お悩み相談室

お悩み相談室

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

当ブログでは、『無料お悩み相談室』として、記事にて回答する形の個別相談を受付ています。

主に取り扱うジャンルは、「仕事」「人間関係」「恋愛」「HSPHSS気質特有の現象」などです。

このページでは、利用方法として、

  • お悩み相談室を実施する理由
  • 回答の際に気をつけていること
  • ももかのアドバイスが合わない人

などをまとめました。相談室の雰囲気を掴む判断材料になればと思います。

自分の頭で考えられるからこそ消耗している人へ

お悩み相談室は、【生きづらさ解消を助けてくれたブログへの恩返し】という気持ちで実施しています。

私は、ずっと生きづらさを抱えて生きてきました。

悩んでいても、身近な人への頼り方や相談の仕方がわからず、いつもネット検索してたどり着くのは、誰かが心を込めて書いてくれたブログでした。

いまも決して、「生きやすい!楽勝!」と思うことはありませんが、生きづらいと思うことはなくなりました。(この世界で生きるとは、私にとって大仕事です。)

私を現在の状態にしてくれたのは、ネット上に有益な情報を載せてくれた、多くのブログの存在が大きいです。

だから、私もブログへの恩返しとして全力で情報を載せることにしています。その一環として、お悩み相談室を始めました。

頼り下手で相談下手だけど、自分の頭でしっかり考えて積極的に行動できるがゆえに、1人でグルグルと自己嫌悪に陥って、どんどんお金も時間も精神も消耗している、あなた。

そんな、あなたに、新たな気づきへの「ヒント」をお渡しします。

回答で気をつけていること

私が、お悩み相談室で回答する際に気をつけていることは、次の2点です。

回答で気をつけていること
  1. テクニックよりも考え方を届ける
  2. 違和感を抱いた部分は正直に伝える

テクニックよりも考え方を届ける

HSPは、心優しいので相手の考えを優先してしまう傾向にあります。

私のように発信している人が力強く「こうすればいいんだよ!」と言えば、HSPは腑に落ちなくても納得しようとするでしょう。

生きづらさを抱えている場合は、特に「理解できない自分の考え方がいけないんだ…」となる可能性が高いです。

相手の中にある正解を探そうとして、自分の素直な考えを閉じ込めてしまうんですね。

そんな状態の人に、テクニックでガチガチのマニュアルを渡すことは、視野を狭め思考停止を招く行為だと、私は考えます。

一時的な気休めではなく、いつでもどこでも自分で応用して再現できる、自信と経験を重ねて欲しい。

だから、テクニックよりも考え方を優先して届けるように意識しています。

HSPは小さな石を投げただけで、静かに美しく広がる波紋のような思考を持っているのです。

だから、考え方をお伝えして、その後は相談者さんの感性に任せて思考を展開してもらった方が、良い結果になりやすいです。

違和感を抱いた部分は正直に伝える

私の承認欲求を満たすだけなら、気持ちを全て肯定して、耳障りの良い言葉を繰り返して「ありがとう!」と言ってもらうだけでいいんです。

ですが、私は、あなたが負のループを抜け出すために、大切なことに気づいてくれる方を選びます。

だから、相談内容で違和感を抱いた部分があれば正直にお伝えします。

一方的なやりとりで抱いた違和感なので、本意ではないことを指摘してしまう可能性もあります。

だけど、対面の相談で得た経験からも、「違和感を抱くところが、解決のために1番大事なポイント」だったりするので。

私の感性を信じて、些細な違和感を素通りせず、あえて深掘りする方向にしています。

そして、心をザワつかせて思考を深めてほしいために、『欲しそうな答え』よりも『必要な答え』をお渡しするスパルタな回答もします。

論破したいわけではなく、背中を押す時期だなと思う人には、「少し勇気を出してみない?」と、ご提案したいのです。

ももかのアドバイスが合わない人

次のような方は、私のアドバイスがしっくりこない傾向にあります。

ももかが合わない人
  1. 批判的な人
  2. マニュアルが欲しい人
  3. 自分の正解と違う答えを受け入れられない人

人間誰しも悩んでいるときは、批判したくなったり答えを丸投げしたくなったりします。

誰でも持ち合わせている傾向なので「こんな状態では投稿したらダメかな?」と不安にならないでくださいね。

実際にアドバイスをもらってから「全然しっくり来ないじゃん!」と残念な気持ちにならないために、最初にお伝えしています。

過去の回答を紹介する場合

既に同じような内容で回答している場合は、過去の記事を紹介する場合もあります。

簡単に済ませようとしているわけではなく、

  • ブログが似たような内容で埋まってしまうことを防ぐため
  • 他の人の相談内容を見ることで客観的に考えることができるため

このような意図があります。ご理解いただきますようお願いいたします。

アドバイスという選択肢

他人のブログに自分の感情を掲載することは、とても勇気がいることだと思います。

  • SNSで不本意にシェアされたらどうしよう
  • こんな変な相談したら迷惑かな
  • そもそも文章書くの苦手

などなど、色々考えて手が止まってしまうHSPも多いでしょう。

私も人に相談することが苦手なタイプなので、「もう少し自分の力でやってから…」とか考えちゃうんですよね。

でも、『相談する』というのは、アドバイスという選択肢をもらうだけで、最終的に取り入れるかは、あなた次第です。

少しでも「行き詰まったな」と感じているなら、投稿してみてくださいね。

お悩み相談室に投稿する