お悩み相談室

HSPを最近知った方へ。他人軸から抜け出すために必要なこと

こちらは、ももかの無料相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は、人との境界線が引きづらく他人軸になり、仕事や人間関係がつらいというご相談です。

【本日のご相談内容】

セルフチェックにてHSPのような傾向がでており、仕事や人間関係が辛いなと感じてます。

人との境界線が引きづらかったり。他人軸になってしまったり。

どこか空気を読む感じで自分に嘘をついて生きている気がして。

ご相談ありがとうございます♡

他人軸な自分がいてもいいんですよ。

繊細なままで生きていいし、人間関係が苦手で、仕事も頑張れなくていい

たった1つの言葉を知っただけで、次の日から別人級に行動も思考も変われるなら、そもそも悩まないです。

だから、すぐに変化できなくてもいいんです。

このことを踏まえて、HSPが他人軸から抜け出し、自分らしさを見つけるために必要なことをお話しますね。

他人軸とは心が迷子になっている状態

HSPは、共感力が高く人の思考や感情に流されやすいです。

自分に嘘をついて生きている気がして。

という言葉は、HSPからよく聞きます。

心が迷子になっている状態なので、何をするにしても、なんとなくシックリこない気がするんですね。

あなたの心は必ず、あなたの中にあります。

境界線を引くコツは、迷子になりがちな心をいつも気にかけて、繋ぎ止めてあげることです。

好き嫌いを見つけてメモしよう

自分らしさを知るためには、日常の中で感じる「好き嫌い」を観察して、ノートやスマホにメモをしてみてください。

先に好きなことから取り組むと、ポジティブな感情を掴む練習になってオススメです。

私も実際にやったんですが、『嫌い』という感情は、感じてはいけないと思っていたこともあり、先に『好き』から始めた方がやりやすかったです。

それまで正しいと信じてきたことに、NOと言って縁を切るような感覚があったからです。

でも、嫌いなことを明確にすると、より好きなことを大事にしようと思えるようになりました。

効果を最大にするには、はじめに説明した「ダメな自分がいてもいい。繊細なままでいい。」と、悩んでいる状態の自分さえも受け入れることが重要です。

自分軸はYESとNOで作られる

自分軸を作るとは、自分と他人の境界線を明確にすることです。

境界線は、自分の中の「YES」と「NO」をハッキリさせると強化されます。

そのために、好き嫌いを集めましょう。

自分に言葉で説明できるようになれば、仕事や人間関係でもスムーズに自己主張できるようになるので。

仕事や人間関係の中で自分軸を発揮できると、「自分らしさ」をより実感できるようになります。

好きなものが同じ人と出会えたり、嫌いなものを知ったうえで付き合ってくれる人ができたり。

そういった経験を繰り返すことで「やっぱり、私はこれだよね」と自分らしさが強まります。

できることから、試してみてくださいね。

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログ

Laughーラフー

関連記事