生きづらさ解消

ネガティブ思考から抜け出す方法【まとめ】

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

当ブログでは、お悩み相談室として個別の相談を受付ているのですが、「ネガティブ思考を改善したい」という声をいただくことが何度かありました。

そこで今回は、ネガティブ思考から抜け出すための方法をまとめてご紹介します!

ネガティブ思考から抜け出せなかった過去

私は過去に、適応障害、摂食障害、仕事依存、転職ジプシー、借金など、精神的にも生活的にも様々な問題を抱えていました。

生きづらさを抱えていた時期は、何をしても自分に自信がなく、些細なことを気にして寝ても覚めてもネガティブ思考が止まりません。

仕事で思うように動けないと、ベッドに入って寝る瞬間までグルグルと問題のシーンを思い浮かべて、「もっと丁寧に対応すれば良かった」と考え続けます。

次第に体調が悪くなり、心に余裕もなくなり、職場で感情を爆発させてさらに自己嫌悪に陥る、という繰り返しでした。(爆発といっても、涙が止まらなくなるとか、その程度)

ところが、今では寝たら気持ちを切り替えられるようになったのです!グルグル考え続けたり、同じことで悩む時間も激減しました。

次から紹介する方法は、組み合わせることで相乗効果を発揮するので、できれば全て挑戦してほしいです。

脳の仕組みを知る

まず、「思考」とは習慣(=癖)なので、意識すれば変えることができます。歯磨きや食事と同じように、自分では当たり前すぎて無意識に行っていることを、意識して別の行動にアップデートするのです。

習慣として染み付いた思考の癖を治すには、脳の仕組みを理解することから始めると良いです。

感情や思考というと、実態のない亡霊のようなイメージがありますが、理論的に仕組みを理解すれば、いざというとき冷静な判断ができます。

覚えておくと良い脳の特徴は、次の2つ

  1. 意識したものを強化する
  2. 否定形を理解できない

脳は意識を向けた感情を大きく強く感じるようにできています。さらに、「〜しない」などの否定形を理解できませんので、口癖にも気をつけましょう。

脳の仕組みを知ってネガティブ思考を克服する!

脳の仕組みを知ってネガティブ思考を克服する! こんにちは!ももかです。 私は、ずーっと【落ち込んでも寝たら忘れる人】に憧れてました。 友達が話すのを聞くたびに、「どうや...

好転反応に引きずられない

ダイエットやマッサージの経験がある人は、「好転反応」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

好転反応とは、体から悪いものを出そうとしたときに、脳が変化に驚いて「危険だ!体を守れ!」という信号を出し、不快な身体症状を引き起こすことです。

体の好転反応では、吐き気、頭痛、胃痛、湿疹、眠気、だるさ、などがあります。

心の好転反応では、不安が増す、感情の起伏が激しくなる、集中できない、悲しくなるなどがあります。

心の好転反応は、環境の変化や、精神的な変化に伴って起こります。

脳が新しい刺激に適応しようとしている現象なので、この時期に感じるネガティブ思考を、自分の価値がないことと結びつけないよう気を付けましょう。

抑圧された感情は「脳」に溜まる!?原因不明の不調と心の好転反応

garbage
抑圧された感情は「脳」に溜まる!?原因不明の不調と心の好転反応感情の老廃物とは、外に排出されず溜め込んだ感情のこと。心理学では、抑圧された感情と言われているよ。感情は脳で処理されるから、老廃物は脳にに溜まるってこと。生きづらさの原因がHSP気質にあったと気づくと、原因不明の下痢や発熱を経験する人がいる。これは、好転反応というバランスを取る現象。...

自己肯定感を高める

知ってますか?自信には4種類あるんですよ!

ネガティブ思考から抜け出せない人は、周囲の人は常に自分を傷つける存在だと感じ、常に不安を抱えて生活しています。

自己肯定感を高めることで、自分はいつも周囲に助けてもらえる存在なんだと感じられると、心身が限界を超える前に問題を解決できるのです。

自己肯定感が高い人と低い人の決定的な違いとは?

heart
自己肯定感が高い人と低い人の決定的な違いとは?アーロン博士によると、自信には4種類ある。「自分に自信がない」と漠然と思っているだけでは、状況は何も変わらない。自己肯定感が高い人は「自分を信じる」ことができると同時に「自ら信じる」ことができる人とも言えるの。HSPが自信をつけるには、「こんな自分にはなりたくな」という自分になってみることも有効だよ。...

白黒思考を改善する

ネガティブ思考の人は、物事を極端に2つに分けて考える『白黒思考』を持つ傾向があります。0・100(ゼロヒャク)思考とも呼ばれる、認知の偏りです。

白黒思考を持っていると、問題が起きたときに「今の私に解決できないのだから、何をしても無駄だ」と、ゼロか100かの2択で結論を出そうとします。

白黒思考も脳の癖なので、練習すれば多面的に物事を考えられるようになります。

悩み事が起きたときに、「自分の問題」と「相手の問題」を区別して考えられるようになり、「自分にできること」と「どうしようもないこと」も冷静に判断できるようになるのです。

感受性豊かな人が仕事を辞める原因【境界線と白黒思考】

tulip
感受性豊かな人が仕事を辞める原因【境界線と白黒思考】 感受性が豊かな人は、仕事に対してのモチベーションも高いの。 でも、体調不良ですぐに退職してしまう。 その結果キャリアを形成...

境界線を強化する

境界線(バウンダリー)とは、自分と他人を区別することです。

ネガティブ思考の人は、自分の問題と相手の問題を混同し、人生の主導権を他人に渡してしまうのです。だから、頑張っているのに自分がどこにもいないような気持ちになったりまします。

境界線を強化して限界を定めることで、自己犠牲の奉仕から、自立した愛情を注げる人へと変わることができるのです。

また、境界線を強化すると、他人の境界線を超えてエネルギーを吸い取る【エナジーバンパイア 】からも身を守ることができます。

境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー「バウンダリー」が全部わかる本を紹介!

制止
境界線ー聖書が語る人間関係の大原則ー「バウンダリー」が全部わかる本を紹介! こんにちは、ももか(@momohsphss)です。 今回は、人の顔色を気にして疲れてしまうHSPのために、「境界線ー聖書が語る人...

コミュニケーション能力を磨く

ネガティブ思考の人は、問題に直面したとき自分だけで解決しようとします。私自身も、できない姿を見せると迷惑かけると思い込み、どうにか人に頼らず解決させる方法を探していた時期があります。

でも、実はネガティブ思考から抜け出す方法で1番効果があったのが、コミュニケーション能力を磨いたことでした。

相談や人に頼るのが苦手だという事実を受け止め、会話の方法を学び、こまめに人に気持ちを吐き出すようにしたところ、以前とは比べ物にならないくらい悩む時間が減りました。

雑談は面倒だと感じることもありますが、境界線を作り、自己肯定感を高めた状態なら、自分で人との距離感を調整しながら会話できるのです。

第三者の視点をもらうこで、自分の考え方にどんな癖があるのかも、理解できるようになります。

気を遣いすぎて本音がわからず、後から爆発してしまいます。

気を遣いすぎて本音がわからず、後から爆発して自分を責めてしまいます。 こちらは、ももかの個別相談コーナーです。 読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます! 今回はご質問です。...

まとめ

ネガティブ思考は脳の癖なので、意識すれば変えることができます。「変えられるんだ」と思うことが、最大のポイントでもあります。

脳は意識したことを拡大する特徴があるので、変えられると意識すれば、どんどん新しい感覚に気付けるようになります。

自己肯定感を高めたり、白黒思考を改善したりと、時間はかかりますが確実に変化し、毎日を楽しめるようになりますよ!

それじゃあ、またね。