コミュニケーション術

「雑談はいらない」と言ってた自分を本気で叱りたい!人間関係がガラッと変わるオススメの本

こんにちは!ももかです。

あなたは、人間関係に悩んでますか?

悩んでいると答えた方は「雑談」を大切にしてますか?また、「雑談」の効果を知ってますか?

私は、ずっと雑談が苦手だし、そのうえ必要ないとも思っていました。でも、人間関係はぶつ切りで、年齢とともに本音で話せる人はどんどん減っていきました。

ところが、派遣事務を始めるときに、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方という本を読んで実践したところ、人間関係がガラッと変わったんです!!

私が感じた効果は、次の通り。

  • 人間関係を続けられるようになった
  • 苦手な人とのコミュニケーションが苦ではなくなった
  • 嫌なことや断りたいことを、きちんと伝えられるようになった

今回は、私のエピソードとともに、参考にした本を紹介します!

created by Rinker
すばる舎
¥1,540 (2019/12/05 14:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

「雑談は苦手だし意味ないからいらない」と思ってた

私はずっと雑談が苦手だったのね。なんだか、本音を隠した上部の会話のような印象を持っていたから。

いつも誰とでも、心の深い部分の本音で話したいと思っていたけど、なぜか人間関係はぶつ切りで続かなかった。

雑談を広げるのも苦手だった。

「今日は特に暑いですね」とか、「やっと3連休ですね」とか。

・・・・・で??笑

その場しのぎの、意味のない会話に愛想笑いしなきゃいけないなんて、疲れるだけじゃんとも思ってた。

雑談は苦手だし、人間関係を築くうえで特に意味もないだろうから、いらいないよねって軽く見てた。

雑談を使ってみたら人間関係にキセキが起きた

ところが、雑談を使ってみたら、人間関係がメキメキ改善されていったの!

ずっと、雑談は苦手だしいらないと思っていたのだけど。

派遣事務の仕事を始めるときに、会話術に関する本を読んでみたのね。

事務の仕事は省エネにして、ブログを書く体力を温存したかったから。適度に非HSPに溶け込んで、当たり障りない会話でしのげるようになりたいなぁと思って。

図書館でいくつか読んだ本のなかで、1番わかりやすかった【誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方】に書いてあることを実践してみた。

そしたら、なんと!!!

職場で非HSPの友達ができるし、ヒステリックな女性の先輩にもソツなく対応できちゃうし、良いことばかり!!

さらに、今までは1年に1回連絡するくらいだった大学の友達と、頻繁にご飯に行くようになったり。

非HSPの友達と旅行を計画するまでの仲になったり。

さらにさらに!

ギクシャクしていた非HSPの母との会話も全然負担に感じなくなったし、母の方から楽しそうに話しかけてくることも増えた。

しかも、本当に大事な心の聖域は守りつつ、人と楽しく会話ができるようになった。

あれほど「いらいない」と避けてきた雑談を使ってみたら、人間関係にキセキが起きたの!!

「誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方」で学んだこと

私が、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方で学んだことは、大きく2つある。

  1. 雑談は人間性を知る手がかりになる
  2. 自分の気持ちを言語化してストックすれば自己主張は簡単

雑談は人間性を知る手がかりになる

常に重たい本音をビクビクしながらさらけ出さなくても、雑談から相手の人間性を知ることは十分可能だった。

雑談はコミュニケーションの潤滑油になってくれる。とくに、苦手な相手ほど積極的に雑談すると、何を考えているか手の内がわかるから対処しやすくなる。

人間関係で怖いのは、「相手が何を考えているか読めない」こと。

仕事でもプライベートでも、相手の情報が少ないと、ひとりでモンモンと考え込むことになる。

「あの人に話しかけたら、怒っているみたいだった。嫌われたかな?気に入らないことしちゃったかな?」

なんて、2〜3日ひとり反省会を続けていた私も、積極的に雑談をして相手がどんな人か把握できるようになると、

「まぁ、あの人いつも怒ってるし。言い方キツイけど、根は優しい人なんだよね」

というように、反省会の時間もギュッと短縮されて、落ち込むことが激減したの。

それからというもの、小まめに雑談をして相手の状況や心理状態を把握しておくようになった。

気持ちを言語化してストックすれば自己主張は簡単

雑談を盛り上げるには、普段から自分の気持ちをキャッチする癖をつけておく必要がある。

会話は言葉のキャッチボールだと思いがちだけど、実は気持ちのキャッチボールなんだよ!

この、気持ちをキャッチする習慣が、思わぬところで効果を発揮してくれた。

普段から雑談に備えて自分の気持ちを言語化してストックしておくと、自分の主張を通したい場面でもしっかり意見を伝えることができるの!

たとえば、業務内容を変えて欲しいとお願いするとき、気持ちをキャッチしていないと、「とにかく、もう無理なんです!」という駄々っ子みたいな主張しかできない。

ところが、普段から気持ちのキャッチをする習慣がついていると、

「私は一度に複数の作業をこなそうとすると、頭が真っ白になって混乱しまうんです。ミスを減らすためにも、業務を調整してもらえませんか?」

なんていう風に、自分の気持ちを交えて提案することができるようになる。

私自身も、気持ちをキャッチできるようになってから、人間関係が暖かく柔らかくなったと感じているよ。

実際に使って良かった雑談テクニック

誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方の中には、明日からすぐに使える会話術がたくさん詰まってる。

どれも簡単にできるのは、著者の野口先生自身が会話が苦手なタイプだったから。

野口先生が会話下手を克服する中で効果的だった方法がまとめてあるから、とても実践的でわかりやすいの。

ここでは、私が実際に使って特に「これは良い!」と感じたテクニックを紹介するね!

使って良かった雑談テクニック
  1. 「気持ち」に注目する
  2. 「共感の言葉」を増やす
  3. 「おろかさ」「気恥ずかしさ」を感じた場面を思い出す
  4. 「怒りの感情」はカラッと話す
  5. グループの会話は話し手の方を向き相槌を打つ

「気持ち」に注目する

会話術といっても、最初にやることは「聞く」コツを身につけること。

そのためには、相手が「どんな気持ち」なのかを想像することから始めよう。

会話が言葉のキャッチボールだというのは表面的な部分のこと。本質は「気持ち」のキャッチボールなの。

だから、ニコニコと愛想笑いを浮かべつつ相槌を打って、相手を気持ちよくさせたところで、自分の気持ちが届いていなければ、コミュニケーションとは呼べない。

私は、「相手がどんな気持ちに気づいて欲しいと思っているか?にまず注目する」という説明を読んで、自分がコミュニケーションを全然取れていないことに気づいた。

盛り上げよう、怒らせないようにしようと自分を守ることに必死で、相手の気持ちを想像する余裕がなかったのね。

会話の第一歩は、聞くこと。そのために、相手の気持ちに注目してみよう。

「共感の言葉」を増やす

感情をキャッチして言葉にする習慣がないと、驚くほど気持ちを表現するボキャブラリーが少ない。

会話は気持ちのキャッチボールなのだから、感情を表す言葉が増えると、「共感の言葉」もどんどん増える。

すると、相手の微妙な感情のニュアンスにも気づけるようになって、「そうそう、そうなの!!」と雑談もより一層盛り上がる。

たとえば、「今日は金曜日だと思っていたら、木曜日だったのか!」こんな話を振られたとき、どんな言葉で共感する?

  • 残念ですね
  • ガッカリですね
  • やる気なくなりますね
  • 立ち直れないですね
  • 憂鬱ですね

相手の気持ちに合わせて、共感の言葉をかけられるようになると、何気ない会話から距離感を縮めることができる。

「おろかさ」「気恥ずかしさ」を感じた場面を思い出す

私が雑談を使うようになって、大きく変わったことの1つは、「恥ずかしい気持ち」を隠さなくなったこと。

これも、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方に書いてあって、実践してみたことがきっかけ。

盛り上がる会話は、楽しかったことだけじゃない。

むしろ「おろかさ」や「気恥ずかしさ」を感じた場面を話すと、人間味が増して愛される。

たとえば、電車に乗っていて目の前の人が携帯をカバンにしまったから「降りるのか」と思って座る準備をしたら、降りずに寝てしまったとか。

自分の名前が呼ばれたと思って、大きい声で返事をしたら、全然違う人のことを呼んでたとか。

日常生活の中で、雑談用にちょっとしたエピソードを持っておくと、苦手な人と話さなきゃいけないときにも役立つよ。

「怒りの感情」はカラッと話す

必要ないと避けていた雑談を取り入れてみて、1番の効果とも言えるのが「怒りの感情」を健康的に発散できるようになったこと。

誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方では、「怒りの感情」はカラッと話すと良いと書いてあった。

カラッと話せば、怒りの感情はただの愚痴になる。四六時中愚痴ばかりの人は嫌われるけど。

たまに話す「怒りの感情」は、ただの感情の共有。あまり深刻にならないように、カラッと話せば自分の心の健康も保たれる。

グループの会話は話し手の方を向き相槌を打つ

誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方の、本当にありがたいところは、会話が苦手な人が陥るシチュエーションについて、満遍なく解説していること。

私は、特にグループでの会話について解説してくれたことが、「かゆいところに手が届く!」と思った。

図書館で借りた他の会話術の本には、グループでの会話について触れているものがなかった。

ちなみに、著者の野口先生は、グループの会話のときでも1対1のときでも、やることは変わらないと言っている。

複数人で話すときは、話し手の方を向きながら相槌を打つだけで「参加してますよ」という合図になる。

さらに、会話の内容に合わせてリアクションするだけでOK。難しいことはなし!!

自己流にアレンジして重宝したテクニック

私は、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方を呼んで、ある応用テクニックを思いついた。

それが、

会話したくないときは自分の情報を出さない

気持ちをキャッチボールさせることで、相手との距離を縮めることができるなら。

エナジーバンパイアなど、「離れたい」「距離を取りたい」と思っている人と会話するときは、気持ちをオープンにしなければいい。

自分の情報をなるべく出さないで、相槌だけ打つ。

「そうですか」「はい」「まぁ、ええ」みたいに、ただ言葉を並べるだけ。

会話を広げるテクニックを習得すれば、自分のタイミングで会話を終わらせることもできるようになる!

まとめ

ずっと雑談が苦手で、お天気の話やワイドショーネタを話す意味がわからなかった。

本音で話せる人だけ欲しいと思ったら、人間関係はぶつ切りで続かなくなってしまった。

ところが、雑談を積極的に取り入れるようになってから、人間関係がメキメキ改善されていって、キセキが起きるようになった!

すごいよ〜雑談の効果。

雑談なんていらないとか言ってた自分を叱りたいくらいだもん!

「雑談を甘くみるんじゃない!たかが雑談、されど雑談だよ!」ってね。

気になった人は、本も読んでみて。

それじゃあ、またね。

created by Rinker
すばる舎
¥1,540 (2019/12/05 14:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

個別の相談はこちらから

お悩み相談室受付窓口ももかのLINE公式アカウントについて

ブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー

関連記事