転職

HSSの転職に潜む「新しい経験」の落とし穴とは?

今回は、HSPHSSが転職する際に気をつけてほしいことをお話しするよ。

新しい経験を求めて転職するときは、次の3つが大切。

  1. 好奇心を満たすこと
  2. 刺激をコントロールすること
  3. 資金面の余裕が加わること。

HSS気質の問題点や、具体的な対策についても解説するね。

それじゃあ、詳しく見ていこう!

HSSはハードルを上げすぎる

HSS気質を持っている人は、自分の能力を過信する傾向にあるの。

好奇心旺盛で行動的な面は、社会からも受け入れられやすく、HSS本人も「アクティブに動いている自分が好き!」と思っている。

新しい経験が大好きなHSSが転職する理由も、

  • 未知の世界を経験してみたい
  • 今いる職場が退屈だから

など、好奇心を満たすことが優先されるの。

だけど、HSP気質も持っているから刺激を受けすぎて体調を崩す。

HSSが繊細さを抑えて行動的になってしまうのは、こんな心理が原因。

HSSがハードルを上げる心理
  • 明るく行動的で仕事の成果も出せる方が社会で有利
  • 社交的じゃないと受け入れてもらえない気がする
  • 疲れやすく気にしすぎるなんて認めたくない
  • 人といるのが楽しいから疲れやすくてもしょうがない

HSSの心の奥には、「バリバリ仕事をこなす外向的な自分が魅力的!」という理想像が出来上がってしまう。

仕事ができることが、自分が社会に存在するための条件なんだと思っていると、ついついハードルを上げすぎちゃうの。

新しい経験がしたい気持ちに負ける

HSSは新しい経験が好きだから、好奇心に負けて転職することも多い。

ワクワクしていたのも最初だけ。刺激を受けすぎて体調を崩して自己嫌悪に陥る負のループを繰り返すの。

HSPHSS
HSPHSS
やっぱり、刺激の少ない仕事がいいのかなぁ。でも絶対飽きるし。

せっかく転職したのに仕事が続かなくて、好奇心が悪者になってくるのね。

だからって、新しい経験をしたい気持ちを我慢しなくていいの。

だって、好奇心とは、未知のこと・わからないことを知りたいと思う気持ちだから。

HSSにとって、給料が下がっても過酷な環境になろうとも、転職して新しい経験ができるという報酬が1番嬉しい。

新しい仕事を探すときって、最高にワクワクするよね!!

HSP気質に関しては「繊細さは才能だから、改善するのではなく上手く付き合う方法を探そう」とよく言われてるよね。

気質は、持って生まれた遺伝子の情報だから、なくすことはできない。

HSS気質の特徴は、好奇心旺盛で行動的なこと。

知りたい!経験したい!やってみたい!と思う衝動を抱きやすい脳の持ち主だから、「たいくつするな」と言うのも、無理な話。

「余裕♪」で実現できることをしよう

HSPHSSのやっかいなところは、行動的だけど疲れやすいこと。だから、「余裕♪」と鼻歌が出ちゃうくらいの気持ちでできることを探そう。

HSPHSS
HSPHSS
あと1時間くらい作業できそうだなぁ。まだまだ余裕じゃん!

作業するにも、スケジュールを組むにしても、腹八分目くらいにしてみよう。

この方法は、限界を超えて仕事をすることに慣れてしまった人にオススメだよ。

HSPHSSは、疲れやすい自分を後回しにして、ついつい限界を超えたくなる。その気持ちをコントロールできるようになるといいね。

衝動をコントロールするには、余裕を持たせるためのルールがあると便利だよ。

  • 定時になったら、仕事が残っていても帰る
  • 残業は1時間だけと決める
  • 仕事を依頼されても、即答しないと決める
  • 1日のタスクは3つまでに限定する

もちろん、仕事にはイレギュラーがつきもの。完璧に守れなくても大丈夫。

基準を作ることの効果は、「これ以上やったら体調に影響が出る」という感覚をつかめること。

自分にとっての最適な刺激の量を知ると、たまに仕事量を増やしても大きな影響は出ない。

今ある資金で新しい経験をしよう

最後に、新しい経験が大好きなHSS気質の落とし穴「お金」について。

HSPHSSが転職するときは、

  1. 貯金があるか
  2. 収入が上がるか

について、よく考えてみて。

行動に移す基準として、今ある資金でできることを選ぶのも大事だよ。

私が転職ジプシー時代に優先していた仕事選びの条件は、「新しい経験ができるなら、収入が下がってもいい。」ということ。

今やりたい、思い立ったらすぐやりたい、我慢して先送りにするのがストレス!!

だから、生活がギリギリでも転職したり。フリーランスになりたくて、借金して高額のセミナーに申し込んだり。

結果的に生活できなくなって、家賃払えなくなっちゃった。笑

浪費グセから、衝動買いが多いことも原因なんだけどね。

私の例は極端だとしても、新しい経験をするときに生活が保障されていると、大きな安心材料になる。

新しい経験がしたい

お金がなくて生活がギリギリ

休んだら生活できない危機感が常にある

やりすぎて体調崩す

これは負のループ。

新しい経験がしたい

収入が減っても生活できる資金の余裕がある

たまに休んでも生活に支障はない

自分のペースでやりたいことができる

こういう流れになれば、生活の心配をせずに新しいことに挑戦できるよね。

資金の余裕は心の余裕!!大事だよ!!

まとめ

  1. 好奇心を満たすこと
  2. 刺激をコントロールすること
  3. 資金面の余裕が加わること

この3つが揃うと、やりたいことをマイペースに続けていくことができるよ。

HSPHSSが転職で優先する「新しい経験」の落とし穴。意識してみてね。

それじゃあ、またね。