自己肯定感

人の目を見て会話ができないことを指摘されて涙が止まりません

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

(ご相談はLINE公式アカウントで受け付けています。)

今回は、学生からのご相談。人と目を合わせて会話するのが苦手で、指摘されると涙が止まらないという内容です。

【本日のご相談内容】

私は、人と目を合わせて会話をするのが苦手です。

聞き手になる時は、人の目よりも地面や壁の角を見ると、より聴くことに集中できます。

話す時も、考えを整理しながら言葉にするのにどうしても目を安定した場所に置きたいです。

一方で、相手からすると不自然だし「大丈夫かな?」とか感じさせると思うので、意識的に目線を戻す事を心がけています。

でも、たまに先生や講師の方から「さっきから下ばっか見てるけど大丈夫?」「話していて貴方よくムスッとするね」と言われるときがあります。

体型を馬鹿にされた時のような、どうしようもない気持ち、劣等感みたいなのが降りかかってきます。

話していて、目とか表情を指摘されることって、少ないと思います。だからこそ、気にしてしまいます。

指摘され既に涙目なのですが、会話が終わったとたん堰を切ったように涙が止まりません。

目は口ほどにものを言うといいますが、「あぁー焦ってるな」とか「他のこと考えてるな」とかそういう事まで伝わってきて、あまり見たくないです。

でも、直したいです。

ご相談ありがとうございます♡

私も人と目を合わせるの苦手です!相談者さんの言いたいことも、よーくわかります。

実は、人と目を合わせることが苦手というお悩みは、HSPからよく聞く「あるある」な話です。

目から情報のシャワーを浴びるHSP

HSPは些細な情報もキャッチして深く処理する脳を持っています。

情報はどこから入るかというと、目・耳・鼻・口・肌といった感覚器です。

では、人間が最も多く情報収集に使う感覚器はどれだと思いますか?

そう、8割が目から仕入れた情報です。次が耳で1割。つまり、会話は情報をキャッチする感覚器の9割を使用する行為なんです。

HSPは些細な情報もキャッチして深く処理するので、非HSPが見逃してしまうような情報も全部拾います。

さらに、入ってきた情報を深く処理するので、「どういうこと?」「なんだこれは?」と、じっくりじっくり感じるんですね。

人間がキャッチする情報の8割が目から入ってくるので、HSPは常に目から情報のシャワーを浴びているんですよ!

相談文の、人の目よりも地面や壁の角を見ると、より聴くことに集中できるというのは、目からの情報を遮断して耳に集中させているからです。

1番大きな情報源である視覚を遮断することで、聴覚や嗅覚が研ぎ澄まされます。

ですので、視覚から情報収集することに苦手意識がある場合、自然な反応と言えます。

「人の目を見るのが苦手」はHSPあるある

実は、私も知らない人と目を合わせるのが苦手だと気づいて記事にしたことがあります。

目があった瞬間、拳銃で撃ち抜かれたみたいに心臓がドクって脈打つし。

相手の顔が頭に焼き付いてしばらく離れないんだよね。

だから、素性がわかる人じゃないと安易に目を合わせたくないの。

あと、目が合うと、なんか急に「外の世界に出た」みたいな感覚になるんだよね。

当時は、道端ですれ違う人や店員さんなど、知らない人と目を合わせるのが苦手だと考えていましたが。

最近は、そもそも会話のときに人の顔を直視したくない自分がいることに気づきました。

歩きながらとか、レジでお金払いながらとか、なにかをしながら人の顔に注目するの疲れちゃう!

人の顔を見るときは、全神経を集中させて、体も心も意識を向けて、「顔を見ますよ!」という姿勢を作って目を見るから。

ちょっとスピリチュアルっぽいですが。

目を合わせると、相手の心の中と繋がって、勝手に思考が流れ込んでくる感じがするので、会話しなくても疲れちゃうんですね。

人の目を見るのが苦手なのは、HSPからよく聞く「あるある」な話です。

知らない人と目を合わせるのが苦手 こんにちは!ももかです。 最近、やっと自覚したことがあります。 私は、知らない人と目を合わせるのが苦手です。 正確に...

直せることと直せないことを見極める

HSPは人と目を合わせることに苦手意識を持つ傾向がありますが、他の可能性が全くないわけではありません。

日常生活に支障が出るレベルなら、対人恐怖症不安障害などが隠れている可能性もあるので、気になる場合は専門機関に相談してみてください。

ここからは、他の日常生活は普通にこなせるけど、会話の部分で不安があるという場合を想定して話を進めますね。

目からたくさんの情報を入れてしまうことは、人間の構造上やHSPの特性で直すことはできません。

だけど、目を見れないことを指摘されて落ち込む思考の癖は直せます。生きづらさの解消とは、この思考の癖を矯正し続けることなんですね。

相談者さんに意識してほしいのは、今回のように心がザワついたときに、冷静に現状を分析して思考の癖を見つけ、修正していく方法を身につけることです。

直すことと、直せないことを見極めて、どの部分を対処すればよいのか

このような、刺激に対する反応を矯正していくテクニックは、練習することで習得できます。

長くなるので、詳しいやり方は別の記事で紹介しますね。

まずは、頭で直せる部分と直せない部分を理解することが重要です。

まとめ

視覚からたくさんの情報を拾ってしまうのは、HSPの特徴なので直すことはできません。

だけど、視線や表情を指摘されたことで落ち込み、自分を責めてしまう思考の癖(認知の歪み)は直せます。

まずは、今回のように心がモヤっとした出来事から『直せることと直せないこと』を見極める練習から始めましょう。

生きづらさ解消とは、この思考の癖を矯正していくことです。

そのために、傷ついたり悩んだ出来事をきっかけに、自分にどんな考え方の癖があるのかを書き出して整理してみましょう!

お悩み相談室は、LINE公式アカウントに友だち登録をすると参加できるよ。ももかのLINE公式アカウントについて

私がブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー

関連記事