お悩み相談室

アラフォーなのに結婚できないのは理想が高いから?

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は、「条件」よりも「好きな人」と結婚したいアラフォーの方からご相談です。

【今回のご相談内容】

私は現在アラフォーで何年も前から婚活をしていました。

でも条件でお相手を探したり、自分も条件で見られる事に違和感を感じ、ここ最近は婚活はやめて諦めていました。

私がなかなか結婚しないと、周囲から「理想が高いから悪いんだよ」と言われ、その度に傷つきました。

そういう問題じゃないと思いながら、でも自分では上手く説明できなくて、苦しかったです。

でも、ももかさんの恋愛ゲームの記事を読み、やっと自分の事が理解できました。この記事はまさに私でした。

そんな時、親からお見合いの話がありました。お写真を見た時は正直好みの外見ではない方でした。

でもアラフォーの私に紹介の話があるだけでも有り難いし、お写真だけでお断りするのも申し訳ないと思い、1度お会いしました。

とても良い方でしたが、異性として見れず、またお会いしたいとは思いませんでした。

でも年齢も年齢なので、これが最後のチャンスかもしれないと思うと、このまま進めた方がいいのかと思う自分がいますが、いつか爆発しそうな気もします。

私は「好きな人」と結婚したいだけなんです。条件はどうでもいいんです。

このままだと一生結婚も、ちゃんとした恋愛もできない気がして、むなしいです。

ご相談ありがとうございます!(過去記事も参考にしてくださって、ありがとうございます!)

条件よりも「好き」という気持ちを大切にして、恋愛や結婚をしたいということですね。

今回は、相談者さんの中で1番ガードの弱い部分に触れるアドバイスをしますね。

点数や順位でしか自分を評価できない

私の印象ですが、人を「年齢」「偏差値」「年収」など、数字で評価する癖のある人は、学生時代に良い点数や順位を取ることで、親や先生から褒められた経験を持っています。

小さい頃から「良い点数」や「良い順位」を持っている自分でないと、親から興味を持たれず、気を引きたくて、勉強や部活に没頭した結果、自分も他人も数字でしか評価できなくなるのです。

心の奥では、「数字じゃなくて、そのままの私を見て、愛してほしい」という寂しさが渦巻いているのに、数字以外で価値を感じる方法がわからず葛藤するんですね。

参考にしてくださった『幼少期の愛情不足を克服し、恋愛ゲームから抜け出すには?』の記事で次のように回答しました。

  • 依存的だと、相手も自分も『物』のように扱う
  • 幼少期の愛情不足だけが恋愛をこじらせる原因ではない
  • 自分で自分を愛する感覚を持つ練習をしよう

つまり『恋愛の悩み』は、愛し方がわからないこと、人と適切な距離感を掴むことができない、という2つの問題に分けられるんですね。

今回のケースでは、相談者さんが強調されている『アラフォー』という言葉がポイントです。

「条件はどうでいもいい」と言いつつ、1番条件に拘っているのは自分自身なんですね。

「好き」を自分に向ける

条件ではなく、心で繋がる恋愛や結婚を望んでいるなら、まずは「好き」という感覚を体に覚えさせる必要があります。

次の質問の答えを考えてみてください。

  • あなたの得意な愛情表現方法は何ですか?
  • 自分のどんなところが好きですか?
  • あなたにとって「男性」とは、どんな存在ですか?

この3つの質問は、全て自分に矢印が向いていて、心の内側を掘るものです。

誰かにありのまま愛されたいなら、まずは「自分が自分をありのまま愛する」過程が必要です。そこで、愛し方がわかったら、同じように相手の男性も愛してみる。

よく言われていることですが、1番大切なことです。

まとめ

心の問題を解消したいときに、高確率で出現するのが「拘らないと思っていたことに、実は1番拘っていた」というトラップです。

今回で言えば、条件に拘らないなら、そもそも「条件で選ぶことに違和感がある」という悩みは生まれないのです。

簡単にスルーできない問題だから引っかかるので、その状態で別の解決策を試しても、空回りして余計深みにハマってしまいます。

「そうなの?なんかピンとこないけどな…」とか思いながらも、少しだけ意識してみてください。

参考になれば嬉しいです。

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

少数派な気質を活かして暮らすためのノウハウが満載!

気質や性格の違いを通して自己理解を深め、能力を発揮する情報をお届けするブログはこちら▽

Laughを読む

関連記事