生きづらさ解消

病みやすい人の特徴。「頑張りすぎ」がわからないときの対策。

こんにちは、ももか(@momohsphss)です!

環境を変えても薬を飲んでも、なぜか心を病んでしまう人がいます。

気分転換をして一時的にストレスを発散させても、気づくと体調を崩してメンタルの限界を迎えてしまうんですね。

こうした病みやすい人には共通点があります。

病みやすい人の特徴

病みやすい人の特徴は、以下のようなものがあります。

病みやすい人の特徴

  • ストレスや不調の言語化が苦手
  • 自分を押し殺して、社会生活に過剰に適応しようとする
  • 普通なら弱音を吐いたり、逃げたくなる状況でも、不平を言わず頑張り続ける
  • 体力には自信があり、多少無理をしても生活できる
  • 目的達成には、体調を崩しても努力するのが当たり前と思っている

生きづらさを抱えていると感覚を言語化するのが、苦手な傾向にあり、体調に意識を向ける習慣もない人が多いです。

体調が良い、気分が良いなど、自分の状態を言葉にできないんですね。

病みやすい特性を持ったまま、環境を変えたり薬を飲んでも、同じことを繰り返してしまうんですね。

毎日楽しくやりたいことを続けるには、一時的な対処療法だけでなく、心のあり方を変えることが大切です!!

体の声を聞くことから始めよう

病みやすい人は、真面目で責任感が強く、自分のことを後回しにして頑張りすぎてしまいます。

感覚を捉えるのが苦手なので、周囲に「頑張りすぎないでね」と言われても、「頑張りすぎってどれくらい?」と考えてしまったり。

頑張るの基準が高いので「もっと頑張らなきゃ」となります。

そこで、まずは体の声を聞くことから始めてみてください。

  • 眠いな
  • お腹すいたな
  • 肩凝ったな

という体からのメッセージをキャッチすることです。

朝起きたとき、仕事が終わったとき、1日に何度も「今どんな感じ?」と体に聞いてみましょう。

体の声がわかると心の声もわかる!

感覚を言葉にすることが苦手な人は、体に意識を向けると、心の声もわかるようになります。

たとえば、「眠いな」という体の声は、「活動のしすぎだよ!」という心の声です。

「お腹すいたな」は、「美味しいもの食べてリフレッシュしたい!」という心の声です。

こんな感じで、体から発せられる欲求を素直に言語化できると、そこに紐づく心の声もわかるようになるのです。

日常の些細な心の声がキャッチできるようになれば、「頑張りすぎだな」という感覚もキャッチできるようになります。

いきなり完璧にしようとせず、少しずつ練習してみてくださいね。

それじゃあ、またね。