雑談

インディゴチルドレンと潜在意識の会話について「人間を楽しもう!」と思えた日の話

balloons

さて、今日はね、最近私が感じていること、考えていることについて、お話しようと思う。

これをお話するには、私がまだ「自分が面倒臭すぎて、扱い方がわからない」「自分が何者にもなれていない気がする」と思っていたところから、説明しなきゃいけない。

今日は、だいぶ変人な頭やばい系のネタな気がする。

でも、考えちゃうことは仕方ないよね。それが私なんだもん。ってことで、ついてこれる人だけ、最後まで読んでね。

「この人何言ってんの、なんかやばくない?」

って思ったら、すぐ読むのをやめて大丈夫だからね。

魂には「インディゴチルドレン」や「スターシード」と呼ばれる種類がある

さて、本題。

突然だけどさ、インディゴチルドレンって知ってる?

私もそんなに詳しくないんだけど、魂は転生するっていうでしょ。肉体が滅びたら、魂は次の肉体に宿る。

インディゴチルドレンは、転生が少ないか、初めて肉体を持った魂のこと。魂の色がインディゴ(深い青みたいな色)だから、そう呼ばれてる。

数年前に、HSPを調べていたとき、よく出会ったキーワードが「インディゴチルドレン」だったの。

当時の私は、とにかく自分に名前をつけたくて。自分が何者かわからないから、的確に表現する言葉を探していたのね。

それでインディゴチルドレンを知って、なんとなく「私もこれなのかなぁ」くらいに思ってて。

個人的には、占いとかスピリチュアル系は、納得いくまで原理や原則を調べたいタイプなの。

信じてないとか、否定するわけじゃなくて、興味があるからこそ。

どういう統計で、どういう歴史があって、なぜ今その考えが主流なのか。この辺まで理解できないと、知識として持っていたくないと思っちゃうのね。(既に変人。笑)

インディゴチルドレンについては、よくわからないことが多くて、あまり詳しく調べていなかった。だから、なんとなくの知識で説明しちゃう。

どうやら、生まれた年代によって「スターシード」とか「レインボー」と呼ばれる人もいるの。

すごくざっくり言うと、魂の中には人間に慣れているタイプと、人間に慣れていないタイプがいるってこと。

つまり、地球での生活に慣れているか、そうじゃないか。

インディゴ友達のAちゃんは、米津玄師さんがスターシードで、人間慣れしてない感じが可愛いって言ってた。

なんでこの話をしているかというと、最初はしっくりこなかった「私には人間慣れしていない魂が宿っている」ということが、ある日ストンって納得できたの。

最近は、もっとアクティブに「この世界を楽しもう!人間を楽しもう!」っていう気持ちになってる。

せっかく地球にいるんだから、何か人類のためになることをしたいよねぇ

なぜ、それまで半信半疑で「があったら暴いてやろう」くらいに思ってた、インディゴや人間慣れしてない魂について、納得できたのか。

それは、私にもわからない。

2年くらい前に、電車に乗っていたら「せっかく地球にいるんだから、何か人類のためになることをしたいよねぇ」って言葉が浮かんだの。

これもちょっと話が脱線するんだけど、ここ数ヶ月でだいぶ潜在意識との会話がスムーズにできるようになったんだよ。

大丈夫?ついてきてる??笑

ここで話を整理すると、伝えたかったのは次の2点。

  1. 人間慣れしていない自分の魂と肉体の扱い方について、だいぶ理解できるようになった。
  2. 潜在意識との会話が、昔よりスムーズにできるようになった。

あぁ、これで読者さん減るかな。笑

だけど、私がお話することで、誰かが「そういうこと考えてもいいんだ。私だけが変なこと考えているんじゃないんだ。」って思ってくれたらなっていう気持ちでいるから。 

さて、1つずつ消化していくことにしよう。

この世界は行動の星

まず、人間慣れしていない魂について。

ずっとずっと、どうやって生きたらいいかわからなかったし、自分がどこにもいない気がしていたのね。

だから、どれだけ褒められても、どれだけ成果を出しても、どこか他人事のような感覚があったの。

私が輝ける場所はどこかにあるって、本当の私を探し求めて。

それで、過食症になるくらい自分を追い詰めたり、起業に向けてがむしゃらになったりしたんだけど。

さっき話した「私は人間としての生活を楽しむために、肉体を授けられて、地球に遊びに来ている。」って考えると、なぜかしっくりくるの。

だったら、この世界で起こることを楽しまないと損だよねって。

魂とか宇宙とか興味がある人は、バシャールも調べてみるといいよ。

宇宙では、みんなテレパシーで会話しているんだって。考えたことは、一瞬で現実になる。時間とか言葉とかの概念がないの。

インディゴやスターシードと呼ばれる魂は、そのシステムに飽きて、

インディゴチルドレン
インディゴチルドレン
地球って行動の星らしいよ。望んだことは、すぐに叶わないんだって。

時間ってやつがあって、行動して待たないと手に入らないらしい。面白くない?

って感じで、人間として地球で生活することを選んだんだって。

潜在意識の声は自分を守る言葉 

次に、潜在意識との会話について。

潜在意識は、無意識とも言われているの。普段は意識することができない自分。

逆に顕在意識は、今こうして思考している自分。自分が認識できる意識。

心理学や脳科学の世界では、人間の意識の9割が潜在意識(無意識)と言われているの。  

普段意識できない潜在意識と、会話なんてできるの?

それがね、できるんだよ。  

この理論を詳しく説明しようと思うと、10記事分くらいになるから、今日はやめとくね。

気づかないだけで、普通にみんなやってること。夢は潜在意識が映像化されたものだしね。

夢分析は、夢から潜在意識を深掘りしていく心理療法。(夢占いと夢分析は別物。)

私は、高校生で適応障害になったときに、会話できるようになったの。そのときは、潜在意識と思わなくて「幻聴」だと思ってた。

潜在意識の声と幻聴の違い

幻聴は、否定的な自分を陥れる言葉が聞こえること。  

「お前なんか消えちゃえ」とか「存在する価値ないよ」とかね。聞きたくないのに反復する。

潜在意識の声は、突拍子もない自分を守るための言葉。

潜在意識の声は、突拍子もない自分を守るための言葉。

「もう頑張らなくていいんじゃない?無理することないよ」「こんなこと、やりたくないでしょ」みたいな感じかな。

なんとなく、ふと浮かんだ言葉がそれ。一瞬で消えちゃうことがほとんど。

これが、自分との信頼関係が強くなってくると、友達と会話するみたいにやり取りができる。

一例を挙げると、こんな感じ。

潜在意識 

「もう、いい子でいるの疲れたでしょ」

顕在意識 

「そんなこと言って、自分勝手に振舞ったら迷惑かけるし」

潜在意識

「やめちゃいなよ」

顕在意識 

「!?!?!?」

潜在意識はキーワードしかくれない。

「やめちゃいなよ」と言われた顕在意識の私は、「やめる?何をやめる?え、どういうこと?」って、自分の中から湧いてきた言葉にびっくりするわけ。

だけど、これこそが大事なヒント。このヒントをもとに、どれだけ行動できるかで現実が変わる。

そう、地球は行動の星だから。

なんだか、すごく長いし、まとまりがない話になっちゃった。

こんなことを四六時中考えている人がいるんだぁ、くらいに思ってくれればいいな。

 みんなも、自分の感覚や「気になる!」を大事にしてね。

っていうなんの根拠も説得力もない励ましを送ることで、今日は終わりにする。

それじゃあ、またね。