HSPの基本

HSPを理解してもらえなくてツライときの処方箋

こんにちは、ももかです!

HSPという言葉の認知度は、最近急激に高まってきた。

しかし、「HSPを周囲が理解してくれなくてツライ」と感じている人も多いのでは?

私もHSPを知った最初の頃、身近な人に説明しては悲しい思いをした経験がある。

HSPだと伝えるのは勇気がいることだけど、「共感してほしい」と理解される前提で話をすると、拒絶されたときに受けるダメージが大きくなる。

今回は、HSPを人に伝えるときのコツと、根本的な考え方について説明するね!

自分がHSPだと伝えるのは勇気がいる

HSPについて誰かに伝えたいときは、いくつかシチュエーションがある。

  • 自分を見つけたようで嬉しくて、感動や興奮を誰かと共有したい
  • 生きづらさの原因がわかって、自分を変えたいからサポートしてほしい
  • ツラかった理由が判明したから、自分の気持ちを理解してもらう根拠として伝えたい

どの目的でも、自分がHSPだと人に伝えるのは勇気がいるよね。

私も、HSPを知った当初は家族、友達、彼氏、仕事関係の人…などなど。身近な人に説明して回った。

誰に話すときも、いつもドキドキした。

だって、「私実は心の中でずーっと生きづらいと思って、モヤモヤしていたの。だけど、そう見せないように必死だった。でも、HSPだと知って、やっと自分を見つけた気がした。」って説明が必要だったから。

そう、HSPだと人に伝えるときは、「実は体は女だけど心は男なの。」とか「多重人格で時々記憶がなくなるの。」みたいに、心の奥のとてもデリケートな部分をさらけ出すような感覚が伴う。

理解してもらう前提が拒絶の恐怖を生む

私がHSPだと伝えたとき、相手の反応は2つに別れた。

「私も同じこと考えることあるよ!むしろ、それが普通だと思ってた!え!?違う人いるの??」

みたいに、HSPのチェックリストにすごく共感してくれて、ワイワイと会話が盛り上がるHSP。

もしくは、

「ふーん、そういうのがあるんだねー。よくわかんないけど、そのままのももかが好きだよ。」

と、全く響かない非HSP。

HSPを知ったばかりで生きづらさを抱えていた私は、自分と同じテンションで興味を示してくれない非HSPに対して

  • 興味がないってことは、私のことどうでもいいと思ってるんだ!
  • 「そのままのももか」って言うけど、あなたが見ている「そのままの私」って何!?そんな上辺の言葉で、私のこと理解した風な態度出さないでよ!
  • これだから非HSPは言葉が通じなくてイヤ!

なんて考えてイライラしてた。

今では苛立ちの原因がわかる。誰かにHSPを説明するときに「だから、私を受け入れてください」という気持ちでいると、わかってもらえないと腹が立つ。

自分を受け入れてほしい→HSPという言葉の意味を理解してもらう

という流れだと、拒否されたり、自分と同じテンションで共感されなかったときに悲しくなる。

私の場合は、HSPを通して自分への理解を深めて生きづらさを解消していくと、「別に誰かに理解してもらわなくてもいいかも」と思うようになっていったのね。

自分で自分の好きなところをドンドン見つけられるようになったから、誰かに認めてもらわなくても満足できるようになったの。

次第に、

『HSPという言葉を使わず、HSPの特徴を相手に伝えて自分を理解してもらう』

という方法を考えるようになった。

すると、HSPを理解してもらおうと必死に説明していた頃より、すんなり『私(HSP)』という人間の特徴を受け入れてもらえるようになったの。

相手がHSPか事前に調べて心の準備をしよう

HSPという言葉の認知度が高まることにはリスクもある。

  • またよくわかんない名前が出てきたよ
  • 分類好きな人たち
  • 弱い自分の逃げに使う言葉でしょ
  • 結局言ってることは同じなのに、流行りだからって使ってるだけ
  • 言葉変えて新鮮味出してビジネスの餌にしてるんでしょ

HSPが広まる前から、こういった分析をする人はいたけど。認知度が高まり、分母が増えた。

HSPの認知度が低いときは「なんかよくわかんない」くらいで済んでいたのに。

だから、今のタイミングで「私はHSPです」と言葉にする人は、以前に増して賛否の言葉を浴びる可能性が高くなっている。

共感の言葉を見つけやすいけど、同じくらい拒絶の言葉も出てくる。

SNSで発信する場合は、色んな価値観が無防備に押し寄せてくると覚悟するしかない。

大事なのは、実生活で大切な人に伝えるとき。

事前に「相手はHSPだろうか?」とわかる範囲で調べよう。

HSPの可能性があるなら、HSPという言葉を使うと会話が弾む可能性が高い。

逆に非HSPだと感じたら、HSPという言葉を使わずに自分を理解してもらう方法を考えよう。

相手によって『HSP語』『非HSP語』を使い分けるの!

すると、自分も必要以上に疲弊せずに実生活で仲間を見つけることができる。

「自分が納得できればいい」がゴール

HSPは病気ではないし、薬や周囲のサポートが必要なものもない。

でも、ずっと周囲に馴染めない違和感を抱えて、誰にも本当の自分を理解してもらえない感覚を持っていた人にとっては、「やっと手に入れた自分の名前」みたいな、かけがえのないものになったりする。(私がその一人)

最初は、「HSPは才能?こんな面倒で苦しい才能なら、なくなっちゃえばいいのに!」なんて思っていたけれど。

HSPについて調べるにつれて、「私は病気じゃなかった!普通の人間として生きていいんだ!」と思うようになる。

そしたら、大切な家族、友達、恋人、仕事仲間…身近な人に、本当の私を理解してほしいという気持ちが湧いてくる。

「聞いて!私、何十年も抱えていたモヤモヤが、やっと晴れたの!」

そうやって、宝物を見つけた子どものようにワクワクしながら、伝えに行く。

でも、みんなが同じように共感してくれるわけじゃなかった。

「ふーん。よかったね。なんかよくわかんないけど、今のももちゃんが好きだよ。」

……今の私って??

私が私のことわかってないのに、あなたは私の何を知っているって言うの??

やっぱり、本当の私は誰も理解してくれない。

HSPを使って自分を理解してもらおうと頑張っていたときの私は、同じテンションで共感してくれない人がいると、とても悲しくなっていたの。

生きづらさを解消した今考えるのは、HSPという言葉は自分を理解するために使うのが1番いい。

自分が自分のことを誰よりも理解していれば、どこで誰といて何をしていても、ブレない軸(境界線)ができる。

本当の生きやすさは『どこで誰といても、自分らしさを自然と発揮できること』で実現する。

最終的なゴールは、「HSPであることを自分が納得すれば、周りから受け入れられなくても気にしない」くらい、付かず離れずの距離感で付き合うこと。

これが、HSPという言葉の最大限の活用方法。

まとめ

自分がHSPだと人に言うべきかについては、人それぞれ違う考え方がある。

私としては、会社や仕事の場合は、『HSP』という言葉を使わなくても、HSPの特徴を伝えられるようになって、結果的に集団の中でうまく自己表現するのが最も効果的。

一方で、旦那さんや子供、両親、頻繁に会う友達、恋人など、一緒に長く過ごす大切な人には、必要であればHSPという言葉を使って、自分の気持ちを伝えることも大事だと考える。

相手が同じテンションで共感してくれるかは、やってみなければわからない。

何より大事なのは、自分の気持ちを見て見ぬフリせず、「譲れない部分」をしっかり自己主張するんだと覚悟することだから。

その1つずつの覚悟と主張の積み重ねが、生きづらさ解消につながる大切な経験になる。

それじゃあ、またね。

個別の相談はこちらから

お悩み相談室受付窓口ももかのLINE公式アカウントについて

ブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー