生きづらさ解消

【適応障害とHSP】再発の原因は頑張ること依存

こんにちは、ももかです。

HSPで適応障害と診断された人は多いのではないでしょうか?

個人的には、HSPが変化に敏感でNG項目が多く、苦手な環境が多いことが原因だと思っています。

適応障害は、ある特定の状況に適応できないことがストレスになり、心身に不調が現れ、ストレスになる状況から離れると自然に改善させるのが特徴です。

そして、再発を繰り返すケースもあり、「ストレスから離れたら治るはずなのに。この障害と一生付き合っていくの?」なんて途方に暮れていることも。

私も、適応障害を何度か再発させた経験があります。そこで今回は、なぜHSPは適応障害の再発を繰り返すのかについて、考えていきますね。

音声でも解説しています(再生ボタンを押すと始まります)

適応障害とHSP

現在では、企業も心の不調について興味を示すようになって、職場でのメンタルヘルスが一般的になったので、心療内科で診断書をもらって提出すれば簡単に休職できます。

適応障害も同様に、健康診断で「メタボ」と言われるのと同じくらい、診断を受ける人が多くなりました。

全てが誤診というわけではないですが、実はHSP気質に対してのケアが必要なのに、適応障害の症状のみ対処されて、苦しんでいる人がいます。

だからこそ、環境を変えて休めば治るんだと安易に考えないでほしい。根本的な原因に対処しなければ適応障害の症状は繰り返します。

まずはストレスの原因から離れ、休養を取ることを最優先にして、回復してきた段階で一度しっかり振り返ってほしいのです。

「なぜその環境がストレスだったのか?」そして、「何をしたら回復したのか?」の対策を取らないと、症状は消えても生きづらさ解消にはつながりません。

環境を変えてストレスから離れても再発する

適応障害は、ストレスの原因である環境から離れると回復すると言われています。

それにも関わらず、新たな環境になっても同じような症状を繰り返す場合は、頑張ることに依存していないか疑ってみてほしいです。

適応障害と診断された人にとって最も大切なことは、ストレスの元をしっかり把握すること。

  • その環境のなにがストレスなのか?
  • なぜそう感じたのか?
  • なぜその環境を選んだのか?
  • なにが自分と合わなかったのか?

こういった視点で振り返ってみてください。

単純に「環境を変えて休めばいい」としてしまうと、体調が回復したときに同じような環境を選んでしまう可能性があります。

さらに、一度ドロップアウトした経験があるから「自分は弱く人に迷惑をかけてしまう人間なんだ」というセルフイメージがつきやすい。

だから「頑張らないと」と、また負荷をかけるような環境を自ら選んでしまうのです。頑張ることに依存している人は、なかなか適応障害が治らないと、私は思っています。

再発の原因は頑張ることへの「依存」

たとえば、仕事をしていて、身体を壊すとわかっていながら、頑張ることがやめられない人は、【ワーカホリック】の可能性があります。

ワーカホリックとは、仕事中毒と訳されます。

本来、生きていくためにする仕事によって、体調を崩したり人生を壊されてしまうんですね。これは【頑張ることに依存している人】の特徴の1つです。

ところで、頑張ることがやめられない原因が『依存症』なのであれば、正常な努力と依存は何が違うのでしょうか?

このことを疑問に思って、依存症に関する本を探していたら、とてもわかりやすい説明があったから紹介しますね。

人間は、幸せを感じたり、心がホッとする瞬間をたくさん味わいたい。という欲求を持っている。

多くの人は、日常生活で心安らぐ時間を感じることもあるが、やがてそれは消えていく。そしてまた、幸せや平安を求める。その繰り返しが人生である。

また、幸せな瞬間が消えると、寂しさや不安がやってくる。この自然なサイクルは、人間が自らコントロールできるものではない。

依存症とは、本来どうにもできない自然なサイクルを、行動や物質によって無理やりコントロールしようとすること。

依存症の人が、化学物質を使用したり、対象となる行動をするのは、それによって自分が望む”気分の変化”を自分の中に作り出したいという欲求のため。

そうすることで、本来自分がコントロールできない自然のサイクルをコントロールしているように感じる。

引用:「やめられない心」依存症の正体

依存症が「やめたくてもやめられない状態」ということは、体調を崩すとわかっていて、仕事で頑張ることがやめられない状態は【仕事依存症】だと言えますね。

生きることにつながる努力をしよう

依存症は対象となる行為や物と適切な心理的距離を取れません。

「仕事に集中すると気持ちのいい達成感がある。それを感じられないと虚しくなる。」という感じです。

何かに没頭していても情緒的な結びつきがなければ依存症ではありません。

「勤務中は全力で取り組んで、仕事が終わったら趣味を堪能する。」といった状態なら、それは健全な生きることに向かう努力です。

普通の人間は、心のニーズを満たす必要があるとき、友人と語り合ったり、地域社会や自分が属するグループの人たちと人間的な結びつきを深めたり、自然と親しんだり、精神世界に触れたりすることでそれを満たそうとするもの。

依存症の人はそれができない。

依存症は人を孤独にする。

人間は、ノーマルな方法で心あたたまる幸福感を得ようとするなら”生きること”に向けて手を伸ばす。そして他の人々との人間同士のつながりを求めたり、自分の内面を見つめることで自分を支える。

ところが、依存症の人は、この動きがほぼ完全に内面のみ向いている。

なぜかというと、依存症は内面の奥深くに存在しているため、依存の対象のことを考えたり、依存に突き動かされて行動するときには、他人とのかかわりを断って自分だけの世界に入らないといけないから。

そのため、依存が進むにつれて、彼らは他人と有意義な人間関係を持つことができなくなる。依存症の人生は孤独。そのため、ますます依存対象に惹きつけられる。

引用:「やめられない心」依存症の正体

created by Rinker
¥1 (2020/09/28 17:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

あなたの努力は、生きることに向かっていますか?

まとめ

力を得るため、苦痛を紛らわせるためだったら、それは孤独に向かう努力です。

HSPで適応障害の再発に悩んでいるなら、まずは自分が「頑張ることに依存していないか」確認してみてください。

依存症は完治しないと言われていますが、時間をかけて症状を抑えることはできるそうです。少しずつ、生きることに向かう努力へと変えていきましょう。

それじゃあ、またね。