奮闘記・シリーズ

リーダーな私の人生(番外編)「ウッカリ浮いちゃった話」

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

このシリーズは、私の『リーダーポジションが流れ着く人生』を振り返っていくものです。

今回は番外編として、「周りの出方を伺う意識がなかったために、ウッカリ浮いちゃったエピソード」を4つご紹介します!

主に集団の中で起きたことなんですけど、私の中では強烈な恥ずかしい体験として記憶されていて、そんな自分を隠そうとする癖が出来上がったので。

このシリーズの締めくくりとして、記事にしておきたいと思います。

1.枠って作るものじゃないの!?

最初にご紹介するのは、小学校の卒業アルバムでの珍事です。

冬休みが近づいた頃、卒アル製作委員から、最後の方に掲載される卒業文集を書くために、A5サイズの用紙が配られたんです。

その用紙は、右下に名前を書く欄があって、マジックで長方形の線が書いてありました。

ちょうど、こんな感じです。(コピー用紙がなくて、ルーズリーフで再現)

書く内容に指定があったかは忘れたけど。

読み返してみると、みんな同じように、小学校の思い出、将来の夢とか書いているので、多分「こういう内容を書きましょう」みたいな指導があったんだと思います。

しかし、問題はそこではありません。

出来上がった卒アルを見たとき、私は「何これ!すごい恥ずかしい!!!( ゚Д゚)」と思ったんです。

それが、こちら。

枠の中に枠作ってるじゃん!!!笑

個人情報の関係で、他の友達と比較できなくて、わかりづらいかもしれないけど。

画像をよく見ると、後ろのページが透けていて、記入用紙に書いてあった長方形の枠に合わせて、ビッシリと文字を書いているのがわかると思います。

20人弱のクラスで、枠の中に枠を作っていたのは、私だけでした。苦笑

パラパラとページをめくって、一人だけやたら余白がある。

これがね、すごく目立つのよ( ;∀;)

ももか
ももか
え、あの長方形って枠だったの!?あの枠に合わせて書くものだったの!?

「完成したら、こんな感じになるよ」って教えてくれないと、わかんないよ!!

と、心の中で思いました。

2.白の方が可愛いじゃん

2つ目のエピソードは、高校の入学式です。

私は、県立高校に進学したんですけど、決め手となった理由の1つが「制服が可愛いから」です。

有名なファッションデザイナーがデザインした制服で、県立なのに私立みたいにオシャレな制服だったんですね。

しかも、セーターが指定で、白と紺の2色から選べるようになっていました。

こんな感じの↓

入学前の制服採寸で、「セーターは何色にしますか?」と聞かれて、迷わず「白で!!」とお願いしたんですね。

だって、白の方が可愛いと思ったから。

ところが。

蓋を開けてみたら、白いセーターを着ている人は、全校生徒の1割くらい。っていうか、ほぼいない。

私はすごく恥ずかしくなって、一人だけ違う色を着ている自分を見られるのが嫌でした。

2年生になるとき、卒業する先輩にお願いして紺のセーターをもらい、晴れてみんなと同じになれたのです。

3.スーツだって白が可愛いじゃん

はい、懲りずに大学の入学式でも、やりました。笑

事前に「スーツを着る」という情報があったので、母と近所のイオンに買いに行ったんですね。

なぜ、青山とかAOKIに行かなかったのかは謎です。

社会人向けのスーツコーナーを見たり、店内をグルグルして。私が決めたのは、ティーンズ向けショップにあった白のセットアップでした。

こんな感じの↓

ここでは「普通のスーツの方がいいのかな」と悩んで、母に相談した記憶がありますが。

うちの母も、割とぶっ飛んでいるので。「ももちゃんが好きなの着れば?」と言われて、少しラメの入ったジャケットとスカートを買ったのです。

さぁ、入学式。

みんなリクルートスーツを着ていて、白のセットアップを着ている人は、私しかいません!!

「みんなどうするの?」とか、

「これを選んだ結果、どんな事態になるの?」とか、

頭にないんだよー( ;∀;)

着たいから、可愛いから、リクルートスーツはダサいから。それだけ。

恥ずかしかったし、自分だけ仲間外れになっている気がして、居心地が悪かった。

だって、前の席から『黒、黒、黒、黒』みーんな黒。なのに、突然白!!

目立つ目立つ。笑

こういの気にせず、堂々とできればカッコいいんだろうけど。私は「やっちまった!」と後悔するのです。

4.正解は自分の中にあるでしょ?

最後のエピソードは、就職の夢と現実シリーズで、既に紹介したのですが。

社長から出された宿題に対して、一人だけ全然違う角度で考えた資料を提出したときです。

社会人2年目のときに、出世レースに参加したんですね。

そのとき社長から、あるテーマに沿った資料を作るように、という宿題を出されたんです。

先輩たちは、社長の発言とか会社が出している資料などを、わかりやすいように形を変えて作っていました。

私は、会社の方向性はそのままに、解釈の説明として、全く誰も触れていなかった内容や切り口で資料を作ったんですね。

そんなことしているの、他に誰もいませんでした。

自分だけ目立とう、人と違うことして差をつけよう、という気持ちはなく、社長が「自分で考えて作って」と言ったので、素直に従っただけでした。

このときも、「また間違えた!私だけ、みんなと同じことができなかった!」と、自分が間違っているんだと、激しく落ち込んだんです。

衝撃だったのは、先輩たちは、「社長は最近、こういう発言が多いから、きっと方向性としてはA案だと思う。」みたいな話をして、お互いに情報交換をしながら作成していたんです。

横並びに作成された資料を見て、満足そうにしている社長の姿を目の当たりにしたとき、

ももか
ももか
正解は自分の中にあるんじゃないの?

誰かの正解をそのまま出すなら、私いらないじゃん

と思ったのを覚えています。

自分の感覚を優先するとウッカリ浮いちゃう

小学校から社会人まで。ウッカリ浮いちゃった話を紹介してみました。

こうして並べてみると、集団のルールとか暗黙の了解などが、わからないんですよね。

何も考えずに自分の考えを優先すると、ウッカリ浮いちゃうんです。

だからと言って、人に聞く、人の出方を伺うっていう選択肢を常に意識して行動することは、私にとって膨大なエネルギーを必要とします。

いつも「まず、人に聞く。どうするか聞く。」って心の中で唱えていないと、頭の中に留めておけないので。

紙に書いて壁に貼っておく勢いです。(それでも忘れちゃうけど)

今までは、人と違うことは悪いことだと思っていて、だから「私には足りない部分がいっぱいある」と思って、それを必死で隠そうとしてきました。

人と同じことができなから価値がない、と思っていたけど。

私には私なりにできることがある。不器用で助けてもらうことも多いし、イラっとさせることも多いかもしれないけど。

それでも愛されるし、私には価値がある。生きていていい。

リーダーな私の人生は、『人の違い』について学ぶためにあるのかな、と思いました。

このシリーズを最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

同じように、なぜか評価されてしまう人が、自分を大切にするきっかけになればいいなと思います。

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログ

Laughーラフー

関連記事