フリーランス

HSPがフリーランスになるとき、資格は必要か?について。「肩書き」に対するももかの考え

coffee

この記事では、「フリーランスで仕事を始めようと考えているけど、事前に資格を取っておくべき?」と悩んでいるHSPのために、私の考えをお話しするよ。

仕事内容によるけど、未経験の仕事なら資格を取った方がいい。勉強のためにもね。あとは、資格がないとできない仕事の場合も。

だけど、ある程度経験も知識もあって、資格がなくてもできる仕事なのに「ちゃんと勉強してからじゃなきゃ。」と思っているなら、まず実績を作ることを考えるといいよ。

私のフリーランス経験は本当に微々たるもの。

一般の方向けにファッションのコーディネートをする「イメージコンサルタント」として1年。HSPHSSのためにカラーセラピーを始めて半年。

生活できるレベルではないけれど、会社に所属せず自分の力でお金をいただいた経験が、少しだけあるの。

だから、今回は「資格」についてと、最後に「HSPHSSは肩書きを捨てたがる」という話をするね。

あくまで、ももかの個人的な意見だから、起業の専門家からしたら「全然違う!」みたいになるかもしれない。

それを踏まえて、参考程度に読んでみて!

HSPは資格よりも実績を考えよう

フリーランスで仕事をするとき、最初に考えるといいのは「実績」を作ること。

HSPは情報収集や、知識を得ることが好きな人が多いの。だから、フリーランスになろうとしたとき、まず「ちゃんと知識をつけなきゃ」と考えて足踏みしちゃう。

(もちろん、全く知識がない場合は資格を通して勉強する必要があるよ。)

知識の習得って終わりがないから、「まだまだお客様に提供できるレベルじゃない。」って思いがち。

「実績」というと、有名な賞を取るとか、SNSでフォロワー何万人とか、イメージするかもしれない。

ここで言う「実績」とは、誰かにサービスを提供した経験のこと。

誰かにサービスを提供する経験が大事な理由は、実際にお客様の反応を見て、わかることがたくさんあるから。

  • フリーランスでやりたいと思った仕事が本当に向いてるのか?
  • どのお客様層が得意なのか?
  • 本当に続けていけるのか?

特に、HSPだからこそ強く言いたい。勉強はそこそこにして、まず誰かにサービスを提供してみよう。

HSP
HSP
実績を作るために、資格を取るのはダメですか?そもそも、資格がなければ最初のお客さんも来てくれないですよね?

誰かにサービスを提供しようと言ったけど、この「誰か」は知り合いでもいいの。

例えば、イラストレーターになりたいなら、友達に似顔絵を書いてあげるとか。SNSで書いたイラストを配信するとか。

だけど、周りの人に反対されそうで、言えないこともあるよね。

HSP的には、ネットで始められることがオススメだよ。時間や場所も自分のペースでできるし、違うなと思ったら、さりげなく削除すればいい。

ただし、依頼された仕事は最後までやり遂げようね。

無料会員登録ですぐにサービスを提供できるココナラ とか使ってもいいしね!

私も使ってたことあるけど、初めてフリーランスを経験する人はやってみるといいよ。

メニューや価格を決めたり、説明文を考えるだけでも、具体的な仕事のイメージができるし。

「この価格でこのペースだと疲れちゃうな」という自分のペースも、感覚的にわかるようになるから。

何度も言うけど、「資格を取らなくていい」って言ってるわけじゃないよ。

実際にフリーランスで仕事をして感じたのは、勉強が好きで真面目だから、ちゃんと形を整えて完璧にしてから始めたいと思っちゃうのね。

これは、HSPあるあるだと思ってる。

既に知識や経験があるのに、「まずは資格を取って、もっと専門的な知識をつけてから。」とか考えてると、何も始められない。

フリーランスを始めるときに、資格を取った方がいい場合

HSPに限らずだけど、全く未経験の仕事でフリーランスになる場合は、資格を取った方がいいよね。

カウンセラーになりたいのに、カウンセリングの知識がないと始まらない。

以前取材した、時田さん(HSPHSSをカウンセリングしている人気カウンセラー)も、カウンセラーになるときに講座を受けてた。

カウンセラーの中にも「この人私の話を理解していないな」という人が結構いることに気づいたんです。

それで、自分もやってみようと思って、マインドブロックバスター講座を受けました。

やってみると、これはできるなという感覚があったんです。

それでお店で少しずつやっていると、ビジネスとしていけるという確信になり、カウンセリングをスタートさせました。

心理カウンセラーが語る!HSPHSSの「適職探し」と「トラウマ」について

経験がないなら、自分でサービスを受けてみることも大事。

時田さんは、子育ての悩みでカウンセリングを受けたことが、カウンセラーになるきっかけだったの。

ちょっと資格の話からズレるけど、「ビジネスとしていける」という感覚は、やっぱりビジネスをやっていないとわからない。

時田さんは、1番最初にビジネスの勉強をしてた。

産休育休のタイミングでビジネスの勉強をしました。

育休明けに復帰できる保険があったことと、30代は体力があったので、今よりも多く行動できました。

具体的には、フランチャイズの情報を集めました。理由は、既に方法が確立されていて参入しやすいからです。

それでいて、あまり規模が大きくなければ、マニュアルも厳しくないですし。そういう条件で様々なお店に見学に行きました。

心理カウンセラーが語る!HSPHSSの「適職探し」と「トラウマ」について

ももかがカラーセラピーを始めるまでにやったこと

ここからは、カウンセラーや色彩心理学に興味がある人のために、私がカラーセラピーをどうやって始めたかについて話すね。

まず、個人の先生をネットで見つけて資格の講座を申し込んだよ。

時田さんの個人セッションを受けたときに相談して、「資金ないけど、今やりたい!」と思って、予算内で取れる資格にしたの。

イメージコンサルタントを始めるときに、手持ちの資金以上の金額で講座を申し込んで、返済に追われた経験があるから。

「無理しないと払えない金額の講座は受けない」と決めてたの。

フリーランスになりたいけど、資金面で不安な人は、まず就職して資金を集める方がいいよ。

資金について詳しくは、「個人事業を始める?就職する?」生活に不安があるときの仕事選びを読んでね。

家
「個人事業を始める?就職する?」生活に不安があるときの仕事選びHSPは「会社に縛られず、個人事業主として自由に働きたい」という人も多い。だけど、生活面に不安があるなら、就職をオススメする。私はやりたいことを優先して、貯金がないのにフリーランスになったら、生活のために自分を追い込む日々が待ってた。HSPにとっては、お金のプレッシャーも大きな刺激。副業でゆっくり経験を積んで、安心材料を増やしてから個人事業としてスタートさせよう。...

実践してみて、準備不足だと感じるか?

カラーセラピーをやり始めて半年経つけど、「もっと学んでおけばよかった」と思うことは、今のところないよ。

私の場合は、

  1. 大学で心理学を専攻していて、カウンセリング手法を学んでいたこと
  2. 心理学や人間観察が好きで、趣味でいつも情報収集していること
  3. カラーセラピーや数種類のカウンセリングを受けていた経験があること
  4. ①〜③が自然とカウンセリングの仕方の勉強になっていたこと

こういったアドバンテージがあったからなの。むしろ十分インプットしてきたし、早くアウトプットしようと考えて行動した。

事前の勉強不足を後悔するという意味では、「学んでおけばよかった」ことってないかな。

今後もっとカウンセリングの知識をつけたいと思うけど、心理学の勉強って趣味も兼ねてるから。

必要なときに、カラーセラピーのフォローアップ勉強会に参加したり、上級講座を受けたりしようかなって考えてる。

フリーランスの肩書きは、「信用」と「イメージ」のために作る

次に、「肩書き」の話に移るね。

フリーランスで仕事をするときに、肩書きが必要な理由は「信用」と「イメージ」を作るため。(だと、私は思ってる。)

会社の場合は、自分が生まれる前から、誰かが仕事を続けてくれていて、何十年っていう実績がすでに作られてるでしょ。

フリーランスは、ゼロから信用を作らないといけない。

個人のサービスを受けようと思ったときに、何している人かわからないと不安だよね。

だから、肩書きがあると、「この人はきちんと仕事をしてきた人なんだな。信用できそうだな。」っていう信用を得られる。

さらに、何を提供してくれる人かイメージしてもらうことができる。

ちなみに、肩書きの意味を調べてみた。

①名刺などで、氏名の右上に書かれる職名・地位など。
②人の社会的地位や身分を示す職業・役職名など。
 
引用元:コトバンク

サラリーマンだったら、「社長」「部長」「マネージャー」「店長」ってやつだね。

フリーランスの場合は、「〇〇コンサルタント」「弁護士」「フラワーアーティスト」「ネイリスト」「プログラマー」みたいな職業の名前が肩書きかな。

もしくは、「全日本〇〇コンテスト第10回ファイナリスト」とか「月間100万PVブロガー」とかも、社会的地位を表す肩書きだね。

肩書きを聞いただけで、何をしている人なのかわかる。だから、お客様にイメージしてもらうためにも、肩書きって大事だと思う。

肩書きを壊したくなるのがHSPHSS

最後に、HSPHSSである私は、肩書きを求めることをやめたの。

なぜかというと、肩書きを作ってもすぐ「捨てたくなる」から。笑

安定した肩書きを捨てて、ゼロから作ることに猛烈な魅力を感じてしまう。

それから、「普通の人」でいることで、読者さんと同じ目線で記事が書けるかなぁっとも思ってる。

「色々挑戦してみたら、こんなことがわかったよ!こうすると失敗するから、気をつけて!」っていう経験を伝えて、読んだ人が自分なりの解釈で、何か気づいてくれたらいいなって。

以前は、社長とかコンサルタントとか、誰かに凄い!って言ってもらえそうな肩書きを持つことに執着してたの。

転職経験3回以上の人にオススメ!「キャリアの棚卸し」で仕事選びを見直そうで書いたけど、「課長」とか「部長」ってかっこいい!って思って。

毎日終電まで仕事してたこともある。

肩書きを求めているときは、自分のことしか考えていなかった

イメージコンサルタントでフリーランスになったとき、「私の仕事は承認欲求を満たしたい自己満足で、自分しか見てなかった」って気づいたんだ。

全然お客様を見てなかったことに気づいて、今の私はフリーランスとしてサービスを提供できる器じゃないって感じた。

今は、自己満足な部分が全くないのも、つらくなる原因だと感じているよ。

承認欲求は、人間の基本的な欲求だから。

良いバランスで、自分も相手も楽しめることを探すのがいいなと思う。

「みんながわかってくれる肩書きを持って、すごそうな仕事してれば認めてくれるでしょ」

っていう、日本的な価値観に縛られてた部分もあるのかも。

偉そうに語ってるけど、まだまだ勉強中だよ。たくさん気づいている最中。

ただね、今は肩書きをつけることがゴールじゃなくて、もっと大事にしたいことがある。

  • 過去に何をしてきたか?
  • 現在何をしてるか?
  • これから何をしていきたいか?

つまり、自分の想いや目的を人にしっかり伝えられることが、ビジネスをする上で大事だと感じてる。

政治家になれそうな公約とか、褒められそうなことじゃくていいの。ただ、自分の気持ちをしっかりと伝えられること。

勉強だけしてても、相手がいなければ集客はできないから。

でも、興味のあることの勉強は好きなので、趣味で続けるよ。

まとめ

  • 経験の仕事でフリーランスになりたいなら、まず資格を取得して知識をつける。
  • 既に経験や知識があることなら、勉強はそこそこにして、実績を作ることを考える。
  • HSPHSSのももかは、肩書きがついた途端に捨てたくなってしまうから、こだわらないようにしている。

どうかな?すごく暑苦しく、自分語りしちゃったけど。

こういう考えの人もいるんだなぁ程度に、参考にしてみてね。

heart
完璧を求めてたらあっという間に年をとるから「今」がいちばん最高! ※この記事は、2019年1月3日にメルマガで配信した内容を修正・加筆して掲載しているよ 私はブログが好きなんだって気づいたの。ブ...