仕事

感受性豊かな人が仕事を辞める原因【境界線と白黒思考】

tulip

感受性が豊かな人は、仕事に対してのモチベーション高いです。

ところが、体調不良で退職率も高く、キャリアを形成することが難しくなっています。

この現象は、境界線の薄さと白黒思考を改善することで対処できます。

感受性豊かな人が仕事をやめる原因

感受性豊かな人は、物事の些細な違いを見抜く洞察力で本質を瞬時に見抜きます。

組織で働くと、短期間で多くの改善点に気付くんですね。

ところが、職場には自分勝手に仕事を進める人や、サボり魔もいます。

感受性豊かな人は繊細で傷つきやすく、「あれは違うよね」と思っても、ハッキリ自己主張できません。

理想と現実のギャップに気づいても、境界線がなく、物事を多面的に思考する能力がないと、精神的に耐えられなくなってしまいます。

境界線の薄いAさん
境界線の薄いAさん
サボってる人や文句を言う人ばかり気になって、毎日落ち込んだ気分になる。

境界線の薄いBさん
境界線の薄いBさん
仕事は好きなのに、上司とうまくいかなくて体調を崩しちゃった。

感受性の豊かな人が仕事を継続するには、しっかりした境界線が必要なんです!

仕事に必要な4つの境界線

境界線とは【どこからが自分で、どこからが他人なのか】を区別することです。

仕事で重要な境界線は、次の4つです。

  1. できること
  2. できないこと
  3. やりたいこと
  4. やりたくないこと

この4つを、自分と相手それぞれで考えてみましょう。

できるしやりたい?できるけどやりたくない?

たとえば、仕事を依頼されたら、相手は

  • できるけどやりたくないのか
  • やりたいけどできないのか

この2つの視点で状況を観察してみます。

そして、自分にも「できるしやりたい?」「できるけどやりたくない?」と問いかけます。

こうして状況を観察したうえで、相手が【できるけど、やりたくないから自分勝手に頼んでいる】と感じたら、境界線を引いて断ります。

もしくは、自分が【できるけど、やりたくない】場合も思い切って断って大丈夫です。

断る条件は変更してOK

最初は自分にコミットする意味で、NOを優先しますが。

慣れてきたら、体調や気分で断る条件を変化させながら、限界の匙加減を探していきましょう。

「昨日はやりたくなかったけど、今日はやってもいいかな。」と思い直すのもアリです。

そういうときは「今回だけ特別だよ」と言って、いつも許可するわけではないことをアピールしておくと、なぁなぁにならずに済みます。

境界線を引いて断るのは、わがままではありません。
自分と相手の【キャパ】を正しく見極め適切な距離感を持つことです。

白黒思考は偏った思考のクセ

境界線を強める妨げになるのが【白黒思考】です。

白黒思考とは物事をアリかナシか、白か黒か、の2択で考える偏った思考のクセのことです。

受ける?断る?の2択になる

たとえば、何か仕事を依頼されたとは「受けるか?断るか?」の2択しか浮かびません。

その間にある、

  • 即答せず考える時間をもらう
  • 条件の交渉をする
  • 代替え案を出す

などの選択肢に気づかないんですね。

ミスをした=価値がない

ほかにも、1つミスをした途端に「だから私はダメなんだ」と結論を飛躍させてしまうケース。

これも、自分には価値があるか?ないか?の2択になっているんですね。

その間にある

  • 今回のミスは防ぎようがなかったかもしれない
  • 仕事のミスと自分の価値は別物だ
  • 自分に責任があるけど相手にも責任はある

こうした選択肢を考えられないんですね。

白黒思考をやめて境界線を作る方法

境界線は白黒思考に気を付けながら、少しずつ作っていくものです。

思考の癖は繰り返し意識すると強化され、次第に無意識に反応するようになるので。

その癖を治すには、新たな習慣で上書きする必要があります。

とにかく意識する

新しい習慣を作る最初の1歩は、とにかく意識し続けることです。

自分は境界線が薄く、人の問題に首を首を突っ込む性質があると自覚します。

むやみに自分責めをするのではなく、自覚して冷静に判断できるようになるのが目的です。

ひとつの出来事を3方面から捉える

白黒思考してるなと気づけたら、1つの出来事を3つの側面から観察してみましょう。

白黒思考で浮かんだ選択肢に、もう1つプラスすればいいですね。

相手の発言がきになるとき

  1. 自分の立場
  2. 相手の立場
  3. 第三者の立場

行動するか迷ったとき

  1. すぐに取り組む
  2. 先送りにする
  3. そもそも行動しない

言いたいことができたとき

  1. ストレートに伝える
  2. 冗談っぽく伝える
  3. 他の人に伝えてもらう

などなど。

「今、自分が考えている選択肢の他に、もうひとつ新しい選択肢はないかな?」と考えてみます。

すると、視野が広がって心に余裕ができるので、試してみてください。

関連記事