び込んでみたらどうだろう?

思い切って飛び込んでみたらどうだろう?人間の強さや優しさに。

身を任せてみたらどうだろう?傷つけあい、助け合う関係に。

それが仲間だ。人類という仲間。

反対に、誰かが弱っていたり、落ち込んでいたら、何もしなくてもそばにいるだけでいいこともある。

顔を見て、話を聞いてあげるだけで、心から救われるんだから。

どんな姿でも受け入れてくれる存在って、何か具体的にしてもらわなくても、十分心の支えになる。

もらえなかった愛情を嘆くより、欲しかった愛情を与えよう

本当はお母さんから理想の愛のかたちをもらえていたら、生きることへの安心感が育まれたのかもしれない。

最近ね、気づいたんだ。私はずーっとお母さんを理想化してたって。

だけど、もらえなかった愛情をいつまでも嘆くより、欲しかった愛の形を自分が与えることを考えてみようと思ったの。

だって、人は立ち直る強さも持っているんだから。 

まとめ

「信じる」っていう言葉の意味が、ずっとわからなかった。

どうしてもさ、「こんなこと言ったら嫌われるかも」って考えちゃうけど。それって、相手の器を小さく見積もっていることでもある。

自分に置き換えてみたら、簡単に人のこと嫌いだと判断しないのに。同じように、相手も受け入れるだけの器を持ってるんだよね。

ときどき八つ当たりしちゃったり、疲れて余裕なくなって素っ気なくしちゃったりするけど。

でも、私たちと同じように「嫌われちゃったかも」って不安になってるんだよね。

お互いにありのままの存在を認めることができたら、とても心地よい関係が築ける気がするね!!

初めての方にオススメ10記事

関連記事