天職・適職について

ももかさん!HSPに向いている仕事ってなんですか?

※この記事は、2018年8月26日にメルマガで配信した内容を修正・加筆して掲載しているよ

みんな仕事で悩んでいる

今日はね、HSPHSSのお悩みで1番多い「どんな仕事(働き方)が合っているのか知りたい」についてのお話。  

私のところにも「仕事についての相談」が本当にたくさん来る。

仕事の相談をされる方の多くは

相談者Aさん
相談者Aさん
職場で苦手な人(特に上司や年上の人)がいて、精神的に疲れて退職します。今、次の仕事を探そうと思っているのですが、どのような仕事が合っているのか知りたいです。

こんな感じの相談なのね。HSS型HSPなら、さらにこう続く。

相談者Bさん
相談者Bさん
私はHSS型HSPなので、完全な在宅ワークでは刺激が足りない気がします。会社という組織が合わないのでしょうか?

みんな仕事で悩んでる。そこで、私なりの考えをお伝えしたいなと思ったの。

今の私の答え

実は仕事の悩みって根深いものがあって。私の答えとしては、ひとことでコレとお答えできない。 

うん、わかるよ。

ざっくり「HSPとして」っていうので、お答えすればいいのかもしれない。

でも、それって【HSP 仕事】でネット検索すれば、いっぱい情報が出てくる。だから、同じこと答えてもなぁって思っちゃった。

それで、いっぱい考えたんだけど明確な答えは出てこなかったの。

しいて言うなら、いきなり正社員より派遣やアルバイトで始めて、様子見るのがオススメってことくらい。

これがキャリアコンサルタントとか、HSP専門の適職診断士みたいな仕事をされている方なら、

「ライターがいいですよ。」

「イラストレーターはどうでしょう?」 

みたいに、具体的な職業を提案してくれると思う。 だけど今の私としては、 

  • 今の仕事の問題はどこか?
  • 苦手な人の特徴と、苦手だと思う理由は?
  • やりたいことの実現を妨げているトラウマは? 

転職ジプシーに陥っている原因を明確にして、思考の癖を治していきたいの。

すぐに答えを出さない理由は、私自身の経験から思考の癖を変えなければ、環境を変えても同じ問題が起こると考えているから。

2019年1月6日(追記):ここでの疑問がきっかけで、師匠の時田さんに取材をしたよ。

心理カウンセラーが語る!HSPHSSの「適職探し」と「トラウマ」について【取材】心理カウンセラーの時田さんに、HSPHSSが適職を見つける方法について取材したよ。仕事に悩むのは、過去のトラウマが原因。過去に受けた心の傷から、本当にやりたいことを巧妙に避けるようになっているの。HSS型HSPながら、複数の仕事を同時にこなす時田さん自身の仕事術や、今の活動にたどり着くまでに悩んだことや挑戦したことも聞いたよ。...

HSS型HSPに必要なスキルって…

うーん。

もしかしたら数ヶ月後には、具体的な職業が挙げられるようになっているかもしれない。

起業の専門家は、もっと画期的な方法を知っているかも。

だけど、現時点での私の答えは、

「起業したところで、すぐに生計を立てられる保証はないし。」

「求人を見ても、在宅ワークのほとんどは業務委託の完全歩合制だし。」

「今の職場でフレックスを提案するにはハードルが高いし。」

っていうのが現実だよねって思っちゃうの。

結局、ひとりでゆるゆる仕事するには、とりあえずどこかに就職して時間を稼ぐ必要がある。

それにHSS型HSPの場合は、3日に1回は外出して人と話さないとストレス溜まるでしょ。

ってことは、対人関係のスキルを身につけるのが遠回りに見えて、実は近道だったりするの。

ブロガーとか、YouTuberとか、インスタグラマーとか、完全にネットの世界で生きていくなら、必要ないかもしれない。

アーティストの米津玄師さんは「自閉症」を持っていて、コミュニケーションに悩んだ時期もあったんだって。

だからこそ、ネットを自己表現のツールとして使って、多くの人に影響を与えているしね。

繊細で豊かな感受性を持つ人が活躍する社会

ここからは、私の妄想ね。

HSPが、自分の扱い方を知って、周囲ともコミュニケーションが取れて、考えを主張できるようになったら? 

それを継続して、仕事に反映させることができたら?

HSPが他人だけじゃなく、自分をケアする方法を習得して、能力を社会に提供し続けることができたら?

本人が自分らしく生きられるのはもちろん、会社の人も助かるしお客さんも喜ぶ。

家族や恋人も、生き生き働いている姿を見て嬉しくなる。そしたら、人の温もりに溢れた世界になるって、毎晩妄想しているの。  

そのために、持っておいて損はないのが対人関係のスキル。  

そして、どの仕事をするにも必須なのが、自分との信頼関係。

もし仕事で迷っているなら、とりあえず休職して「対人関係のスキル」と「自分との信頼関係」を作ることを優先してみて。

それじゃあ、またね。

おまけの

当サイトでテクニックより考えかたを重視しているのは、このときの気持ちが根底にあるから。「場所や人が変わっても、自分の基準で仕事を選べる方法」をお伝えしたいの。2019年1月のももかより