雑談

しばらくラフブログを頑張ります

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回は、ダラダラ雑談です。

最近の心境の変化、気づいたこと、ラフブログを頑張りたい、という感じでお話していきます!

同じように感じて欲しい

いつもね、「伝えたい」という気持ちがある。

私の見ている世界、頭の中。

同じように感じてほしくて、同じように興味を持ってほしい。

HSPについて発信を始めてからも、同じように感じてくれる読者さんの存在が、私を勇気づけてくれた。

リアルな生活で、心の底から共感されたり、同じ熱量で話せる人に出会えないから。

ブログやツイッターが、私の居場所になっていた。

なんで人の相談受けてるの?

読者さんに支えられて、病名を全部手放して。『解決すべき問題だらけのももか』から『ただのももか』になった。

「さぁ、どうしよう?」と思ったとき、当たり前のように『相談に乗る』という選択肢が浮かんできた。

このブログで、40人以上の人生相談に回答して。

だけど、それも「私が言いたいことを言う」という条件を付けて、相談者さんも協力してくれた。

カラーセラピーも、ブログのお悩み相談室も、確かに「救いたい」という気持ちはあった。

苦しみや葛藤も自分のことのように想像できるから、一刻も早く取り除いてあげたい。笑って欲しい。安心させてあげたい。

そんな気持ちでいっぱいだった。

だけど、心のどこかで。「私、なんで人の相談を受けているんだろう?」という疑問があって。

  • 求められるから
  • 問い合わせがあるから
  • 相談されるから
  • 私が先を走っているから

だから、期待に応えなきゃ。って感じだった。

目の前で悩んでいる人がいたら、話を聞いて、相手に憑依したように同じ世界を見て、気持ちを汲んであげて、背中を押す。

そんなこと、改めて考えなくても、やるのが当たり前だと思ってた。

言葉にするのが難しいけど。そして、この表現が合っているのかも、わからないけど。

昔から、人に相談されることが日常になっていて、呼吸するように人の人生について考える習慣があったから。

どこか「やらされ感」みたいなのを、感じていたみたい。

嫌々やっているというより、そうすることが自然すぎて、逆に「あれ?何のためにやってたんだっけ?」ってなった。

6月から、オンラインカウンセリングとして、個別相談を再開させていて。

初めて、誰の言葉も借りず、私の目と耳と口でクライアントさんと向き合っている。

そして、私はカウンセリングを受けるのも、提供するのも好きなんだと、また自分の変人な趣味を見つけてしまった。

人の悩みを聞くのが好き。人の人生を想像するのが好き。だって、そこには同じものは1つとしてない。一人の人間の姿があるから。

だから、目の前に悩んでいる人がいたら、体が勝手に「相談に乗る」態勢になるんだ。

読む人目線で書く楽しさ

このブログ(通称雑記ブログ)は、私のアイデンティティ確立のために使っているようなもので。

ここでの私は、どちらかというとブロガー的なイメージでいる。

かっこよく『ブロガー』って言ったけど、正確には趣味ね。

考えていることをアウトプットしないと体調が悪くなってしまうから。

私が心身の限界を迎えて強制終了しないために、頭の中の言葉を吐き出す場所。

書きたいこと書いて、たまたま通りすがりの人が、何か感じ取って参考にしてくれればいい。

人の期待に応えようとした途端、上手くいかなくなる経験はたくさんしてきたから。

あえて、あまり難しいことは見ないように、考えないように、ブログを運営してきた。

だけど、ラフブログを始めたことで、少しずつ心境に変化が起こった。

「こういう内容なら、読者さんが実践しやすいかな?」

「本当は、ここまでやって欲しいけど、いきなりだと大変だから。少し手前までの話にしておこう」

みたいに、読者さんの目線で発信する内容を考えるようになって、しかもそれが楽しい。

あと、ラジオを始めたのも大きい。

音声のみだけど、「私って、人から見たらこういう印象なのかなー」って、自分の輪郭を客観的に見ることができた。

伝わるように伝える

新しいブログとラジオをやってみて、相手の目線になって発信する楽しさを感じるようになった。

でも、同時に「伝えたいことを、伝わるように、伝えること」の難しさも、痛感するようになった。

当たり前だけど、伝えたいだけじゃダメなんだ。人のペースに合わせるのが苦手な私にとって、大きな気づきだった。

最初は、「なんか伝わってない…?(;O;)」という、もどかしさに飲み込まれて。

おかげで、私は『人との違い』『理解する』に対して、強い感情を持っていたんだと、気づくことができた。

理解の壁に悩むオタク女子。『才能』『能力』という言葉が嫌い こんにちは、ももか(@momohsphss)です。 最近は、自分の立ち位置(役割)について考えることが多く、その一環として、リー...

そして、わかったこと。

相手に伝わるように表現方法を選ぶのは、思いやりなんだ。

そんなことに気づいてから、「どうやったら伝わるかな?」とグルグル考えていたら。

ピン!と閃いて、私は何を伝えたかったのか、言葉にできるようになった。

私が伝えたいこと

人間は誰一人、同じ人はいなくて、生きている限り、その違いで悩んだり救われたりする。

『みんな違って、みんないい』ってやつね。

違う人間同士だからこそ、ぶつかり合うし、傷つけ合う。違う人間同士だからこそ、助け合うし、支え合う。

そして、お互いの『違い』を知ることで、生き方が180度変わる

その素晴らしさを伝えたい。体感してもらいたい。

私は、理解されない、伝わらないことで悩んできたからこそ。理解されること、伝わる嬉しさも人一倍感じていると思う。

ただし、伝えたい気持ちが1番だけど、情熱だけじゃ物足りないってこともわかった。

興味を持ってもらうこと。伝わるように伝えることは、妥協ではなく思いやりなんだ。

ラフブログ頑張る

そうするとね、この雑記ブログは、摂食障害とか心療内科とか、クリニック系のネタが多いから。

最近のグーグル先生のルール「病気のことは、無名の個人が発信してはいけません」に逆らっているらしく。

実は、グーグルのアップデートのたびに影響を受けて、閲覧数(PV)が落ちているの。

完全に個人を排除しているよねグーグル。つまんないの。

そうはいっても、ブログやる限りはグーグル先生には逆らえないので。

いつ吹っ飛ぶかビクビクしながら、雑記ブログをやるよりも。

ラフブログでHSP以外のことにも広げて書いて、アップデートの影響を受けにくいサイトを作りたいと思っているの。

だから逆に、このブログはあまり順位とか気にせず、今まで通り書きたいことを書く。

伝えたいことができたから、頑張りたいこともできた。

もっと「リアルに実在するももか」として、やっていこうと思う。