オススメの本

HSS型HSPの本「かくれ繊細さん」を読んで号泣【時田ひさ子さん】

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPHSS専門のカウンセラーである時田ひさ子さんが、ついに出版されました!!

今まで必死に【どこか違う自分】を隠して、世間に溶け込もうとしてきた数々の苦しさを全肯定してもらった気がして、むずがゆいような…不思議な気持ちになります。

HSP関連の本はたくさん読んできましたが、号泣したのは初めてです。

6%の人間が見ている世界が全てわかります。

  • 『繊細さん』にピンとこない
  • HSS型HSPかもしれないけど断定できない
  • HSS型HSPの生態を知りたい
  • 発達障害じゃないかと疑っている

という人にオススメです!

「かくれ繊細さん」はどこにも当てはまらない人

『かくれ繊細さん(HSS型HSP)』は、人口の6%に存在し、好奇心旺盛で行動的なのに、傷つきやすく繊細です。

相反する性質を持っているので、集団で浮きやすく、うっかり何も考えずに発言したり、動き始めると「何それ??」と白い目で見られた経験を持っています。

新しい経験をしているときは、何でもできそうな気がして楽しく突進できるのに。

2~3年で飽きて廃人のようになるので、本当の自分が何を求めているのかわからず悩みます。

一方で、いつも自分に自信がなく、誰かを傷つけていないか不安で、失敗しないかと怯えています。

そして、「私は心の病気か?発達障害か?」と思うんですね。

だけど、どのチェックリストをやってみても、当てはまるような…違うような…イマイチ煮え切らない。

自分がどこにも当てはまらない感覚って、ずっと持っています。

最近は繊細さん(HSP)が話題ですが、それも一部は共感できるけど、「なんかアレとも違う気がする…」と思っているんですね。

「かくれ繊細さん」の自己肯定感は一般とは違う

時田さんの『かくれ繊細さん』を読んで、1番驚いたのが

かくれ繊細さんの自己肯定感は、非繊細さんとは違う

という部分です。

かくれ繊細さんの自己肯定感は、「自分を否定しない淡々とした様子」であるのに対して、一般的な定義での自己肯定感は、その状態であることを「すばらしい」「よい状態」と位置付けている、と言えそうです。

引用:その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません

そうなの!?(゜o゜)

当たり前に前者の感覚だったよ!?(゜o゜)

私はHSPHSSを通して自己肯定感を作ってきたんですけど。

それって「ただそこにいる、空気みたいな存在の自分に気づいて、そのまま受け入れる」ような感覚なんですね。

【淡々とした様子】というのが、まさにその通りで。

メリットデメリットあるけど、まぁそれでもいっか。それが私だしね。

という感じで、受け止める範囲を大きくしていくことが、自己肯定感を高めるだと思っています。

言われてみれば、生きづらさを抱えていたとき、一般的な自己啓発とかスピリチュアルの自己肯定感には違和感がありました。

「あなたの存在は天から与えられたギフトです!」

「何もしなくても素晴らしいんですよ!」

「自分を否定せず人生楽しもうよ!」

みたいなセリフ。

なんか、ちょっと偽善っぽいというか。私の自己肯定感が低いからかなーと思っていましたが、どうやら感覚の違いだったようです。

「かくれ繊細さん」は普通の人だけど普通じゃない

この本を読んで、時田さんの表現が的確すぎて、自分が丸裸にされるような感覚で恥ずかしくなりました(^^;

『かくれ繊細さん』って普通の人だけど、確実に普通じゃないんですよね。

読みがら、「時田さん、ここまで暴いちゃって大丈夫!?(;’∀’)」とヒヤヒヤしました。

これも、HSS型HSPの思考が先走って勝手に発動する今後の展開を想像して、どう対処するかまで一瞬で考えてしまう】ただの妄想なんですけどね。笑

そんな、普通じゃないけど普通な人なので、出版社さんも「売れないから本にはできない」だろうなー、なんて思ってたんです。

まさか!!目の前にあるよ!!

言葉にできないけど確かに感じていた感覚を、ここまで言い当てられる日が来るなんて(;O;)!!

初めて自分をドンピシャに表現してくれた本

今まで、自己啓発、お金、心理学…様々な本を読んだけど。

ここまでドンピシャに『自分とは』を説明してくれた本ってなかったです。

ドンピシャすぎて、読むのが怖かったくらい。笑

複雑な気質を持つ自分の理解がグンと進んで、ますます社会で生きるのが楽しくなりそうです!

created by Rinker
フォレスト出版
¥1,540 (2020/11/28 01:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

HSPHSSの適職探しと才能開花の方法とは?心理カウンセラー時田ひさ子さんインタビューHSS型HSP専門の心理カウンセラー時田ひさ子さんに適職について取材したよ。HSPHSSが適職を見つける方法とは?仕事に悩むのは、過去のトラウマが原因でやりたいことを避けているから?...

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログはこちら▽

Laughを読む

関連記事