HSS型HSP

複雑な内面が服装や髪型で伝わらない悩み【解決編】

こんにちは、ももかです!

HSS型HSPという気質は、好奇心旺盛で行動的だけど、疲れやすくて繊細です。

両極端な特徴を持っているので、「どれが本当の自分なの?」と、迷子になりませんか?

それは、服装や髪型などの見た目にも当てはまりませんか?

私は、ずっと見た目と内面のギャップというものに悩んできました。

色々挑戦して、最近は見た目と内面のギャップを感じて悩んでしまう原因と、どう捉えていけばいいかがわかってきたので。

私の迷走の歴史を追いつつ、まとめることにします。

複雑な内面を服装や髪型で表現することに悩む

私は女性らしい柔らかいテイストの服を着ることが多くて、髪を巻くのも好きです。

そうすると「ゆるふわ系の控えめな子で尽くしてくれそう」みたいな印象を持たれるんですね。

間違いではなくて、確かに私の中には、目立たず騒がずサポートするのが好きな面があります。

一方で、真逆の「こだわりが強くて本質的なことをズバッと言うリアリスト」の面もあります。

HSPを全面に出した、ゆるふわな印象から入った人は、リアリストな面を見たときに混乱して、「よくわかんない」と理解が追いつかなくなります。

  • 大人しいと思ったのに自己主張が強い
  • 尽くすタイプだと思ったのに気分屋の自由人
  • 愛想よくしているのに好き嫌いが激しい

こんな感じで、入り口と出口に差がありすぎて、相手は処理できないんですよね。

そして、私は相手の抱いたイメージに応えられなかったショックと、ありのままの自分を受け入れてもらえなかった寂しさで悩みました。

ところが、最近気付いたんです。

私の内面は複雑すぎて見た目で表現するのが難しいのでは?

長くファッションの仕事をしていたので、見た目でイメージを作る大切さも知っています。内面と見た目にギャップがありすぎると、相手は混乱して不信感を抱きます。

だから、イメージコンサルタント時代は、お客様にも「内面を見た目で表現しましょう」と伝えてきました。

でも、私自身が見た目で内面を表現できていないことにモヤモヤしていたんです。

180度外見を変えてみた結果

見た目でおしとやかな部分は伝えられるけど、相反するアグレッシブな部分が伝わらなくて悩んでいたので、フリーランスになったときに外見をガラッと変えてみることにしました。

前髪ありの茶髪ロングヘアから、黒髪ワンレンボブにしてみたり。パステルカラーしか着なかったのに、全身黒にしてみたり。

ヒールしか履かなかったのに、スニーカーを履いてみたり。

「意思の強いキリッとした部分」が伝わるように、クールな服装や髪型に全とっかえしてみたんです。

思い切って180度外見を変えた結果、周りの反応は上々でした。強くたくましい印象を持ってもらうことも増えました。

でも、私の中の違和感は消えません。

HSSの部分が第一印象で伝わるようにすると、入り口が「意思が強くアグレッシブな人」となります。

すると、相反する「些細なことでドン底まで落ち込む豆腐メンタルな私」を受け入れてもらうことが難しくなってしまったのです。

  • 元気がないなんて、ももからしくない
  • そんなこと気にするタイプじゃないでしょ
  • 静かだけど疲れてるの?
  • リードしてくれるから気が楽だと思ったのに

これらは、直接言われたり、私が勝手に察知した相手の気持ちなどです。

HSSな面を優先しても、私の中には相反するHSPの面があり、2つの性質は同時に存在しています。

どちらかがオンなら、どちらかがオフになるような相対的なものではなく。体調や環境で強弱がつくだけで、常に両方オンの状態なんです。

だから、HSSを優先するとHSPが置き去りになる。HSPを優先するとHSSが置き去りになる。うまくバランスを取ることができませんでした。

「人は見た目が9割」はHSS型HSPに当てはまらない

HSS型HSPは、1人の人間の中に全く相反する性質を持つ人間が2人同居しているような状態です。

多重人格者ではないですが、周りが受ける印象は同じようなものかもしれません。

「人は見た目が9割」とは、相手が自分に抱く印象の9割が見た目で判断されている、というものですよね。

私もずっと第一印象は大事だと思ってきたし、見た目でイメージを作ることの大切さも実感しています。

だけど、長年見た目と内面のギャップに悩んできて気づきました。

HSS型HSPは内面が複雑すぎるから、一目でどんな人か伝えようとする考え方が当てはまらない。

1つの体で2つの相反する性質を表現するには

ここからは、私自身もこれから挑戦しようと思っていることです。

意思が強くアグレッシブで行動的な面と、繊細で静かで人見知りでおしとやかな面。見た目でどちからを優先すると、どちらかが引っ込んでしまうので。

2つの相反する性質を持つHSS型HSPの性質を、1つの体で表現するにはどうすればいいのでしょうか?

いま、なんとなく浮かんだのは、服・髪型・小物でバランスを取る方法です。

  • 服装は思いっきり女性らしくフレアースカートを履いて、髪型はベリーショートにする
  • 服装はクールにシャツとパンツにして、髪型は中村アンさんみたいに「かきあげ」にする
  • アイテムはパンツとかシャツでキリッとさせるけど、素材や色を柔らかくして、女性らしさを出す
  • 服はメンズライクだけど、靴とかバックとか小物をグッと女性らしくする

アイテム選びで微妙なニュアンスを出していくのが良さそうですね。

いかに、甘さと辛さのバランスを取るか?

HSS型HSPの奥深い人間性は単純な一言では表現できない。それは、見た目も同じだということです。

まとめ

見た目と内面のギャップに悩んでいた原因は、「1つの体で1つの内面を表現しようとしていた」からだとわかりました。

私の中には、2つの相反する性質が同時に存在するのに、どちらかだけ表現しようとしても、相手を混乱させることに変わりないですから。

1番良いのは、服・髪・小物で甘さと辛さのバランスを取ることかなぁと思うのですが。。。

「日によって全然違う自分を楽しめるのがオシャレの醍醐味だし!」「印象とか関係なく、好きな格好させてくれよ」とか思っちゃう自分もいます。

バランスよくって、どれも中途半端ってことだし。それに、印象が固定化されると、覆したくなるんですよね。笑

だから結局、両極端な私を楽しんでくれる人かどうかフィルターをかけるために見た目を使う。

いまのところは、こんな感じです。

それじゃあ、またね!

個別の相談はこちらから

お悩み相談室受付窓口ももかのLINE公式アカウントについて

ブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー