コミュニケーション

「それ、本音じゃないよね?」と直感でわかるのに、どうしようもできないモヤモヤの扱い方

こちらは、ももか(@momohsphss)の無料相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

【本日のご相談内容】

根はとても優しい同じような愛を持ってる人なのに、その人が今の立場上悪い人らの圧で身動きできなくなってる。

染められているのを本人が葛藤して苦しんでるけど、私は直感とかで分かるけど、言えないもどかしい気持ちや状況のとき。

自分のこの、もやもやの心とどう向き合い、どういう決断や自己決定をそのときにしたらいいか。

ももかさんなりに、何か対処法があれば教えて頂きたいです。 

ご相談ありがとうございます。

HSPは直感力に優れ、相手の表情や視線などから様々な情報を読み取ります。

すると、「あれ?この人本音と建前が全然違うな。」と、モヤモヤする状況によく遭遇するんですね。

相手の劣等感や苦しみに気付いて、なんとかしたいと思うけど、面と向かって言うのも傷つけそう….

誰かを見て抱いた心のモヤモヤの扱い方について、私の考えをお伝えします!

私の本音?相手の本音?

まずは相談者さん、おめでとう!

あなたは、自分の心の器を広げるチャンスを獲得しました!!

根はとても優しい同じような愛を持ってる人なのに、その人が今の立場上悪い人らの圧で身動きできなくなってる。

この相手の状況は、あなたが抱えている課題を現実化したものです。心理学では『投影』と言います。だから、直感でわかった相手の本音は、あなたの本音でもあるのです。

物の見方は全て主観的なものなので、自分がどうでもよければ気にならないはず。

自分が「こうあるべき」と思っているから気になるし、自分の中の正解に当てはめたくなるんですよね。

誰かを見て心がモヤモヤしたら、自分の思考の偏りを修正して器を広げるチャンスに変えましょう。

感情は想像よりも複雑にできている

HSPは直感力に優れていて、相手の本音と建前をすぐに見破ります。

さらに、正義感が強く(こだわりが強いとも言える)「本当はこうしたいんでしょ?なのに、なぜやらないの?」とイライラしてくることも。

だけど、人の感情はHSPが思っている以上に複雑にできているんです。

例えば、怒りは不安を隠すために生まれる二次感情だし、つまらなくても「楽しい」と思い込むことで、本当に楽しくなります。

もしかしたら、相手は無自覚のエンパスで、誰かの感情をコピーすることが日常茶飯事なのかもしれません。

エンパスの共感力をオンオフするテクニックをHSPが応用するには こんにちは、ももかです。 今回は、ローズ・ローズトゥリー氏の著書【エンパシー共感力のスイッチをオン/オフしよう】を読んだので、気...

直感で受け取った感情は、確かに相手の中に存在するものですが、いま目の前で葛藤している人は、葛藤することで身を守っているんです。

あなたが、本音を知りつつ言わないという状況を選択したように、相手も「悪い人の圧に屈する」という状況を選択しただけです。

優しさの押し売りは成長のチャンスを奪う

つらくて苦しい状況も、実は潜在意識で望んでいることが現実化しただけ。

相談者さんがモヤモヤしている状況は、自分の自己肯定感を高めて心の器を広げるために、とても重要な現象なんですね。

だから、ぜひチャンスを掴んでほしくて厳しいことを言いますね。

あなたが自分の劣等感羞恥心を相手に投影させて、「どうにかしてあげたい!」と奮闘したところで、相手には余計なお世話だったりするんです。

気持ちはわかるけれど、優しさの押し売りは、相手が成長するチャンスを奪うことになります。

大事なのは、相手の問題をどうにかしようとせず、ただ自分の心に染み付いた思い込みを修正することに集中することです。

あなたの考える

  • 愛を持っている
  • 悪い人に圧をかけられている
  • 悪い人に染められている
  • 葛藤している

というのは、状況に対する主観です。同じ状況を100人に見せてアンケートを取ったら、全然違う答えが集まる可能性が高いですよね。

悪い人だって、同じように葛藤しているかもしれません。

心のモヤモヤは器を広げる材料

誰かを見て感じた心のモヤモヤは、認知の歪みを修正するきっかけになります。

認知の歪みとは、極度に偏った考え方の癖のことで、次のようなものがあります。

認知の歪みの種類
  • 物事を白か黒、全か無に分けて考える
  • 一つか二つの結果や事実を見て、他のことも「全てこうだ!」と思い込む
  • 物事の悪い面ばかり目につく
  • 何でもない事やプラスなこともマイナスに考えてしまう
  • 一部の言動でその人がどう思っているか決めつける
  • 根拠もなしにマイナスな結論に飛躍する
  • 自分の悪い点や失敗を必要以上に大きく考える
  • 感情的に決めつけて物事を考える
  • 何かやるとき「〜すべき」と考える
  • 他人や自分に柔軟性のないイメージを持ち固定させる
  • 物事の責任が、本来責任のない自分にあると必要以上に考える

誰かの行動や状況を見て心がモヤモヤしたら、自分の思考パターンを振り返ってみましょう。

そして、他に違った捉え方ができないか、自分が気にしていることに関連づけていないか、などを考えてみましょう。

関連記事

直感で危ない相手だと察知したけど、色々考えて離れるか悩むとき

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

HSPHSSライフスタイルラボ