人間関係

「自分がどこにもいない気がして怖い」の原因

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

私はずっと、人生にしっくりこない感じがしていて、仕事も人間関係も、がむしゃらに頑張っているのに、いつも心にポッカリ穴があいた感覚を持っていました。

両極端な2面性を持った自分が扱いづらくて嫌いで、何をしても自信が持てませんでした。そんな生きづらさを抱えていたころ、何度も同じような感覚に襲われることがありました。

今回は、境界線がなく他人軸で生きていたときに、定期的に襲われていた感覚について、当時を振り返りながらお話しますね。

自分がどこにもいない気がする

私が定期的に襲われる得体の知れない感覚について、じっくり掘り下げてみようと考えたのは、それまで抱えていた仕事を全部辞めたときでした。そして、「自分でじっくり判断したかったんだ。」と気づきました。

HSPからよく聞く「自分がどこにもいない感じ」というのが、まさに私も定期的に感じていた感覚です。

流れの早い川に投げ込まれて、どこも掴む場所がなくて、息ができなくなって溺れてしまいそうな恐怖が、何度も襲ってくるのです。

日々の出来事の1つ1つを吟味する間もなく、すごいスピードで流れている感じで、私が置いてきぼりになっている気がしていました。

しかも、潜在意識では、もがくのを辞めたら溺れてしまうという恐怖も持っていたので、休まず頑張るしかなかったんですね。

仕事に押しつぶされそうになりながら、求められたり期待されると、自分が消えてしまいそうで怖かった。毎日「アレやって」「コレやって」と言われて。

食事も、毎日「アレ食べて」「コレ食べて」って頭使って考える。好きなもの、健康にいいもの、お昼だから、夜だから、休憩だから、…

そして、1つの疑問にたどり着きました。

そこに私はいるの?

確かに、私の「自分がどこにもいない感じ」という感覚は正しかったのです。正確には、自分の意思がなかったんですね。

毎日毎日、自分の意思じゃない何かに操られているような感じがして、何かにしがみついていないと溺れそうで怖くて、そんな息苦しさから抜け出したかったんです。

操り人形だった

私は、自分を感情も意思も失った操り人形みたいだと思いました。社会の風潮でなんとなく常識とされている

  • 幸せや不幸の条件
  • これを知らなきゃおかしい
  • これができないのは大人じゃない

こういった、誰が決めたか知らないルールに、自分の意思なく流されている自分にうんざりだった。

だから、「仕事して稼がないと価値がない」と思いながら、「お金なんてなくてもいい!仕事なんてなくても私は私なの!」って思いたかったんです。

自分軸も境界線もなかったので、誰かが決めた基準にしがみつくしかなかったんですね。その基準が、本当に自分が欲しているものなのかを疑いもせずに。

誰かの意見がないと欲しいものが決められない

自分の意思がなく、操り人形だったことに気づき、「毎日幸せ、私は私のままで価値がある。仕事できなくても、頑張らなくても価値がある。この世界にいていいんだ。」と思えるようになると、また新しい感情が湧いてきました。

それは、「何かを欲することは悪いこと」という自分です。

あるとき、新月に願い事をすると叶いやすいと聞いて、ノートに書き出そうとしたのですが、全然浮かばない。

  • 何がしたい?
  • 何が欲しい?
  • どこに行きたい?

こういった、普通の人はパッと答えられそうなことも、全く考えたことがなかったんですね。誰の意見も聞かずに、やりたいことや欲しいものを選ぶことができなかった。

だから、いつも他人の意見にしがみついていないと、溺れてしまいそうな恐怖があり、自分がどこにもいない不安に襲われていたんですね。

まとめ

私はずっと、働くこと、食べること、人と関わることに悩んできて、いつも解決策を探して色々試してきました。でも、定期的に川で溺れそうな恐怖と息苦しさを感じていたんです。

そして、思いきって仕事を全部手放してみたら、「私は〇〇したい」と、自分を主語にして話すことが極端に少ないことに気づきました。

目の前の人と違う意見でも、「私は〇〇がしたい」と胸を張って言える勇気がなかった。

この事実に気付いてから、それまで少しずつキャッチできるようになっていた、好き嫌いの感覚に加えて、「やりたいこと」と「やりたくないこと」についても、注意深く観察することにしました。

そして、「頑張ることに逃げるためじゃなくて、人生楽しむために仕事したいな!」という結論になり、現在に至ります。

生きづらさ解消の第一歩は、自分軸がゼロの状態なんだと自覚して、少しずつ基準を作っていくことだと思います。

それじゃあ、またね。

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログ

Laughーラフー

関連記事