カウンセリング

心の病気になりやすい人の特徴。「頑張りすぎ」がわからないときの対策。

こんにちは、ももか(@momohsphss)です!

あなたは、繊細さに振り回されているこじらせHSPになってない?

私はずーっとこじらせてた。

頑張りすぎと言われても、どこからが頑張りすぎなのかわからなかったし。

環境を変えても薬を飲んでも、生きづらさは変わらなかったの。

だけど、体の声を聞くようになったら「頑張りすぎ」もわかるようになってきた。

そこで今回は、

  • 心の病気になりやすい人の特徴
  • 体の声を聞くと心の声がわかる

というテーマでお話しします!

繊細さに振り回される「こじらせHSP」

持って生まれた繊細さや敏感さによって、生活に様々な支障をきたしている人がいる。

HSPの特性によって苦しめられているの。

それが、こじらせHSP。(ももかの造語)

HSPの特性はこじらせると、心身症を発症する。

心身症とは、精神的・心理的な原因によって起こる症状のこと。代表的なものは、胃・十二指腸潰瘍、過換気症候群、喘息、蕁麻疹など。

HSPでなくても発症しそうな症状ですよね。

確かに一過性のものなら、HSPでなくても発症しますし、少しの休養で回復します。

ところが、慢性的に悩まされているなら話は別なの。

そこには、もっとややこしい問題が潜んでいるんです。

心の病気になりやすい人の特徴

心の病気(心身症)になりやすい人の特徴は、以下のようなものがあります。

心身症になりやすい人の特徴

  • 精神的ストレスや身体的不調を自覚したり、言語化するのが不得意
  • 自分を押し殺して、社会生活に過剰に適応しようとする
  • 普通なら弱音を吐いたり、逃げたくなる状況でも、不平を言わず頑張り続ける
  • 体力には自信があり、多少無理をしても生活できる
  • 目的を達成するには、体調を崩しても努力するのが当たり前と思っている

これ、まさに生きづらさを抱えていたときの私!!

感覚を言語化するのが、とにかく苦手だったの。

ももか
ももか
体の調子が良いってどういうこと?

体調が良いとか、気分が良いとか、自分の感覚を掴むことができなくて。言葉にできなかった。

心身症になりやすい特性を持っていたから、環境を変えても薬を飲んでも、同じように心を病んでしまったのね。

だから、毎日楽しくやりたいことを続けるには、心のあり方を変えることが大事なの!!

体の声を聞くことから始めよう

心身症になりやすい特性を一言で表現すると、「頑張りすぎる」ということ。

真面目で責任感が強く、自分のことを後回しにしがち。

単純に「頑張りすぎないようにしよう」と言われても、そもそも感覚を捉えるのが苦手だから

ももか
ももか
頑張りすぎってどれくらい??

とか、頑張るの基準が高いから、

ももか
ももか
もっと頑張らなきゃ…

となってしまう。

そこで、まずは体の声を聞くことから始めてみて。

体の声を聞くとは、

  • 眠いな
  • お腹すいたな
  • 肩凝ったな

という体からのメッセージをキャッチすること。

朝起きたとき、仕事が終わったとき、1日に何度も「今どんな感じ?」と体に聞いてみて。

体の声がわかると心の声もわかる!

感覚を言葉にすることが苦手だった私は、まず体の声を聞くことから始めました。

すると、体の声を通して心の声もわかるようになるんです!!

たとえば、「眠いな」という体の声は、活動のしすぎだよ!という心の声です。

お腹すいたなという体の声は、美味しいもの食べてリフレッシュしたい!という心の声です。

こんな感じで、体から発せられる欲求を素直に受け取ることができると、そこに紐づく心の声もわかるようになるの。

日常の些細な心の声がキャッチできるようになれば、「頑張りすぎだな」という感覚もキャッチできるようになります。

いきなり完璧にしようとせず、少しずつ練習してみてね。

まとめ

繊細さをこじらせると、心身症になってしまうHSPは多い。

さらに、心身症になりやすい性格を持っていると、環境を変えても薬を飲んでも、再発を繰り返します。

「頑張りすぎないで」と言われても、どこからが頑張りすぎなのかわからない。

まずは、体の声を聞く練習をして休むタイミングをつかもう!

それじゃあ、またね。

初めての方にオススメ10記事