仕事が続かない

感受性豊かな人が仕事を辞める原因【境界線と白黒思考】

tulip

感受性が豊かな人は、仕事に対してのモチベーションも高いの。でも、体調不良ですぐに退職してしまう。その結果キャリアを形成することが難しくなってる。

原因はいくつかあるけど、今日は、境界線の薄さと白黒思考についてお話しするね。

感受性豊かな人が仕事をやめる原因

感受性豊かな人の多くは「誰かのためになりたい」「この仕事を通して、社会に貢献していきたい」という意識で仕事に就く。

本質をすぐに見抜く力もあるので、少し働くと組織の改善点にも気付くの。

職場には自分勝手に仕事を進めている(ように見える)人や、サボってばかりいる(ように見える)人もいる。

改善点に気づいたところで、現状を変えるには時間も労力も必要だよね。

理想と現実のギャップに気づいたとき、境界線をしっかり作り、物事を多面的に思考する能力がないと、次のような考えになるの。

境界線の薄いHSP1
境界線の薄いHSP1
サボっている人や文句を言う人ばかり気になって、毎日落ち込んだ気分になる。

境界線の薄いHSP2
境界線の薄いHSP2
仕事は好きなのに、上司とうまくいかなくて体調を崩しちゃった。

だから仕事を継続するためには、しっかりした境界線がかかせない。

仕事に必要な4つの境界線

境界線とは、どこからが自分で、どこからが他人なのか区別することだよ。仕事でとても重要なのが、次の4つの境界線を明確にすること。

  1. できること
  2. できないこと
  3. やりたいこと
  4. やりたくないこと

この4つを自分にも相手にも当てはめて考えよう。

仕事を依頼されたとき、相手はできるけどやりたくないのか、やりたいけどできないのか見極める。

そして、自分自身もできるしやりたいことなのか、できるけどやりたくないことなのか見極める。

相手が「できるけど、やりたくないから、自分勝手に頼んでいる」状況なら、思い切って断ろう。

自分自身が「できるけど、やりたくない」ことなら、同じように思い切って断ろう。

ただし、この条件は自由に変更していいよ。「昨日はやりたくなかったけど、今日はやってもいいかな。」と思い直すのもあり。

そういうときは「今回だけ特別だよ」と言って、いつも許可するわけじゃないことを伝えながら引き受けよう。

わがままになるという意味ではないよ。自分と相手の「限界」を正しく見極められるようになることが大切。

白黒思考は偏った思考のクセ

次に仕事の継続を妨げる白黒思考がある。

物事をアリかナシか、白か黒か、の2択で考える偏った思考のクセだよ。白黒思考は、問題に対する答えを短絡的に考える点で問題になるの。

例えば何か仕事を依頼されたときは、受けるか?断るか?の2択になる。

その間には、

  • 即答せず考える時間をもらう
  • 条件の交渉をする
  • 代替え案を出す

などの選択肢があることに気づかない。

他にはミスをして怒られたときに「だから自分はダメなんだ」と思う。

これも、自分には価値があるか?ないか?の2択になっている。

その間には、

  • 今回のミスは防ぎようがなかったものかもしれない
  • 仕事のミスが、そのまま自分の価値とつながっているわけではない
  • 自分に責任があるが、相手にも責任はある

このように、選択肢はいくつも考えられるよ。

白黒思考をやめて境界線を作る方法

境界線は1日で作れるものではない。白黒思考も、1日で改善するものではない。

なぜなら、思考の癖とは繰り返しによって強化され、無意識に反応するようになったものだから。

だから癖を直そうと思ったら、新たな習慣を獲得する必要があるんだよ。

とにかく意識する

まずは、

  • 境界線が薄いこと(=人の問題に首を突っ込みがちなこと)
  • 物事を2択で考えてしまうこと

自分にこの傾向があることを把握すること。今まで無意識でやっていたことを、意識することから始めよう。

ひとつの出来事を3方面から捉える

白黒思考に気づいたときは、3方向の見方を挙げてみるの。

なぜ、3方向必要なのかと言うと、2つでは白黒思考と変わらないから。ということは、実質新たな角度で考えるのは、1パターンでいいってことね。

例えば、

  1. 自分の立場
  2. 相手の立場
  3. 第三者の立場

でもいいし、

  1. すぐに取り組む場合
  2. 先送りにした場合
  3. そもそも行動しない場合

でもいい。

  1. ストレートに伝える
  2. 冗談っぽく伝える
  3. 他の人に伝えてもらう

とか、何でも使える。

「今、自分が考えている選択肢の他に、もうひとつ新しい選択肢はないかな?」と考えてみるの。

すると、視野が広がって心に余裕ができるよ。試してみてね。

まとめ

境界線が薄く、白黒思考の癖がある人は、仕事も続きにくい傾向にあるの。

相手と自分の限界を設定できず、相手の問題を抱え込んで、自分の問題にも気づかない。

さらに、選択肢にグラデーションをつけることが苦手で、物事を柔軟に考えることが苦手。

解決策としては、まずは、境界線や白黒思考を意識すること。

そして、今浮かんでいる選択肢以外に、もうひとつ新しい選択肢を加えてみる。

即効性はないけれど、確実に習得すれば、心身を崩して仕事をやめてしまうことがなくなるよ。

それじゃあ、またね。