脳の仕組み

ネガティブ思考をラクに克服する方法は、「脳の仕組みを知る」だけ!

こんにちは!ももかです。

私ね、ずーっと落ち込むことがあっても、寝たら忘れちゃうっていう人に憧れてたの。

友達が話すのを聞くたびに、「どうやったらできるんだろ?」って、不思議でしょうがなかった。

生きづらさを抱えていたころは、落ち込むことや不安なことは2〜3日引きずるのが当たり前だったから。

それが今では、私も寝たら忘れる派になったの!!

ネガティブ思考を克服できた理由は、脳の仕組みを知ったから。

脳の仕組みといっても、とても簡単で

  • 意識したものを強化する
  • 否定形を理解できない

この2つだけ知っていれば、ネガティブ思考とおさらばできるよ!!

それじゃあ、説明していくね。

落ち込んでも寝たら忘れる人への憧れ

私はずっと、嫌なことや落ち込むことがあると2〜3日引きずるのが普通だった。

  • あんな言い方しない方がよかったかな
  • もっとこうすれば良かった
  • あの人はなんであんなことするの?

こんなことを寝る直前まで考えて。さらに、朝起きた瞬間から

  • 体が重いな。飲み会行くんじゃなかった。
  • なんとなく気分が良くない。やっぱりあの人とは合わないの?

なんて、ダラダラ考えてた。

寝ても覚めてもネガティブ思考だった私は、

ももか
ももか
寝たら忘れる?落ち込んだことを忘れちゃうの?どういうこと!?

って、寝たら忘れる派の人が理解できなかった。 そんなとき、脳の仕組みについて知ったの。

なんと、ネガティブ思考を克服する方法は、たった2つの脳の仕組みを知るだけで良かった!!

ネガティブ思考の克服を妨げる脳の特徴とは?

ネガティブ思考の克服を妨げる脳の特徴は、次の2つ。

脳の特徴

  1. 意識したものを強化する
  2. 否定形を理解できない

意識したものを強化する

意識したものを強化するとは、「私はいつもネガティブ思考だ…」と意識すると、ネガティブ思考が強化されるということ。

特に、

  • 辛い
  • 怖い
  • 悲しい
  • 寂しい

といった感情は、感じてはいけないような印象があるでしょ。

だけど、「感じてはいけないと注意を払っている」ということは、既に「感じている」ということなの。

ももか
ももか
ショートケーキについて、絶対考えないで!

と言われると、白いクリームと真っ赤なイチゴが乗ったケーキを思い浮かべちゃうよね。

感情も同じなの。

悲しいとか不安という、ネガティブなことを考えないようにしようと思っているということは、既に感じているということ。

「感じないように、感じないように…」という状態は、下り坂で自転車のペダルを勢いよく動かす行為。

だから、ネガティブなことを考えちゃいけないと思うと、脳はネガティブな思考を強化してしまうの。

否定形を理解できない

さらに、脳は否定形を理解できない。

「考えてはダメ」も「考える」も、脳にとっては同じこと。

ネガティブ思考はダメなこと
 
と考えると、脳は「ネガティブ思考でいよう」と処理するわけ。
 

ネガティブ思考を克服するコツ

脳の仕組みがわかったところで、ネガティブ思考を克服するにはどうしたらいいか?

それは、ネガティブ思考を修正しようとしないこと。

意識したものを強化する脳の仕組みを逆手にとって、ネガティブ思考を放置すること。

「ずっとネガティブでいよう!」

ということではなく、ネガティブな思考に浸ることも無理に修正することもしない。

イメージとしては、頭の右斜め上45度くらいのところに、なんとなく

 
ネガティブな考えが湧いてきているなぁ。
 

とだけ意識しておくの。

原因を探すことも、解決しようともしない。放置する。

しばらくすると、脳が勝手に「この思考は不要です。削除します。」って消してくれるよ。

まとめ

ネガティブ思考を引きずるのは、変えられない性格だと思っていたのね。

寝たら忘れる派に憧れていたけど、「私とは別世界の人たちだ」とも思ってた。

ところが、脳の仕組みを知って、ネガティブ思考も無理に修正することをやめたら、いつの間にか、私も寝たら忘れる派になってた!!笑

考えちゃうのはしかたないことだから、自分を責めたり性格を変えたりする必要はない。

脳は、意識しているものを強化することと、否定形を理解できない特徴があるから。

頭の斜め上45度くらいに泳がせておくと、自然と「この思考は不要と判断し、削除します。」って消してくれるよ。

それじゃあ、またね。