恋愛

同じ気質の彼氏ができました【HSS型HSP】

こんにちは、ももかです。

いつも当ブログを読んでくださって、ありがとうございます。

この度、同じHSS型HSP気質を持つ方とお付き合いすることになりました。わーい!!

今回は、ダラダラと取り止めもない感じで、気づいたことをまとめていきますね。

最初は、参考になるように綺麗にまとめようと思っていたのだけど、恥ずかしさが増して全然書けないの!!

なので、構成とか何も考えないまま書くという、ゆるゆるスタイルでやらせてください。照

この記事は、【ももかの恋愛奮闘記】でもあります。前回の気づき、恋愛と仕事が上手くいかない本当の理由が「家族のトラウマ」だと気づいた話も、一緒に読んでみてくださいね。

内面を知っているところからスタートできた

彼とはこのブログがきっかけで知り合ったので、初対面の時点でお互い同じ気質であることを理解した状態で、関係をスタートすることができました。(今も当ブログの読者です)

ブログに全部書いてて良かった〜笑

私は見た目と中身のギャップが激しくて、さらに中身は両極端な2面性があるので、今までは、普通に出会った男性に内面を理解してもらうことが結構難しかったんです。

また、自分の気持ちをパッと言葉にすることが苦手で、こうして1人で集中して文章にしないと、なかなか人に伝えられない習性があります。

だから、「伝えたいことが伝わっていない感」を抱くこともあって、しかも相手が気に入っている面しか見せられない気がしていたので、恋愛をこじらせていました。

サバサバした内面に寄せた方がいいのかと思って、髪型とか服装とかをクールな感じにしたら、頼れるカッコいい女性を求められるので。内面の極端に繊細で脆い部分がわかると「思ったより面倒」となってしまうし。

見た目の控えめで癒し系っぽい方に寄せようと思っても、言葉の節々に『理論的でクールに毒を吐く部分』が滲み出てしまいます。また、基本的に群れない媚びないタイプなので、「見た目の割に中身は可愛くないな」となるんです。

その悩みが、まさかブログで解決するとは!!!!

今まで、勇気を出して色々告白してきて良かった!!!!

出会ったときに、彼がどこまで読んでいたかは、わかりません。でも、ある程度私の内面を知っているという事実があったので、その後も安心して自分のことを話せるようになりました。

(ブログやSNSに色々書くことは、私のメンタルの安定につながっているから、ここを理解してくれるのありがたいね。)

初めて自分の顔を可愛いと思えた

恥ずかしいんですけど、彼のことを好きだと自覚した日の朝、いつものように鏡を見ながら出かける準備をしていたら、突然「あれ?私、なんか可愛くない?」と思ったんです。

今までみたいに、必死に外側を取り繕って鎧を纏った感覚ではなくて。

鏡に写った自分を1人の女性として客観的に見ている感じで、「え!?こんな可愛く笑う子だったの!?」という驚きでした。

生まれて初めて、自分の顔を素直に「可愛い」と思えたんです。それからというもの、鏡で見る自分の顔が好きになりました。

今まで、見た目のせいで思うように男性と距離感が掴めないんだと思ってきたし、それは顔も体も同じです。

非嘔吐過食という自傷行為を繰り返したのも、何かのストレスをきっかけにして、好きになれない自分の体に八つ当たりするためでした。

それがね、まず自分を大切にしようと工夫して、その後に目の前の人も同じように大切にしようと決めたら、今度はまた「大切にしたい」という感覚が自分に戻ってきたの。

非嘔吐過食を克服して痩せたのもあるかもだけど、今は自分の顔も体も好きです。

HSS型HSPは飽きやすいから恋愛が続かない問題

お悩み相談室でも何度か相談にあがっていた、「HSS型HSPなので飽きやすく、恋愛が続きません」という問題。

これに関しては、私はまだ何も証明できていないから、「こう思っているよ」ということしか言えないんだけどね。

私も今までは【愛情の確認行為】から、ゲームみたいな恋愛をしてきて、確かに付き合ってもすぐに別れていました。

思うように距離感を掴めない事実を見たくないから、仕事に逃げてしまって、「俺がいないくてもいいじゃん」とか言われたりね。

でも今は、そもそも「目の前の人ときちんと向き合って、長く大切にできる恋愛をしよう」と思っていたので、刺激よりも安心感を大事にして選ぼうと最初から決めていました。

今回の経験でわかったことは、彼氏にするなら一緒にいるときにゆったり呼吸ができる人がいい!!

最近の傾向を振り返ってみると、一緒にいて「楽しいな」と思う男性といると、体に変な力が入らないことに気づきました。

引用:外人にストーカーされて悔しいから教訓を考えた

(↑ストーカー事件は本当に恐かったけど、このとき心に誓った)

結果的に、お互いHSS型HSPということで、刺激もたくさんもらえるんですけどね!

何が言いたいかというと、「飽きて別れるのが怖い」というのは、自分の不安感からくるものなので。不安は放置していれば、いくらでも湧いてきますし、そこに拘っていても現実は何も変わらないのです。

だったら、今感じている「好き!」という感覚を大切にして、『お互いを尊重しながら続けていくために、私に何ができるか?』を考えた方が楽しいなって。

HSS型HSPじゃなくても、恋人同士じゃなくても、長く付き合っていたらマンネリ化する時期だってあるじゃないですか。でも、大切にしたいから、一緒にいるための努力をするんですよね。

きっとね、「飽きたらどうしよう」という不安は、「傷つきたくない」のカモフラージュだと思うよ。

まとめ

自分で書いていて「すご!!!」って思ったんだけど。

【恋愛が長続きしないのは「愛情の確認行為」のせいだった!?】の記事で、恋愛を楽しいと思ったことがないと気づいたことを書いたのね。

そのときに、「一緒にいると、いつもより笑顔が多くなったり、『好き!!』って思わず言っちゃうくらい、大好きな人と結ばれる恋愛をしよう!」って宣言していたんです。

そしたら彼と出会って、付き合うことになって、今楽しい!!

書くと実現しやすいって言うけど、威力がすごくてビックリしてる!笑

それじゃあ、またね。

▷私の恋愛奮闘記は、ここから始まりました【少数派な内面を隠すために、万人受けする見た目で愛されようとしていた