転職

転職経験3回以上の人にオススメ!「キャリアの棚卸し」で仕事選びを見直そう

コーヒーとペン

HSP
HSP
転職を繰り返しています。今回も、心と体を壊して退職します。

どうしたら仕事が長続きするのか、何なら楽しんで仕事ができるのか、わかりません。

ももかへのよくある相談の1つ。それは、「転職しすぎて何がしたいのか、わからなくなった」というもの。

HSPやHSSは、そうでない人に比べて転職経験が多くなる傾向にあるの。

そこで今回は、一緒にキャリアの棚卸しをしてみよう!

効果としては、次のようなものがあるよ。

  • こんがらがった経歴を整理できる
  • 確実にステップアップしていく転職に変える
  • 仕事に求めていることが一目でわかる

キャリアの棚卸しは、複数回の転職を経験している人にオススメ。目安として3回以上かな。

画像付きで解説しながら進めるね。

キャリアの棚卸しとは、職歴を書き出して傾向を把握すること

キャリアの棚卸しとは、簡単に言うと「職歴を書き出して、過去の自分と向き合う作業」だよ。

転職をしすぎて、「本当にやりたいこと」がわからなくなっている人にオススメ。

職歴なんて、履歴書で毎回書いてるし。なんで、わざわざ書き出すの??

キャリアの棚卸しで職歴を書き出す目的は、退職した理由をしっかり把握するため。

転職を繰り返しているけど、キャリアが積み上がらないのは、現実を正しく把握せずに仕事選びをしているから。

貯金ができない人が、収支を把握せずにお金を貯めようとするのと同じ。

仕事選びの傾向を把握することで、確実にキャリアを積み上げていく転職に変えることができるの。

そこで、履歴書では「一身上の都合で退職」と省略してしまう部分をしっかり見直すことが大事。

最初に大まかな流れを説明するね。紙やエクセルに、次のような項目を書き出すの。

  1. 始めた理由
  2. 仕事をする中で楽しかったこと
  3. 仕事をする中で辛かったこと
  4. 退職した理由

これまでに、どんな理由で仕事を選んで、何が嫌で退職したのか。じっくり向き合ってみよう!

実践:キャリアの棚卸しをしてみよう

わかりやすいように、画像を載せておくね。私が以前やったキャリアの棚卸しだよ。

キャリアの棚卸し

一応社名は伏せておいた。私はエクセルに打ち込んだけど、紙に書いても大丈夫。

それじゃあ、詳しくやり方を説明していくね。

最終的に項目が網羅されていればOKだから、細かい順番などは気にしない。

やりやすいようにアレンジしてもいいよ。

横軸に振り返る項目を記入する

まずは、横軸に振り返る項目を記入しよう。

キャリアの棚卸し
  1. 所属会社(社名)
  2. 業務内容
  3. 習得したスキル
  4. 仕事の実績
  5. 入社理由
  6. 退職理由

幅とか細かいことは気にせず、サクサクいこう!はい、次!

縦軸に入社・退社の年月を書く

画像の1番左側。縦軸に、入社と退社の年月を書く。その下に、何年続いたかを記入する。

続いた期間は、なんとなく把握できていれば、なくてもいいかな。

私は数字に弱いから、細かいところも計算して書いておかないと、イメージできないの。笑

項目に沿って、中身を埋めていく

最後に、項目を全て埋めよう。

キャリアの棚卸し

途中で部署異動があった場合は、分けて書いてね。習得したスキルには、資格なども記入しよう。

全体を見て、仕事選びの傾向を分析する

分析って言っても、難しいことはしなくて大丈夫。

私がキャリアの棚卸しをしてわかったことは、「組織に所属して協調性を求められることが苦痛。ひとりで黙々と興味のあることを追求できる環境が最高!」ってこと。

だってさ、真ん中の段見てよ。

「部長」とか「課長」って響きがかっこいい!なんか、仕事できる人って感じ!って思って、頑張って管理職になったのに。

会社の指示が増えたのが嫌で退職って…笑

でも、仕事でいろんな業界を見れるのが楽しかったんだよねー。お金もらいながら、ずっと社会科見学している気分!

だから、正社員にならないって決めたの。

キャリアの棚卸しの効果がない人もいる

自己肯定感の低さを仕事で埋めようとしている場合、キャリアの棚卸しの効果は薄い。

正確には、キャリアを重ねる転職を目的として、棚卸しをするなら効果は薄いの。

自己肯定感が低いとは、ダメな自分を見せることを怖がったり、条件付きでないと価値がないと思っている状態。

では、「自己肯定感の低さを仕事で埋めようとしている」とはどういうことか?

以前、こんなメッセージをくれた読者さんがいたの。

どうしたら、仕事が続くのか?楽しんでできる仕事は何か?わかりません。ちなみに好きなことは、旅行・歌う・絵を描く・相談に乗るなどです。

このメッセージを読んで、「根本的な悩みは仕事選びではないな」と思ったの。

好きなことや、やりたいことが具体的に挙がるのに、楽しんでできる仕事が何かわからないと悩んでる。

この矛盾、あなたはわかる?

つまり、「好きなことを仕事にしてはいけない」という思い込みや、「仕事とはこうしなきゃいけない」という自分を縛るルールが根底にある。そこと向き合いたくないってこと!

もっと言うと、「私には好きなことして、楽しく仕事をする価値がない」と思っているの。

だけど、キャリアの棚卸しは無駄ではないよ。

自己肯定感が低い人がキャリアの棚卸しをすると、おそらく「退職理由」のところに、人間関係のつらさが並ぶはず。

そこを見て、仕事選びに問題があるのではなく、コミュニケーション能力に問題があるんだって気づくことができれば花マル!!

キャリアの棚卸しは、あなたが取り組むべき本来の課題を浮き彫りにするんだよ。

あなたの人生にとって仕事とは?

キャリアの棚卸しをして、仕事の方向性が見えたら考えてほしいこと。

それは、あなたの人生にとって、仕事とは何なのか?仕事とどう付き合っていきたいのか?ということ。

  • 人生を豊かにするツール
  • 人と人をつなげるツール
  • 人間が人間であるためのツール

人それぞれ、答えは違っていい。今考えたことが、1年後に変わっててもいい。

あなたにとって、仕事とは何かを考えてみてね。

最後に、これも大事なこと。

1つの会社に勤め続けることが、唯一の正解ではないよ。

このことを踏まえて、自分と向き合う時間として「キャリアの棚卸し」をやってみてね。