仕事術

仕事が長続きする怒られる力

こんにちは!ももかです。

仕事が長く続く人の特徴に、「怒られたときに素早く回復できる」というのがあります。

これを、「怒られる力」と名付けて解説しようと思う。

単純に怒られることに慣れるとか、鈍感になるのではなく、気持ちの切り替え方が上手ということをお伝えしたい。

仕事が長続きする「怒られる力」とは

私は転職を繰り返す中で、様々な働く人たちを観察してきました。

社員から「保養所」と言われるくらい、穏やかな職場で心を病んでしまう人もいます。

一方でストレスフルなブラック企業で、10年以上働き続ける人もいます。

その中で気づいたことは、心の健康を保ちつつ仕事を長く続けている人は「怒られる力」を持っているということ。

HSPは、怒られることも誰かが怒られるのも恐怖ですよね?

人が怒っているときの、

  • 表情
  • ピリピリした空気

こういったものは、見るのも聞くのも嫌でしょ。だから、非HSPよりもストレスがかかりやすい。

しかも、自分が怒られた場合は、

HSP
HSP
期待に応えられなかった。また迷惑かけちゃったし。空気読めてなかったかも。

と、自己否定まで入りますよね。

こうなってしまうのは、相手の感情を察知するのが得意で常に気を配り、いい子でいようとするから。

怒られる力は、自分を守り周囲と適切な距離を保つために必要な能力。

怒られたとき、どう考えて気持ちを切り替えるか?

この対処方法を身につけることで、仕事を長く続けることができるんです!!

非HSPはピリピリした空気を感じない!

HSPをカウンセリングをしている長沼先生の「敏感すぎる自分を好きになれる本」には、こんなことが書いてある。

大らかな子どもなら、ピリピリした空気を感じ取らないだろうし、したがって、神経を高ぶらせることもないでしょう。

そもそも、そういう子どもは小さくても、支配的な親や先生に対しては反発しますし、支配をかいくぐって、いたずらをしたりもします。

それができなくて、我慢してしまうのがHSPの子どもなのです。

引用:敏感すぎる自分を好きになれる本

そう、HSPが感じている怒りのピリピリした空気感を非HSPは感じないの!!

だから、誰かが怒っていてもそこまで動揺しない。そして、怒られても軽く謝ることもできる。

大らかで深く考えないからこそ、潔く「ごめんなさい!」と言えるのかもね。

HSPは、怒っている人が放った矢が、ストレートに心に突き刺さる。そして、ズブズブと深く入り込む。

さらに、怒りの矢を放った人の気持ちも考える。だからこそ、自分は大量出血しているのに相手を心配するでしょ。

一方、非HSPは矢が刺さる前に避けたり、素手でキャッチしたりする。刺さったとしても奥まで入らない。

普通に生活していてポロっと取れちゃうか、矢を矢と思わない。

だから、怒られても上手に気持ちを切り替えることができるんだね。

では、どうしたら怒られ力を身につけられるのか?

まず、「怒られてもいい」と自分に許可を出すことが大事だよ。そして、相手が怒っていることと自分の抱える悩みを混同しないこと。

具体的に解説するね。

怒られ力の低い人の謝りかた

朝、上司に挨拶したら低い声で、冷たく次のように言われたとする。

上司
上司
声小さいよね。元気ないんだよなぁ。
朝からそんなんじゃ周囲のモチベーションも下がるよ。

笑顔もないし、目線も合わない。あなたは上司の表情を見て、瞬間的にこう感じる。

怒られ力の低い人
怒られ力の低い人
上司を怒らせたのは、私が内気でコミュニケーション能力が低いからだ。忙しそうにしていたのに、空気が読めない自分のせいだ。
  • 上司の機嫌が悪い=状況
  • 内気でコミュニケーション能力が低い=自分が気にしている悩み

このように、 自分の気にしている事と状況を一直線に結びつけてしまう傾向がある。

その結果、「悪いのは全部自分」と、0か100の思考になってしまう。

これは、深く分析しているようで片方の側面しか見ていないということ。こういう人は、謝るとき「自分」を主眼にして謝る。

  • (私が気が気なくて)ごめんなさい。
  • (私が内気で人見知りだから伝わらなくて)ごめんなさい。

怒られ力の高い人の謝りかた

一方で怒られ力がある人は、こう考える。

怒られ力の高い人
怒られ力の高い人
そんな小さい声じゃないけど。
隣で電話鳴ってたから聞こえなかっただけ?
なんかイライラしているみたいだけど、二日酔いで体調悪いのかも。
そもそもあの人いっつも、朝は機嫌悪いんだよな。
説教で捕まるのも面倒だから、ここは謝っておくか

こうして、あらゆる視点から可能性を考えて、自分にも非が数パーセントはあったなと感じたら謝る。

ただし、その場合は起きてしまった状況に対して謝る。

(聞こえるようなボリュームで話しかけていなくて)ごめんなさい。

これだけ。そして、自分の席に着くころには、

女性の口コミ
女性の口コミ
さーて。今日は早く帰るぞ♪

と、気持ちを切り替えている。

ただし、怒られ力のある人でも、落ち込むし引きずることもありますよ。それでも、100%自分だけの責任だとは思わない。

最後にもう一度、ポイントをおさらいしよう。

怒られ力を高めるには、

怒られ力を高める
  • 起きた原因と、自分の気にしていることを、一直線に結びつけない。
  • 謝るときは自己否定ではなく「あくまで状況に対して」と考える。

これを意識するだけ。

矢が奥深く突き刺さる前に抜くことができたり、矢を矢と感じなくすることもできます!

まとめ

仕事が長く続く人は、気持ちの切り替えが上手な人でもある。

どれだけ気をつけていても、働いていたら理不尽に怒られることは避けられない。

だから、怒られることを避けるテクニックもしつつ、気持ちの切り替え方も知っているとストレスが激減するよ!

怒られるのが苦手でピリピリした空気を感じると逃げ出したくなる人は意識してみてね。

それじゃあ、またね。