HSPHSS

音や光だけじゃない!HSPは空腹にも敏感って本当?

こんにちは、ももかです。

HSPは内臓感覚も敏感です。

空腹や満福も体の内側からの【刺激】なので。

刺激を受けやすく、深く処理するHSPで次のような悩みを持っている人もいます。

  • 空腹が気になって冷たい態度を取ってしまった
  • 満腹が気持ち悪いから外食が怖い

こうした現象は、体質が原因なので。自分のせいだと責めなくていいんですよ。

HSPは内臓感覚にも敏感

HSPは、光や音だけではなく、体の中からの刺激も素早く察知します。

チェックリストにも、

空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

という項目があります。

▷アーロン博士の日本語版サイトのHSPチェックリスト

内臓感覚に敏感なので、お腹が空くと頭が回らず集中できないんですよね。

私は、お腹が空くと愛想笑いすらできなくなって、充電の切れたロボットみたいになります。笑

スニッカーズのCMのエリカ様みたいな。

「こいつ、腹減るとエリカ様になるんだぜ。」

そして、お腹が空きすぎないように、間食で調整して対応しています。

スニッカーズおいしいよね。

空腹は体の内側からの刺激

HSPは、刺激をキャッチしてから、脳に到達するまでの【脊髄反射】が早い特性があります。

さらに、「これは刺激だ」と感じるセンサーも超高性能なので、体の内側の変化に対しても、敏感に反応するのです。

人間が刺激を受けるパーツには、五感、筋肉や骨、そして内臓があります。

この内臓感覚は、体のいちばん内側の臓器がセンサーになっています。

  • 空腹
  • 満福
  • 喉の渇き
  • 血圧

などが、刺激として認識されるんですね。

個人差はありますが、一度空腹が気になると他のことが考えらえず、脳疲労も重なって集中力がなくなってしまうんですね。

空腹に悩んでいるHSPは、お腹が空く前におやつを食べるなどして、対策をとるのがオススメです。