HSPHSS

頭に映像が流れるギフテッドの言葉と会話

こんにちは、ももか(@momohsphss)です!

前回、大人のギフテッドが仕事で居場所を見つける方法で、頭に映像が流れる人は【視覚記憶が得意なタイプ】だと解説しました。

そこで今回は視覚記憶が得意な私が、次の2点について言語化していこうと思います。

  • 私の言葉に対してのこだわり
  • 頭に映像が浮かぶタイプの「言葉」と「会話」の違い

文章を読むと頭に映像が流れる

物事を理解・記憶するときに視覚からの情報処理が得意なタイプを、視覚映像優位型と言います。

視覚映像優位型の認知特徴を持つ人は、物事を理解するときに「絵」や「映像」を見ることでスムーズに記憶できます。

実際に映像思考に恵まれた子どもは、ことばで知識を積み上げることなく、ダイレクトに映像で考える。

そのため、映像から直接知識を積み上げることもできるのである。

引用:ギフテッドー天才の育て方ー第六章p92

文章を読むと頭にカラーで映像が流れるので、目の前の映像を脳内で変換させて理解を深めることが得意です。

視覚映像優位型でギフテッドな私のこだわり

自己診断ですが、私は視覚映像優位型のギフテッドです。

ひとりで思考しているときも、誰かと会話しているときも、頭ではカラーで映像が流れていて、言葉はその映像を表現するツールだと思っています。

だから、浮かんだ映像を文字にするときは、バランスにこだわります。

例えば、

  • 文字にする
  • 文字にするとき

漢字とひらがなでは、この場合ひらがなの方がバランスがいいんですね。

さらに、頭の中で読んでみて響きをイメージします。

漢字の「時」は、頭の中ではカタカナの「トキ」と変換されていて、アルファベットのTOKIと同じくらい温度を感じません。

色で言うと「時」は古い振り子時計の深い茶色とか、アニメで表現されるベタ塗りのコンクリートのグレーみたいな感じです。

アルファベットのTOKIになると、また色が変わって蛍光の黄色になります。

だけど、ひらがなの「とき」は、ポカポカした温もりを感じる響きです。

色でいうと、太陽の写真で使われるような、黄色とオレンジを混ぜたような感じ。

だから、ひらがなのまるくて柔らかくて優しい雰囲気が好きです。

喋るときは頭の中の映像を実況中継している

自分で喋ってるときは、頭の中で映画が流れてるみたいに、映像がワーッと浮かんできて口が勝手に動いている感覚です。

浮かんできたイメージを追いかけて言葉にしていくマシーンのような。

だけど、喋っている途中で、「もっと違う表現があるんじゃないか?今の言葉選びはニュアンスが伝わってないのでは?」と考えて、突然考え込んでしまうことも。

どの言葉も適切ではない気がして、映像が浮かんでいてもあえて言葉にしない場合もあります。

溢れ出る感情や衝動を、言語化することが自己表現なんですね。

ちなみに、映像の処理が追いつかないときは、ひとりでひたすら喋ってます。笑

頭の中では、映画が早送りで再生されていて、放置すると脳内レコーダーが煙を出しちゃうから。

コミュニケーションの会話が苦手

私が言葉にこだわりを持つのは、コミュニケーションが目的ではありません。

相手の反応が入ってきた途端に、表現として完成しなくなるから

話すのがうまいと言われるけど、アドリブは苦手だし、会話も映像の方が先走って、言葉の選別が追いつかないから苦手です。

私が熱意を持って話せるのは、伝えたい事柄や要点が決まっていて、ある程度自分でストーリーを組み立てられる独壇場だけです。

普段の会話でも、「こんなことがあってね!!」ってストーリーを話すのは得意。

一方では、難しい熟語や専門用語を覚えたり、ボキャブラリーを増やすことには魅力を感じません。

専門用語って映像処理ができないので。

今回登場している「視覚映像優位型」って、みんな映像処理できる??言葉を聞いたとき、頭にどんな映像が浮かぶ?

私は首を絞められているように息苦しくなります。

漢字ばかりだからかなぁ・・・漢字って斜に構えたナルシストみたいで、あまり好きじゃない。

会話力を高めるオススメ書籍

普通は言葉ってお互いを知るためにコミュニケーションとして使うんですよね。これに気づいたの、つい最近です(;’∀’)

私はずっと、自分を表現するために言葉を使ってきたので、相手を知るためなんて、ちっとも考えてなかったです。

そりゃコミュニケーション取れないですよね

会話としての言葉と自己表現の言葉って、扱っているものは一緒でも全然別物ですから。

この事実に気づかせてくれたのが、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方という本です。

created by Rinker
すばる舎
¥1,080 (2021/01/18 08:58:32時点 Amazon調べ-詳細)

この本に書かれていることを実践して、今まで私がやっていたのは『プレゼン』で『会話』ではなかったんだ!!と気づいたんです。

会話が苦手だと思っている人には、もちろん読んでほしいですが。

聞き上手だと思っている人ほど、プレゼンしている可能性もあるので。

会話力の向上に読んでみてください!

関連記事