お悩み相談室

ミスして落ち込む、言葉が出ない、感情コントロール方法とフリーランスについて意見をください。

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は大学生からのご相談。「いつも同じ対応ができるよう感情をコントロールしたい」「HSS型HSPの働き方としてフリーランスはどう?」という内容です。

【本日のご相談内容】

アルバイトで声を掛けられても気づかなかったり、返事をしたくても言葉が出てこなくて無視してしまい、「自分の態度が悪いこと言ってるだろうなあ」と思いながら働いています。

他にも、

・簡単なことにも応えられない(他の方が代弁していただいたおかげで何とかなりました)

・ちょっとしたミスで激しく落ち込む

・人と目を合わせることができない(合わせようとすると涙目になってうつむいたまま話す)

・話を振ったのに相槌すら打てない

など、HSP以前に自身の性格の問題では…と悩んでいます。

感情のコントロールをしようとしても「また同じことが起きたらどうしよう」と考えてしまいます。

いつも同じ対応をする方を見るとすごいなあ…と尊敬しています。

この経験から「自分は就職活動せずにフリーランスで動いたほうがいいのではないか」と思うようになりました。

まとまりのない内容になってしまいましたが、お聞きしたいのは、

・いつも同じ対応ができるよう感情をコントロールする方法

・HSS型HSPの働き方

この二点です。

よろしくお願いします。

ご相談ありがとうございます!

波風立てず、失敗せず、機嫌を損ねず、いつも完璧な受け答えをしたい、と思っていませんか?

「迷惑かけず周囲を刺激しないよう、言われたことをちゃんとこなして…」と考えたくなりますが。

暴力を振るうとか、度を越したものでなければ、素直に感情表現をした方が実は信頼されるんですよ。

相談者さんには「白黒思考の改善」に取り組んでほしいです。

感情コントロールは白黒思考の改善から

相談者さんの課題は【白黒思考】だと感じます。

白黒思考だと、現状から未来のことまで連想して不安が増すんですね。

そして、自分は疲労回復に時間がかかるし、人とコミュニケーションも上手に取ることができないから、他の人と同じように働くことはできないかも…という風に思考が展開していきます。

理想と現実のギャップに直面したときは、

  • 自分の問題
  • 相手の問題
  • 環境の問題
  • 時間の問題

など、視点を変えて現状を観察し、対策を考えると不安が少なくなりますよ。

白黒思考の人がフリーランスになると

フリーランスという働き方自体は、HSS型HSPに有利だと思います。ただ、向いているかどうかは個人差があります。

白黒思考が改善されて、感情をフラットに保てるようになれば、フリーランスも楽しめる可能性が高くなります。

フリーでは安定収入は望めないですし、責任は全て自分なので、金銭面や信用という部分では、会社員以上に不安要素が大きく、ストレスになります。

SNSを見ると、フリーランスの人で「最近は1日3時間しか仕事してない」といった発言を見ることもあるでしょう。

稼働時間を減らせるレベルに到達するまでには、ほとんどのフリーランスが寝ずに働いています。

HSS型HSPの働き方としてフリーランスは有力な選択肢なので、まずは思考の偏りを改善して、自己管理できるようになるといいですね。

関連記事

人の目を見て会話ができないことを指摘されて涙が止まりません

面接が苦手で半年以上内定が出ません。気持ちのコントロール方法はありますか?

疲れやすくて週5日8時間働くことが不安です

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログ

Laughーラフー

関連記事