ライフスタイル

「カウンセリング受けたよ」っていうレビュー記事がもっと増えても良くない?

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回、本当は心理カウンセラーの遠藤由喜ちゃんを紹介する記事を書こうと思ったんですけど。

そもそも、「なんでカウンセリングのレビューを書くのか」っていう話をしていたら、前置きがとても長くなってしまったので。

急遽、『カウンセリングの口コミとかレビューがもっと増えたらいいのにな』っていう話に変更します!

カウンセラーが好きなんだ!

私は、カウンセリングを提供するのも受けるのも好きという、変わった趣味の持ち主です。

そして、心理カウンセラーという人たちが大好きなのです。

心療内科の先生やセラピストさんを含めると、7人?8人?くらいの心の専門家さんたちに、人生の要所要所でお世話になりました。

今では私も提供する側なのですが。きっと、今後も何か壁にぶつかれば、普通にカウンセリングを受けると思います。

普段の生活では、本音をそのまま喋っても、「(-_-;)???」とか「・・・(-.-)」みたいなリアクションされるので。

なんか相手に合わせて言葉を選んじゃうところがあるんです。

あなたも、勇気を出して、周囲の友達や同僚に大事な本音を話してみても、思ったように共感されなくて、逆に寂しさが増したことってありませんか?

その点、傾聴のプロである心理カウンセラーさんと話すと、まず全肯定してくれる安心感があります。

さらに、個人で活動しているカウンセラーさんは、自分が乗り越えた課題を専門にしていることがほとんどなので。

同じことで悩んだからこそ、テクニックではない本音の言葉を投げかけてくれるので、心に響くんですよね。

私の感覚では、本を買ったりセミナーを受けたりするのと同じ感じ。

お金を払って、新しい視点の掘り起こしや、思考と感情の整理をサポートしてもらうんです。

もちろん、相性はあるので、しっくりこないと感じることもあります。

でも、それもしっかり事前リサーチして人柄を見たうえで申し込めば、好相性のカウンセラーさんに出会える確率は高くなるんですよ。

HSPは「心療内科」と「民間カウンセリング」どちらを受けるべき? こんにちは!ももかです。 私は高校生のときに適応障害の治療で心療内科に4年通いました。 さらに、20代後半では生きづらさ解...
HSPカウンセリグの選び方と注意点【おすすめカウンセラー紹介】 こんにちは、ももか(@momohsphss)です。 私はHSPカウンセリングを『受ける側』と『提供する側』どちらも経験していて、...

個人ブロガーが書いたカウンセリングのレビュー記事があっても良くない?

それでね、ずっと

ももか
ももか
カウンセリングを受けた側の本気レビューって、少ないよなぁ

と思っていました。

(アメブロ界隈では感想記事もあったりしますが、検索ではヒットしにくい。)

ブロガーさんの中には、商品紹介をする人や、コンサルを受けたことを報告する人は、たくさんいるのに。

それもそうですね。カウンセリング受けて回復してもなお、情報発信し続ける人がいないから、当たり前か(・.・;)

って、書いていて自己解決。笑

それから、今のグーグル先生のルールでは、クリニック系とかメンタル系の記事って、素人が書いても評価されにくいので。上位に表示されないし、リスクも大きいんです。

私も、少し前までは「先生に怒られるの怖いから、書かない方がいいのかな」とか思っていたのですが。

もう、この雑記ブログは『書きたいことを書きたいように書く』ことにしたので。(ん?前からそうか。)

圏外に吹っ飛ばされてもいい!

書きたいから!

必要としている人がいるはずだから!

それだけのために書く!!

というわけで、私が実際に受けた感想を全部書いてみようかなと。

「そんなライバルを広めるようなことしたら、自分のお客さんが減っちゃうんじゃない(・へ・)?」と思われた方も、いるかもしれません。

そうかもしれませんね。でも、いいのです。

やりたいから、好きだから、それだけなので。

では、次回紹介記事書きますね!