カウンセリング

HSS型HSPは依存症になりやすい?治す方法は?

こちらは、ももかの無料相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

(ご相談はLINE公式アカウントで受け付けています。)

HSPなんですけど、HSS型かは、わかりません。ももかさんのプロフィールを見て同じだと感じました。

今、依存症で悩んでます。私は買い物とギャンブルです。借金は、あります。

HSS型HSPと関係あるのですか?

治す方法は、ありますか?

ご相談ありがとうございます♡

依存症つらいですね……

こうして言葉にすること自体が、苦しくて勇気のいることだと思います。

短い文章ですが、私には相談者さんが精一杯の勇気を振り絞って書いてくれたように感じました。

そして、自分の気持ちをどうやって掴んで言葉にすればいいのかさえ、よくわからない状態ではないですか?

衝動の程度や、詳しい背景がわからないので、今回お話することは一般論として受け止めてください。

少しでも何か参考になればという気持ちで、私が摂食障害を治すと決めたときに考えていたことも紹介しますね。

HSS型HSPは依存症になりやすい

HSPは依存しやすい傾向にあります。

なぜなら、些細なことを深く心に刻み込む性質から、次のような状態になるからです。

HSPが依存しやすい理由
  • 感情を伴って大きく反応するため記憶に残りやすい
  • 危険を察知しやすい脳の作りになっている
  • 自己肯定感が低く、嫌われることを過度に避けようとする

感情を伴った記憶は潜在意識に強く働きかけるので、長期保存されやすいんですね。

HSPは嬉しいことも悲しいことも大きく反応するので、頭の中に高性能のハードディスクレコーダーを搭載しています。

なので、非HSPであれば2,3日で忘れてしまうようなことも、昨日のことのように鮮明に思い出すことは簡単なんです。

ところが、この高性能のハードディスクレコーダーは、初期設定で「要注意!危険データ」から保存する仕様になっています。

人間が先祖代々、命の危険から種を守るために作り上げた機能です。

幼い頃に、愛情を十分に感じられない環境で育ったHSPのハードディスクは、危険データでいっぱい。

だから、目の前で起こることに対して、全て過去に録画した危険データと照らし合わせてしまって、自己肯定感は一向に育まれません。

のびのびと自由に安心できる環境で育ったHSPは、危険データをそれほど多く録画する必要がありません。

すぐに、「ワクワク!幸せデータ」を録画できるようにハードディスクの設定を変更します。

HSPでも依存傾向が少ない人は、目の前の出来事と脳内のハードディスクに保存された「幸せデータ」を結びつける設定なので、自己肯定感が高い状態をキープできます。

さらに、HSS気質も併せ持っていると衝動性が加わります。

自己肯定感が低いうえに衝動性も高いので、常にあらゆる依存症へのスイッチを抱えていると言えます。

打たれ弱いのに衝動的で心の拠り所を見つけにくい

HSS型HSPの性質を簡単に説明するなら、打たれ弱いのに衝動的だということ。

衝動性とは、次のように説明されています。

衝動性(しょうどうせい)とは、悪い結果になってしまうかもしれない行動を、あまり深く考えずに行ってしまうという行動特性である。

衝動性が高すぎる場合、犯罪やある種の精神疾患などの問題を引き起こすことがある。

衝動性の制御に脳内のセロトニン機能が関与しているという説がある。

引用:Wikipedia

HSSとは失敗、挫折、痛みなどをあえて求める冒険家の気質です。

すでに結果がわかっていて安心できる状態より、誰も成し遂げたことがない未開の地に魅力を感じます。

だから、いつも新しい場所や人間関係を求めるんですね。

家族や友達からは、「いつも明るくて元気一杯で、悩みなんてなさそう」と思われやすく、本人も行動的な面が社会に受け入れられやすいことを理解しています。

一方で、打たれ弱いHSP気質も持ち合わせているのが厄介なところ。

冒険家精神で未開の地に飛び込んだけれど、初めての場所は刺激たっぷりですぐに疲れてしまいます。

さらに自己肯定感は低く、脳内の高性能ハードディスクは過去の危険データをすぐに再生する仕様です。

ちょっとでも失敗すると、「やっぱり私には向いてなかったんだ…」と、自己嫌悪という名の一人拷問が始まるんですね。

自己肯定感の低いHSS型HSPは、できない姿や、元気がない姿を人に見せることを極端に避けようとします。

だから、もう限界!というときに友達などに相談しても「考えすぎじゃない?」とか「またそんなこと言ってー笑」とか言われて、真剣に受け止めてもらえない。

正反対の気質をどう扱って良いのかわからず、「落ち込んで弱音を吐く自分は見せちゃいけないんだ」と、心を閉ざしてひとりで解決しようともがきます。

そこで、自分だけで心に溜まった感情を紛らわそうとした結果、わかりやすく高揚感を与えてくれる手段に走ってしまうのです。

それが、

  • 買い物
  • ギャンブル
  • 食べ物

などの、行為や物です。

明るく元気で行動的なのに、打たれ弱く自己肯定感も低いHSS型HSPは、心の拠り所を見つけづらいので、依存症のスイッチを常に抱えていると言えます。

「私は普通じゃない」と認めることが治療の第一歩

依存症を治す方法は、たくさんあります。100人いれば100通りの克服方法があります。

私は依存症克服の専門家ではないので、相談者さんが本当に治したいと思うなら、専門の機関を受診することをオススメします。

依存症は間違った方法で治そうとすると、悪化する危険があります。

大きなストレスが続くことによる複雑な脳の機能異常です。うつ病などの精神疾患と同じように、通常の生活ができるようになるまで数年かかります。

まずは、専門家のサポートを受けて基礎知識をつけてから、自分なりのやり方を見つけましょう。

ただ、私は治療の専門家ではありませんが、プロの依存症当事者ではあります。笑

私が克服の過程で1番大きなポイントだと感じたのは、「私は普通じゃない」と認めることです。

依存症の治療が破綻する最大の原因は、病識の欠落だそうです。病識とは、自分が重度の依存症患者であることを認めること。

たとえば、急にお腹が痛くなって、病院で検査したら原因が盲腸だとわかったとするでしょ?

なのに、「私は盲腸じゃない。確かに盲腸みたいだけど、治療が必要なほど悪いってわけじゃないし。誰だって、お腹いたくなることあるでしょ」って自分で判断しちゃう。

これが、病識が欠落している状態。

依存症克服の第一歩は、本気で「自分はおかしいんだ。これは自分で治せるものじゃない。きちんとした治療が必要な病気なんだ」と認めること。

摂食障害を認められなかった私の話

私も、自分が摂食障害だと心から認められたのは1年前のこと。

10年近く続いた非嘔吐過食を本気で治そうと思って、初めて【摂食障害 克服方法】と検索したことが始まりでした。

今までは【過食 ブログ】とかで検索してた。

同じような過食症さんが載せてる画像を見て、「私の方が量少ないじゃん」とか「私はこの人たちとは違う」って心のどこかで思っていたの。

次に紹介するのは、摂食障害の電話カウンセリングを受けたあとに、私が担当者に送った感想です。

この食べ方は普通じゃないと思っていました。でも、病気と思わないようにしていたみたいです。

普通の人は、食べたくないのに食べて後悔することはないと聞いて驚きました。

過食はすごくツライけど、仕事を頑張るためには必要なストレス発散方法と思っていました。

「私には病識がなかったんだ。」と、改めて感じました。

今まで深刻に考えなかった理由は、健康診断も正常で標準体重だし、肌荒れもしていないし、食べずに過ごすこともできたからです。

過食の費用で生活費がなくなっても、借金して生活できていたからです。

食事のことをいつも考えていても、「健康のために食事に気を使うのは当たり前」と思っていたからです。

治るってなんなのか。どんな状態が治ったというのか、わかりません。

「私よりもっとひどい摂食障害の人がいる。私は違う。」と思っていました。だけど、重度の過食症だと言われて、自覚がなかった自分が怖くなりました。

身体や心はツライと言っているのに、約10年も無視して食べ続けているのは普通じゃないんだとわかりました。

引用:2018年5月摂食障害の電話カウンセリングを受けて送った感想

いま振り返ると、1年で大きく症状は落ち着いた。自分の感覚だけど、あと20%くらいで「克服」と言えると思う。

症状との向き合い方とか、心のバランスの取り方とか、具体的なやり方はたくさんあるけど。

とにかく1番大きな特効薬は「私は普通じゃない。専門家の治療が必要な、ひとりでは治せない病気なんだ」と受け入れることです。

そして、本気で治したいなら【ギャンブル依存 克服方法】で検索してみたり、依存症についての本を読んだり、知識をつけるところから初めてみて。

私が読んで、すごく勉強になったオススメの本を貼っておくね。

created by Rinker
¥6,537 (2019/10/23 04:06:11時点 Amazon調べ-詳細)

HSPは依存症から立ち直る強さも持っている

HSS型HSPは、打たれ弱いのに衝動的な気質。そこに、自己肯定感の低さがプラスされることで、常に依存症のスイッチを抱えている状態だと言える。

私の感覚だけど、HSP非HSSは「人」に依存しやすく、HSS型HSPは「物」や「行為」に依存しやすい。

HSP非HSSは、慎重派でケアすることが得意だから、献身的に尽くすことで自分の価値を見出そうとする。

HSS型HSPは、行動的で頼りにされることが多いから、人に弱音を吐けず物や行為に捌け口を作ろうとする。

どちらもツライし苦しいんだよね。

でもね、HSPには依存症から立ち直る強さもあるの。

ほんの些細なきっかけで傷つくけれど、同じように些細なきっかけで信じられないくらい成長するのがHSPだから。

持って生まれた高性能のハードディスクに、幸せデータを保存するよう機能を追加するだけ。

私は、ちょっとしたきっかけで大きく人生の舵を切るHSPやHSSをたくさん見てきた。

だから、あなたも大丈夫。ひとりじゃないからね。

関連記事

【適応障害とHSP】再発の原因は頑張ること依存

危険!!逃避の断捨離は自分を捨てる行為

お悩み相談室は、LINE公式アカウントに友だち登録をすると参加できるよ。▷ももかのLINE公式アカウントについて

過去の回答はこちら▷お悩み相談室バックナンバー