生きづらい

HSPの育て方。生きるのがつらいと苦しむ我が子を助けたい。

こちらは、ももかの無料相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

(ご相談はLINE公式アカウントで受け付けています。)

今回は、HSPのお子さんを持つ、お母様からのご相談です。

【本日のご相談内容】

はじめまして。今回ライン登録させていただいてのは実は私自身ではなく、私の娘の件で悩んだ末のことです。

本人でなくては意味がないのかもしれないですが、私の娘は現在23歳で大学2年です。

すんなり行っていればもう就職している年ですが、厳しい境遇を経て今に至っています。

生まれた時から周りの音や人の気持ちに異常なほどに敏感で子供らしくない気の使い方をするのが気になっていました。

全く手のかからない良い子に育ちましたが、小学生の時に急に学校に行けなくなってしまい、いつも友達に囲まれて悩みなんかなさそうだったので原因はわかりませんでしたが、今になってみればHSPだったからだと思います。

高校でもクラスの人気ものだったのに一年の途中から原因不明の腰痛でドクターショッピングを繰り返し、結局中退することになりました。学校自体とても楽しんでいっていたので何故なのか分からずでした。

辞めてすぐの頃、同じ年の従姉妹が急性骨髄性白血病にかかり三年の闘病の末、亡くなりました。

姉の子供でしたが、二人はともに医学部を目指していて、一緒に頑張ろう、っと励ましあっていたのですが、亡くなった際、向こうの家族、特に私の姉が

なぜ自分の子だったのか、なぜ自分の娘は亡くなって、同じ年の私の子供は生きてるの?

というような責めるような気持ちを抱いていました。

それを感じ取った私の娘は自分がしねばよかった、なぜ自分は生きてるのか、と自分の存在を否定しました。助けられなかったことも大きかったようです。

その気持ちから立ち上がるのに2年かかり、その後留学したいと言い出して、さらにもう一年大学受験を見送り、独学で勉強した末、今の大学に入りました。

やっと人生やり直そうとスタートに立ったのですが、その大学ではうちの娘が一番苦手な人のことを考えない自分さえ良ければの人たちの集まりでした。

一年半必死で耐えて頑張り成績も優秀でしたが、心が持たなくて、現在休学中です。

自分の言動が大丈夫なのか、大学には違う学部にたくさん友達はいますが、心から信頼できる人はおらず、一年でのクラスの子達のトラウトのせいか、相手を怒らせていないか、顔色ばかりを機にすることがやめられなくなって、楽しいことの後も不安が襲ってきて、楽しむこと自体が怖くなってしまい、人に心を開けなくなってもともと孤独感を抱えていたのにさらにひどくなってしまいました。

どうしたら心が開けるか自分でもわからないようで、何をしたいのかもわからず、生きてることが辛い、しんどいと、苦しんでいます。

何かに頼る事も、だめだったら、という恐怖心からなかなか素直に受け止められなくなっています。

どうすれば心を柔らかくできるのか、アドバイスがあればお願いしたいのですが。

あと、ここ何ヶ月かぐっすり眠れていないようで、夜中に何度も目が覚めて体調もずっと良くない日々が続いているようです。

不安を揺らげたりする薬を処方してもらうのがいいのか、根本原因をなんとかするのが、どこをどう手をつけたらいいのかがわりません。

その辺についてもどのような方法がいいのかご意見お聞かせください。

Googleアドセンス利用規約に則り、一部漢字表記をひらがなに変更しています。

ご相談ありがとうございます♡

お嬢様のこと、とても心配ですね。

私は子育ての経験がないので、ここでは「親子という人間関係」について、お話しさせていただきます。

回答の前に、内容を整理してみましょう。

  • 現在23歳で大学生のお嬢様がHSPである
  • 小学校も高校も、人気者で問題がなさそうに見えたのに、体調を崩して通えなくなってしまった
  • 医学部を一緒に目指していたイトコが亡くなり、「なぜ私が生きているのか」と自分の存在を否定し、助けられなかったことを責めている
  • やっと入学した大学では、自分さえ良ければいいという友達ばかりで、心が持たず現在休学中
  • 自分の言動が周囲に与える影響を気にして、心を開けなくなった
  • どうしたらいいのか、何をしたいのかもわからず生きているのがつらいと苦しんでいる
  • 寝つきが悪く、夜中に目覚めてしまい体調がすぐれない

ざっと箇条書きにしてみました。

実は、この相談を始めに読んだとき、「私がどうやって集団に適応してきたか?」というHSP当事者の気持ちに焦点を当てようと考えたんですね。

それで、お母様にもそのようにお伝えしました。

ですが、その後さらに考えを巡らせているうちに、もっと重要なことに気づきました。

今回の回答は、8割がお母様自身についてです。

残りの2割でHSP当事者(お嬢様)の気持ちと、今後の具体的な方向性をお伝えしますね。

お母さんが子ども以上に、子どもの明るい未来を信じてあげる

長くなりそうなので、最初に結論をお伝えしますね。全て、お母様にお願いしたいことです。

  • 「この子は孤独で生きづらさを抱えている」という見方をやめる
  • 「この子は私が助けてあげないといけない」という見方をやめる
  • 誰よりもお嬢様の明るい未来を信じてあげる
  • 「友達がいなくても、生きるのが苦しくても、娘は今幸せなんだ」と心から思える状態になる
  • 「私がなんとかしなきゃ」と頑張るのをやめる
  • 「こうなって欲しい」という期待を抱くのをやめる

一言でまとめるなら、

お嬢様の現状を変えたいと思うなら、お母様自身が起きた事の見方を全てポジティブな方に変えること

変えるのは、お嬢様ではありません。お母様自身の考え方です。

これだけ、伝えさせてください。私は、お母様を責めているのではありません。

子どものことを1番に考えて、何歳になっても心配し続けるのが親だと思います。

私は以前、HSCセミナーに参加したとき、HSCを持つお母様たちが、まるで自分のことのように苦しんでいる姿を見ました。

我が子のことを話しながら、ボロボロと涙するお母様たちの姿を見て、「私もこうして愛されていたんだな」と誇らしい気持ちになったんです。

なので、今回の相談者であるお母様と、そんなお母様に愛されているお嬢様が、ともに笑い合う日に向けて、本当に必要なことをお話しさせてください。

お母さんの「私のせいで」がHSPに伝染する

HSPは、人の影響を受けやすい特徴があります。特に、大好きなお母様の価値観は、お嬢様の心の奥深くまで刻み込まれます。

ですので、お母様が

お母様
お母様
私のせいで、娘がツライ思いをしている。この子は傷つきやすくて弱い子なんだ。

と考えていると、お嬢様は

お嬢様
お嬢様
私のせいで、お母さんがツライ思いをしている。私は傷つきやすくて弱い子なんだ。

と思うようになるんです。

私は小学校低学年くらいまで、指しゃぶりをやめられませんでした。

おかげで永久歯が不恰好に生えてしまい、中学生のとき歯列矯正をすることになったんです。

長い治療がようやく終わった日、母が私に「小さい頃、お姉ちゃんにつきっきりで、寂しい思いをさせちゃったから。これで、少しは罪滅ぼしできたかな。」とつぶやいたんです。

それを聞いた私は、

ももか
ももか
私って、寂しい思いをして育った子なんだ。私の存在が、お母さんに罪悪感を持たせているの?

と、心の中にチクリと不安がよぎりました。

私は母が大好きです。だから、私のことでツライ気持ちになったり、悲しんでいる母の姿を見ると、とても苦しくなります。

突然ですが、お母様もHSPではありませんか?

相談文がまるで小説のようで、お嬢様が目の前で動いているようです。

そして、私は相談文を読んでいて、

ももか
ももか
これは、お嬢様とお母様、どちらの感情なんだろう?

と、何度か疑問を持ちました。

失礼を承知でお伝えすると、お嬢様のことを書かれていながら、実はご自身の気持ちと重ねるところがあるのではないか、ということです。

お母様も、些細なことが気になって考え過ぎてしまい、自分を責め続ける傾向にありませんか?

HSPを育てるなら、上辺の言葉や態度に注意する

HSPには、上辺だけ取り繕った言葉や態度は通用しません。

「娘の前では、暗い雰囲気にならないよう、言葉や態度には十分気を使っている」

と思われるかもしれませんが、おそらくお嬢様は見抜いています。

もしくは、お互い言葉や態度にしなくても、表情や声のトーンで「つらい、苦しい」という雰囲気を醸し出していることもあります。

HSPにとって、空気を察知することは朝飯前です。だからこそ、お母様は自分の子育てに自信を持ってください。

無理に明るくするのではなく、お母様自身が、まず自分の母親人生に誇りを持って堂々と過ごすこと。

最初にお伝えしましたが、HSPは人に大きく影響を受けます。

良い影響力のある人が近くにいれば、どんどん影響されて、見違えるほどたくましく成長するんですよ。

お嬢様にとって、1番身近な人はお母様ですよね。

いまのあなたは、お嬢様がお手本にしたくなるような女性ですか?

自分の人生が素晴らしいものだと、胸を張ってお嬢様に言えますか?

「私の娘なんだから、何があっても大丈夫」と心から信じることができますか?

HSPは、言葉で説明されるより、人の行動を真似して勉強することが得意です。

文字通り「感情も行動もコピーする」能力が高いんですね。

だから、近くの大人が自分に自信を持って人生を謳歌していれば「あんな風に生きればいいのか」と勝手に吸収していくんです。

HSPは弱い子じゃない。自分の力で生きる強さを持っている。

HSPは傷つきやすく不安感が強い傾向にありますが、弱い子ではありません。

自分の力で未来を切り開く強さも持っています。

お嬢様の人生の主役は、お嬢様以外の誰でもありません。最後に1歩踏み出すのは、お母様ではないのです。

お二人で(可能であれば、ご家族みなさんで)次のことを話し合ってみてください。

HSPが安心できる家を作る
  • 生活の中で音や照明など、気になるところはないか?
  • 寝具は快適なものになっているか?
  • 家族では当たり前になっていることで負担を感じていないか?
  • 負担にならない外出の頻度はどれくらいか?

1番大事なのは、お嬢様が自分で「このままじゃマズイ。自分を変えよう。」と気づくことです。

なので、上記のことを話し合ったうえで、あとは本人から助けを求めてくるのを待ちましょう。

お嬢様が苦しんでいる姿は、自分の欠点を見せられているようで、ヤキモキするかもしれませんが。

そんなときは、

お母様
お母様
お母さんもね、いつも自分に自信がなかったんだ。上手くいかないことがあると、落ち込むし。
もう、こんな自分嫌だ!って投げ出したくなるときもあるよ。
だけど、〇〇ちゃんの顔を見ると、また頑張ろうって思えるの。
誰がなんと言おうと、お母さんにとって〇〇ちゃんは宝物だよ。

と、素直な気持ちをお嬢様に伝えてみてください。

自分が子どもの頃、母親に言われたかった言葉を思い切って話してみてください。その言葉を、あなたもお嬢様も、求めています。

お嬢様にかけたはずの言葉で、ご自身の不安感が消えていく感覚を覚えるはずです。

ゆっくりで大丈夫です。少しずつ、始めてみてください。

寝つきが悪い状態がしばらく続いているようなので、心療内科や精神科の受診も検討してみてください。

他にも、何もないときに泣き出したり、急に怒り出すなどが見られた場合も、一度医師に相談してください。

どこを選べばいいか不安であれば、かかりつけの内科医に紹介状を貰えないか聞くという手もあります。

初診だけ受けて、実際に通院するかは本人と相談してもいいと思います。

ただし、命を捨てようとする自傷行為がある場合は、お母様判断で医師に報告してください。

精神安定剤は副作用もありますが、極限まで疲労している人には休息の免罪符になりますので。

関連記事

【優しすぎる母の呪縛】3ヶ月連絡を絶ってわかった過保護な親の心理

母の一言で非嘔吐過食が爆発!なぜ、わかってくれないの?

お悩み相談室は、LINE公式アカウントに友だち登録をすると参加できるよ。▷ももかのLINE公式アカウントについて

過去の回答はこちら▷お悩み相談室バックナンバー