境界線(バウンダリー)

一人の時間は欲しいけど孤独感がつきまとう…HSPだと気づいた人がスルッと1歩踏み出すコツ。

こちらは、ももかの無料相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

(ご相談はLINE公式アカウントで受け付けています。)

【本日のご相談内容】

私は昔から人と何か違うし、人といると疲れたり、会話を続けられない、苦手で自分はおかしいんじゃないかと悩んでいました。

最近、HSPと言う言葉に出会い、自分はこれに当てはまるんではと気づき少しは楽になりましたが、職場では馴染めず人の目を気にしすぎたり、会話に入れず浮いた状態です。

一人の時間は欲しいけど孤独感が付きまとい本当に憂鬱になります。

ももかさんでしたら、どういう考え方で毎日過ごすか教えていただけるとありがたいです。

ご相談ありがとうございます♡

おそらく、周囲に違和感を抱きながら、孤独に耐えて生きてきたんじゃないでしょうか?

ここまで、よく頑張ったね。

そして、今はHSPという言葉に出会って、生きづらさの原因が少し解明された状態かな!?

だけど…..相変わらず現状は何も変わらず、どうしたらいいかわからない。

と言った感じに見受けられました。もどかしいね。

そこで今回は、「生きづらい原因はHSPだからか!」と気づいたあとに、スルッと次の1歩が踏み出せるようになるには?

というテーマで、私の考えをお伝えします。

HSPだと気づいたら最初にやること

生きづらさの原因がHSP気質だと気づいた人には、まずやって欲しいことが2つあるの。

HSPだと気づいたらやること
  1. どんな状態の自分も存在していいと認める
  2. どんな状態の相手も存在していいと認める

自分も相手も、「いまの状態を認めてあげる」ことから始めてみて。

どんな状態でも認めてあげることは、個人の境界線を作るために必要な自己肯定感を高める基本なの。

そう、まずは自己肯定感を高めることから始めよう。

どんな状態の自分も存在していいと認める

自己肯定感とは、何もしなくても自分には価値があって、周囲に受け入れてもらえると無意識レベルで納得できる感覚のこと。

だから、「どんな状態の自分も存在していい」という感覚を心の奥に浸透させることが、生きづらさ解消の最初の1歩だよ。

自転車の乗り方を覚える前に、自転車に乗っていいんだと許可してあげるようなもの。

あなたが言ってたことを振り返ってみると、

  • 職場に馴染めない自分には価値がない
  • 人の目を気にしすぎるのはダメなことだ
  • 一人の時間は欲しいけど孤独になるなんてワガママな悩みだ
  • 人といると疲れると思ってはいけない
  • 会話は苦手だし続けられないのはカッコ悪い
  • 会話に入れなくて浮いてると誰かに迷惑をかける

こうやって、自分で自分をいじめていることになるの。

まるで、弁護人のいない裁判で被告人がメタメタにされているみたい。

もしも、親友が同じことを言って自分をいじめていたら、どう声をかけてあげるかな??

「つらいね、私も同じだからわかるよ。」の後に、どうやって励ましてあげる??

あなたが親友のことが大好きで、親友のキラキラした笑顔にいつも救われているとしたら??

  • そんなあなたでもいいんじゃない?
  • 私は良いところたくさん知ってるよ
  • 誰も迷惑だなんて思ってないよ
  • 私は、あなたがいてくれてよかったと思うよ

こうやって、優しい言葉をかけてあげたいと思うんじゃないかな?

同じ言葉を自分自身という大親友に伝えてあげて欲しいの。

生まれてからずっと、誰よりも長い時間あなたと一緒にいて、つらいことも楽しいことも同じように感じてきた大親友。

それが、あなたの中のもう一人のあなた。(潜在意識や、インナーチャイルドとも言う)

これまでは、表に出てきているあなたが、心の奥の方にいるもう一人の大親友の口を塞いで「あんたなんか、ダメなやつ!!静かにしてて!!」って、いじめ続けてきたの。

だからさ、ずっとずっとそうやって、一人で自分をいじめ続けて頑張ってきたんだから。

HSPだと気づいたらもう、大親友を救ってあげて欲しいの。

どんな状態の相手も存在していいと認める

自分の中の大親友の声を素直に受け止めて、表に吐き出していくことが、自己肯定感を高める第一歩。

それと同時に、職場の人や家族や恋人なども、どんな状態でも存在していいんだと認める練習を始めてみて。

個人の境界線(バウンダリー)は、自分は自分、他人は他人と思えるようになることで、より強く厚くなっていくの。

そうすると、人間関係も今よりずっとスムーズに楽しめるようになるよ。

境界線については、オススメの本があるから、詳しく知りたいなら読んでみて。

境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー「バウンダリー」が全部わかる本を紹介!

制止
境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー「バウンダリー」が全部わかる本を紹介! 今回は、人の顔色を気にして疲れてしまうHSPのために、「境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー」という本を紹介するよ! 家族や同僚...

きっとね、最初は相手の状態を素直に認められない。

  • なんでもっと気遣ってくれないの?
  • 話し方が怖くて私には合わない人だ
  • いつも批判ばかりしてうんざりする

こうやって、相手を評価しようとする自分に気づくはず。

なぜなら、「私はいつも周囲の誰かによって傷つけられる存在だ」と思っているから。

自己肯定感が高い人は、自分は周囲に助けてもらえる存在だと思っています。

逆に自己肯定感が低い人は、自分は誰かに傷つけられる存在だと思っています。

引用:自己肯定感が高い人と低い人の決定的な違いとは?

heart
自己肯定感が高い人と低い人の決定的な違いとは?アーロン博士によると、自信には4種類ある。「自分に自信がない」と漠然と思っているだけでは、状況は何も変わらない。自己肯定感が高い人は「自分を信じる」ことができると同時に「自ら信じる」ことができる人とも言えるの。HSPが自信をつけるには、「こんな自分にはなりたくな」という自分になってみることも有効だよ。...

よく勘違いしている人がいるんだけど、自己肯定感が高まるから自分を好きになれるんじゃないの。

どんな状態でも、自分と相手の存在を受け入れることができると、自己肯定感が高まる

自己肯定感が高まると、どんな状態の自分も相手も受け入れることができる

結果的には、自己肯定感が高いと、どんな状態の自分も相手も受け入れられるようになる。

だけど、厳密には「先に受け入れることで自己肯定感の土台が作られる」という順番なの。

もし「私にはそんなことできない」と思うなら、まだ今の状態でいる方が、あなたにとってメリットが大きいだけ。

現状がつらくても変わらずに何もせずに悩んで小さくなってる方が、殻を破って変わろうと挑戦するよりもリスクは少ない。

「心の声を素直に聞いてしまったら、誰かに迷惑をかけるかも」という不安を払拭しないといけないからね。

誰かを基準にしている限り、孤独感は永遠になくならない

なぜ、HSPだと気づいたら個人の境界線を強化して、自己肯定感を高める必要があるのか?

理由はね、自分の評価を「周りの誰か基準」にしている限り、孤独感は永遠になくならないから。

幸せの青い鳥と一緒だよ。

「私は今のままでは幸せになれない。もっと良くならなきゃ。」と思っている限り、いつまでも幸せになることはできない。

HSPという概念は、あなたがあなたのまま輝くことを後押ししてくれるもの。

多数派の外向的な人のように、ガンガンお喋りしたり、寝る間も惜しんで遊んだり。

カラオケに行ったり、バーベキューしたり。流行りのゴシップネタや誰かの噂話で盛り上がったり。

そういう、みんなが当たり前に楽しんでいることが、どうしても楽しめなくてもいいの。

繊細で敏感な人は、繊細で敏感な感性のままで人生を楽しんでいいんだよ。

HSPという概念は、20%の少数派の素晴らしい価値観を持った人たちが、「そのままで生きていいんだ」と思える考え方なんだよ。

だからね。あなたも、今までずーっとひとりで頑張ってきたでしょ?

みんなと何か違うなと思いながら、そんな違和感さえなかったことにして、一生懸命みんなと同じになろうと努力してきたでしょ?

もう、いいんだよ。あなたは、あなたのままでいいの。

お喋りが苦手だって。一人でいるのも、みんなといるのも、両方好きだっていいの。

人の目を気にしちゃう自分がいたっていい。落ち込みやすくてもいい。

それでも、あなたはすでに十分素晴らしいの。他の誰かみたいにならなくても、そのままで生きていていいの。

HSPを知ったということは、「みんなと何か違う自分」を心の底から大切にしてあげる時期が来たということなんだよ。

心地よい「人、物、場所」を徹底的に考える

できることと、できないことがあっていい。得意なことと、苦手なことがあっていい。

それが、あなただから。それは、あの人も同じだから。

ありのままの自分と相手を認めてあげる練習をするために、リラックスできる環境で、次の3つを徹底的に考えてみて。

自分軸で考える練習
  1. 私はどんな人といると心地よい?
  2. 私はどんな物に囲まれていると心地よい?
  3. 私はどんな場所にいると心地よい?

心地よい「人・物・場所(環境)」について、徹底的に考えるの。

そもそも、心地よいとはどんな感覚か?から考えないといけないね。

心地よいとはどんな感覚で、その感覚が得られるのは、どんな人といるとき?どんな物を持っているとき?どんな場所にいるとき?

すぐには、しっくりくる答えが見つからないと思う。3ヶ月以上かかって、やっと「あー、私やっぱりコレが好きだわ」ってわかることもある。

明確に言語化できるまでは時間がかかるけど、確実に自己肯定感と個人の境界線(バウンダリー)は強化されていくよ。

このワークのポイントは、「私」を主語にしていること。

ノートに書き出す際には、必ず「私は〇〇〇〇な人といると心地よい」と、私を主語にして書いてね。

今まで、どれだけ「私は」と自分を主語にして物事を考えていなかったかもわかるよ。

自分らしくいられる環境は自分で作る

HSPと気づいたら、まずは自己肯定感と境界線(バウンダリー)を強化していこう。

最初から完璧じゃなくていいの。自分らしくいられる環境は、自分自身の手で少しずつ育てるものだよ。

誰かが与えてくれるものじゃないし、何もせずに今いる環境が魔法みたいに快適になることもない。

こうやって話すと、とても大変な作業に聞こえるけれど。実際は、結構あっさり手に入る。

現状からスルッと1歩抜け出すには、自分の中の大親友の声を素直に認めてあげること。

最初は蚊の鳴くような小さな声だけど。あなたが、注意深く耳をすませば必ず届く。

そして、心の中の大親友の声に従って、心地よいと感じる「人・物・場所」を集めてみて。

世界がガラッと変わるから。

大丈夫、あなたは今のままで十分素晴らしい。自分の思い通りに生きていい。

できることと、できないことがあっていいんだよ。あの人と同じようにね。

関連記事

個人の境界線(バウンダリー)を作る8つの方法♡ポイントは「怖れ」の克服

「HSPを知っても悩みが解決しない!」個人差に沿って行動する大切さ♡

お悩み相談室は、LINE公式アカウントに友だち登録をすると参加できるよ。▷ももかのLINE公式アカウントについて

過去の回答はこちら▷お悩み相談室バックナンバー