HSS型HSP

HSSの「やりすぎてダウン」を防ぐ!行動と休憩のバランスを取るには

こんにちは、ももかです!

HSS型HSPは、好奇心旺盛で行動的な気質ゆえ、どうしても「やりすぎて」しまい体調を崩しがち。

せっかく色々手をつけて形が見えてきたのに、ある日突然プツンと糸が切れたように動けなくなってしまう。

どうしたら、やりすぎてダウンすることを防げるのか?

今回は、HSSとHSPのバランスを取りたい人が意識すると良いことを紹介します!

やりすぎたときの習慣を思い出してみて?

HSS型HSPからよく受ける相談に、「HSPとHSSのバランスをどうやって取ればいいですか?」というものがある。

好奇心に任せてガツガツ行動し続けて、繊細で疲れやすい自分を疎かにしていない?

HSPとHSSのバランスを取って、やりたいことを続けるには「やりすぎ」のサインをキャッチできるようになる必要があるよ。

やりすぎのサインは、人それぞれ違うんだけど、見分けるポイントがある。

無理やり体を動かそうとするときの習慣を探す

やりすぎたときに、ついつい取ってしまう行動があるはず。

自分の習慣を振り返って、無理やり体を動かそうとするときに、どんな行動を取る傾向にあるのか把握しよう。

アドレナリン全開のときは理性が効かない

HSSの行動的な部分が全面に出ているときは、アドレナリンがバンバン出ていて、「なんだか、どこまでもイケそうな感じ!!」とワクワクが止まらない状態なのね。

やりたい!行動したい!と、エネルギーが湧き出てくるから理性なんて効かないでしょ?

疲れているな、寝不足だな、と思っても多少の期間なら、アクセル全開で体を動かすことができるよね。

好奇心がガソリンとなって行動を後押ししているときに、「何も考えずぼーっとする時間も必要だよね」と思って休憩しても、頭はグルグル働き続ける。

そして、睡眠時間はどんどん短くなり、家にいる時間も少なくなり、気づいたら刺激を受けすぎて脳はオーバーヒートする。

だけど、アドレナリンは疲労を感じさせないから、本人は体が悲鳴をあげていることに気づかないのね。

好奇心が刺激されているときに理性を働かせるのは、結構難しい。

だから、HSSとHSPのバランスを取るために、やりすぎたときの習慣(行動)を観察して先回りして対策を用意しておくと、自爆を防げるよ。

コーヒー飲んだら「おやすみしよう」のサイン

私の「やりすぎ」のサインは、コーヒーを飲み始めること。苦いのイヤだから、普段はコーヒーより紅茶派なのね。

だけど、アイディアがどんどん浮かんできて睡眠不足が続くと、頭がスッキリする感覚が欲しくてコーヒーを飲み始める。

そんな自分に気づいたら、「やりすぎてるな。今日は作業しないで早く寝よ。」と、やりたいことがあっても休息を優先する。

ワーカホリックだった頃は、カフェオレを毎日飲んでたの!(ブラックは飲めなかった。)

仕事が立て込んでくると、朝カフェオレとリポビタンD飲んで、夕方にまたカフェオレとレッドブル飲む、みたいなカフェインにまみれた生活してたの。

一時的には、頭がスッキリしてテンションが上がるんだけど。

眠りも浅くなるし、カフェインが抜けたときの脱力感がすごいから。HSS型HSPを受け入れて低刺激な生活に切り替えたときに、コーヒーを飲む習慣をやめることにした。

そんな経緯があるから、やめたコーヒーに再び手を出し始めたら「やりすぎ」のサインとしてる。

自分を分析して、カフェインで頭をスッキリさせて、無理やり体を動かそうとしているんだとわかったから。

カフェインに頼らないと頭をスッキリできない時点で、既にやりすぎってこと。

私はカフェインが効きすぎる体質みたい。

コーヒーやエナジードリンクは、飲むとお酒飲んだみたいにハイになって、集中力も上がるのだけど。

動きすぎた反動で、次の日起きれないくらいの離脱症状に陥る。そして、ダルさを解消しようとコーヒーを飲む無限スパイラル。

コーヒー苦手なのにね。

行動が続いたときこそ休憩のサインを大事にしよう

どうしても、HSSは「やりすぎ」の傾向にある。

好奇心旺盛で行動的な気質なので、動くことを抑えるのはストレスになるから。

やりすぎたときに、自分がどんな行動を取るのかを観察して、休憩のサインを見逃さないようにしよう。

行動し続けられるときは、アドレナリンがバンバン出ていて、気分的には「どこまでもイケそう!」な状態になるのだけど。

気持ちとは裏腹に体や脳には、確実に疲労が蓄積されている。

どうやって休憩するのかも、事前にリストアップしておくと、理性が効かないときでもストレスコントロールができるよ。

まとめ

HSSの行動的な面と、HSPの疲れやすい面のバランスを取るには、「やりすぎ」のサインを見つけることが効果的。

体を無理やり動かそうとするときに、どんな行動をとっているか振り返ってみて。

行動自体を抑えようとするのではなく。

やりすぎてしまうことも、気質だから変えられない。それに、「限界を超えたい」と思うのもHSSだからね。

やりすぎているときの習慣を見つけて、ストレスをコントロールできるようになると、ダウンせずに行動し続けることができるよ!

それじゃあ、またね。

個別の相談はこちらから

お悩み相談室受付窓口ももかのLINE公式アカウントについて

ブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー

関連記事