オススメの本

境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー「バウンダリー」が全部わかる本!

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

人に気を遣いすぎて、相手に振り回されてしまうことありますよね。

バウンダリーとは心の境界線のことで、強化すると自立した人生が送れるようになります。

具体的なやり方は、「境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー」を読むと全てわかります!!

境界線の本質と引き方の全て

境界線の本

境境界ー聖書が語る人間関係の大原則ーは、自分と他人を区別して人間関係を豊かにする専門書です。

専門書と言っても、エピソードが豊富でわかりやすいので、境界線(バウンダリー)の疑問は、この1冊で全部解決できますよ。

特に、次の項目に当てはまる人にオススメ!

  • 人の顔色を気にして疲れてしまう
  • 頼まれると断れない
  • 流されやすい
  • 自分の考えを話すのが苦手
  • 「嫌なことは嫌とハッキリ言えたら、どんなに楽だろう」と悩んでいる

私は、繊細で敏感な気質であるHSPの本を読んで「境界線が大事なのは理解したけど…結局どうしたらいいの?」と疑問に思い、この本と出合いました。

家族、友人、夫婦、仕事、自分…などなど。

全ての人間関係を網羅しているので、読み返すたびに新しい発見があります。

ただ、辞書かと思うほどの厚さで、読んでると腕が痛くなるのが難点ですが。笑

created by Rinker
¥2,640 (2021/04/20 07:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

「自己犠牲と共依存の愛」から「自立した愛」へ

境界線(バウンダリー)を作ると「自己犠牲と共依存の愛」から「自立した愛」を感じる人生を送れるようになります。

人は、愛に満ち献身的であろうとするばかりに、自分の限界を忘れてしまうことがよくあります。あなたも次のように思ったことはありませんか?

・限度を保ちつつ、なお愛に満ちた人であることは可能だろうか?

・私の時間、愛、エネルギー、そしてお金を欲しがる人にたいして、どう答えたらいいだろうか?

・境界線を引こうとするとき、罪悪感を覚えるのはなぜだろうか?

〜カバー裏面より抜粋〜

本書の副題にー聖書が語る人間関係の大原則ーとある通り、聖書がベースになっていますが。

著者はアメリカの心理学者なので、クリスチャンでない私も、違和感なく読めました。

また、内面の境界線を「精神的」「感情的」に分けているのも、他の本にない具体的な説明です。

NOと言えないアメリカ人

この本を読んで、

ももか
ももか
ノーと言えないのは、日本人だけじゃないんだなぁ

と世界中に仲間がいるような気持ちになりました。

特に欧米人は、ハッキリ自己主張するイメージがあったのでビックリ!

最初と最後に登場するシェリーの物語は、「わかる!わかる!まさに私の状態そのもの!」と、食い入るように読みました。笑

境界線(バウンダリー)のないシェリーとエナジーバンパイアの母親

シェリーのエピソードを一部紹介します。

シェリーは夕べのことを恨みがましく思い返した。可愛い娘を喜ばすために夜のうちに衣装を仕上げておくつもりだったのだ。

しかし思いがけず、シェリーの母親が訪ねて来た。

〜省略〜

「シェリー、あなたの家族の時間を邪魔するのだけは嫌だと、いつも言っているでしょう」

夫を亡くして十二年になるシェリーの母親は、未亡人としての自分の立場を殉教者の位置までに引き上げていた。

「だってね、あたなのお父さんが死んでから、私はずっと寂しく生きて来たのよ。今でも家族が懐かしいわ。だから、あなたから家族の時間を奪うなんて、そんなことが私にできると思う?」

(すぐにわかるわ…。)シェリーは心の中でつぶやいた。

p13〜p14

まさに、エナジーバンパイアなお母さん。

いつも突然押しかけて来る。自分の家で、しかも実の母だと逃げ場がないですよね。

家族の時間を大切にしてと言いつつ、お母さんの演説は続きます。

「だから、どうしてあなたがウォルトや子供たちと一緒に会いに来てくれなくなったのか、私にはわかるのよ。

私なんか退屈ですものね。子供に人生を捧げ尽くした、ただの孤独なお婆さんなんだから。誰も私なんかと時間を過ごしたくないのは無理もないわ」

「違うのよ、お母さん、そうじゃないの!」

シェリーは大急ぎで言った。母とはこのような感情のやりとりが何十年も続いていて、メヌエットを踊り続けているようだった。

p14

大事にしたい予定があるのに、シェリーは「ノー」と言えません。

シェリーのその後

境界線(バウンダリー)を引くことに成功したシェリーのエピソードは、最後にもう一度登場します。

たとえば先日の晩も、シェリーの母親が前ぶれなく突然訪ねてきた。

ちょうどシェリーが息子のトッドと科学プロジェクトの発表会の準備をしなければならない時間だった。

シェリーにとっては、これが一番言いにくいことの一つだった。

「お母さん、私もお母さんとおしゃべりがしたいのだけれど、今はちょっと都合が悪いのよ。トッドが太陽系に関するプロジェクトを仕上げるのを手伝っていたところなの。

かかりっきりになると思うわ。よかったらあがって見ていってもいいけど、そうでなければ明日私から電話するから、その時次に会う時間を決めましょうよ」

p472

ドキドキですよね!!

境界線(バウンダリー)を引くことができると、明確に自分の意志を伝えつつ、代替え案も出せるようになります。

さぁ、エナジーバンパイアのシェリーの母親はどう出るのか?

母親はいい反応を示さなかった。彼女の「殉教者症候群」はたちまち全開となった。

「ええ、ええ、よくわかっていましたよ。孤独な老人と時間を過ごしたいと思う人なんていやしないのよ。うちに帰ってひとりぼっちになるわ。いつものようにね」

かつてのシェリーなら、この巧妙な「罪悪感」の猛攻撃に折れていただろう。

しかし支援グループの仲間との多くの練習を通して、母親の突然の訪問にどう対処するか、シェリーは心を決めていた。

そして、もはやそれほど罪悪感を覚えることもなかった。

母親は次の日になれば大丈夫なのだし、シェリーも夜をゆっくりすることができるのだから。

p472

境界線(バウンダリー)の効果ってすごくないですか!?

シェリーのエピソードで注目する点は、お母さんの反応は何も変わってない点です

シェリーの考え方や物事に対する見方が変わっただけで、彼女は自分の人生の主役になれたのです。

本気の人にはとてつもなく有益

境境界ー聖書が語る人間関係の大原則ーは、専門家のセミナーを丸1日受けるのと同じくらいの情報が詰まっています。

専門書だけあって値段も高めですが、具体的なエピソードが豊富で読みやすいし、値段だけの価値があると言えます。

イメージ的には、ナポレオン・ヒルの【思考は現実化する】のような本質を書いた本ですね。

「人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方」との違い

人間関係境界線

もう少し気軽に入り口の部分だけ知りたい人は、人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方という本もあります。

こちらは、日本人が書いた本なので文章的にも読みやすいです。

サラッと気軽に読みたい人向けですね。

読書が苦手な方や、あまり時間が取れない方、まずは概要を把握したい方にオススメです。

created by Rinker
¥2,640 (2021/04/20 07:11:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/04/20 07:11:46時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

境境界ー聖書が語る人間関係の大原則ーは、境界線(バウンダリー)の引き方について丸ごとわかる本です。

人の顔色を気にして疲れてしまうと、本来やりたいことが後回しになっちゃいますよね。

境界線(バウンダリー)を引くことで、時間的、金銭的、精神的な自由を得ることができるようになりますよ。