お悩み相談室

飽きやすいHSS型HSPがやりたいことを続けるには?

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は、起業しようと行動するのに、すぐに飽きて続かないというご相談です。

【本日のご相談内容】

初めまして。HSS型HSPです。たぶん…で、最近悩んでいます。

極度の飽き性です。今日なにか閃いて興味をもち、アクション起こすと、1か月もしたら飽きます。なんなら、数日で冷めます。

なにが不都合かというと、起業するにあたり、こんなんじゃ何1つサービス提供できないからです。

何度かチャレンジしたのですが、しばらくするともう飽きて集客する気がなくなる。

じゃ、起業しなきゃいいじゃんって思うけど、やりたくなるんですよ。

で、ここ最近は、そのヤル気を抑えることに疲れ、すぐ飽きることに落胆し、それでも無意識に興味があることを探しているから、ハッ!となる。そしてまた抑える…

この繰り返しでいよいよメマイがヤバいです。体調悪くて…

なにかアドバイスがあれば、お願いします。

ご相談ありがとうございます♡

今回は、「HSS型HSPが、やりたいことを続けるために必要なこと」というテーマでお話しますね!

ポイントは、

  1. 飽きることを悪いことと思わない
  2. ゴール設定を変える

の2つです。

HSSと書いて「刺激を求める飽きやすい人」と読む

HSS気質は、刺激を求めて行動する冒険家のような特性があります。

なので、HSS型HSPに「飽きるな」と言うことは「息をするな」と言うのと同じです。

睡眠欲や食欲のように自然現象なので、無理やり抑えると心は反発します。

2年ほど前にwikipediaで調べたときは、以下のように説明されていました。(今回の記事を書くにあたって再検索したら見つけられなかった)

HSSは、「多様で斬新で複雑な」経験や感情を探求し、「そのために身体的、社会的、法的、財政上のリスクを冒すことを準備をする」ことによって定義される人格特性。

刺激または感覚入力が満たされない場合、その人はその経験を不愉快に感じる。

私は、HSSと書いて【刺激を求める飽きやすい人】と読むと思っています。

HSS気質とは、危険を冒して未知なる世界に飛び込むのが大好きで、スリルがなくなった途端に息ができなくなってエネルギーが滞ります。

だから、飽きること自体は悪いことではないのです。

だって飽きちゃうんだもん!しょうがない!

飽きる原因を把握する

飽きるのは自然現象だという前提で、原因を把握してみましょう。

こんな感じではないですか?

  • 「経験」を目的にしている
  • 完璧主義
  • とことんやり切った

たとえば、「起業という経験」をゴールにしているから、雰囲気を味わえた瞬間に満足している可能性があります。

完璧主義の場合、理想と現実のギャップが見えると、「私には無理だ」とモチベーションが下がりやすく、すぐに結果が出ないとつまらなくなってしまう傾向にあります。

だから、飽きるというより諦めてしまう。

また、思いつくことは全て試して、とことんやり切ったと思える状態が続く場合も飽きる原因になります。

この場合は、結果より過程に満足度が高く、「卒業」のようなポジティブなイメージで受け止められます。

続かなかったという後悔よりも、よく頑張ったという満足感の方が高い状態です。

飽き始める時期を把握して先手を打つ

飽きる時期を把握して先手を打つことも効果的です。

自分の退屈感受性(反復または退屈な人の不耐性、およびそのような状態での不穏さ)が、どれくらいの周期でやってくるのか把握してれば、対策も取りやすいです。

私は3年周期ですが、5年の人もいます。

「ずっと続けなきゃ」と思うと苦しくなるので、最初から変化を前提としてサービスを組んだり。

自由にできるのが起業の良いところですから、複数の仕事を同時進行したり、ブログもテーマに合わせて2~3個作ったり。

飽きることを前提に仕事を組み立ててみるといいですよ。

関連記事

HSSの転職に潜む「新しい経験」の落とし穴とは?

仕事は社会勉強!20代で5回転職したHSSが就職・転職のときに意識したこと

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

]

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログ

Laughーラフー

関連記事