フリーランス

「個人事業を始める?就職する?」生活に不安があるときの仕事選び

家

HSPの中には、会社に縛られず個人事業主として自由に働きたい人も多い。

「仕事になるかわからないし、生活できるか不安」と思っているなら、就職することをオススメするよ。

安定収入があると心の余裕になって、やりたいことが続けやすいから。

私の経験からも、お金に不安がある状態での個人事業は、自分を追い込む原因になってしまうの。

だから、やりたいことをゆっくり育てる意識を持って、副業から始めてみて。

「安定収入」で心に余裕を作るために就職しよう

HSPが個人事業を始めるか、どこかに就職するかで迷ったら、就職をオススメするよ。

特に資金面で不安があったり、体調やメンタルの管理方法がわからない人は、就職した方がいい。

「安定した収入」があるだけで心に余裕ができるし、やりたいことを続ける資金にもなるから。

個人事業って、会社で働く以上に「個人の境界線」を必要とするもの。

いつ?どこで?誰と?何を?いくらで?どこまで?

今まで会社が決めていたいことを、全部「自分の基準」で決めることになるの。

だから、自分のことがよくわからない状態で個人事業を始めても、結局「お金」「時間」「人間関係」に振り回される。

HSPのあなたが迷ってるということは、不安材料が多くて行動に移せないってこと。

新しい行動に慎重なHSPも、「これならできる!」と自分の中で基準を満たせば、初めてのことも行動に移せるでしょ。

迷っているなら、就職した方がいい。

自分が個人事業主として働いている姿を、具体的にイメージできる?

不安材料って「お金」だったりしない?

やりたいことを優先して、借金を作った私の経験からも、「安定収入」と「事前の資金作り」って本当に大事。

「安心感のない個人事業」は、HSPにとって高リスク

資金面でビクビクしながら始める「安心感のない個人事業」は、HSPにはリスクが高いの。

「やりたいこと」「好きなこと」で自由になるために始めた仕事が、「お金」「生活」の不安を消すための仕事になっちゃう。

私はね、初めてフリーランスになったとき、十分な資金も経験も持たずに会社を辞めたの。

一緒に仕事をすることになった経営者の先輩に、「お金がないって行動しない言い訳」的なことを言われて。

経営者の先輩
経営者の先輩
起業で成功する人は、行動のスピードが早いよ。あと、先にお金を出すと後から必ず返ってくるから。

素直で影響されやすい人が、自分の軸を持たずに夢見ちゃうと、貯金もないのに高額なセミナーを申し込んだりするから気をつけて。笑

非HSPなら、「返済のプレッシャー」がモチベーションにつながるかもしれないけど。

疲れやすくて繊細なHSPの場合は、資金面の不安が自分を無理に追い込む原因になるから。

十分な資金がない状態なら、個人事業ではなく就職をオススメするよ。

副業という選択肢も視野に入れる

HSS型HSPの場合、やりたい!と思ったら行動せずにはいられないでしょ。

だから、とりあえずどこかに就職して、本当にやりたいことは「副業」として始めてみて。

仕事にするのを諦めるでもないし、リスクを背負って華々しくスタートするでもない。

地味だけど、コツコツ確実に準備するの。

本業のストレスや疲労が大きすぎて、副業に使う時間がないと感じるなら、まずは個人の境界線をしっかり作ること。

境界線の基本的な考え方は、個人の境界線を作る8つの方法♡ポイントは「怖れ」の克服に書いてるよ。

非HSPの働きかたを知ることも、刺激を調節するのに役立つから、HSPと非HSPの特徴を比べたシリーズも読んでみてね。

background
HSPと非HSPの特徴を比べてみよう②「仕事と休憩編」HSPと非HSPの特徴を比べるシリーズの第2回。「大きな違いは、その場の空気感への反応」「休憩に対しての考え方」「怒られている人を見ても自分のことを考える。非HSPは薄情なのか!?」それぞれ何をどう考えて行動しているのか?具体的なシチュエーションとともに解説しているよ。...

やりたいことは、ゆっくり育てる意識を持つ

喜ぶ女性

今仕事がつまらなくて、刺激を求めて個人事業を始めようとしている人は、やりたいことをゆっくり育てる意識を持って欲しい。

芸能人でも、下準備なく突然ブレイクした人って長く続かないでしょ。

いきなり仕事にしようと考えるのではなく、「仕事にしたときのイメージを具体的にするため」に動く。

例えば、ハンドメイド作家になりたいなら、

  • フリマアプリを使って販売してみる
  • インスタに作品を投稿してみる
  • 友達にプレゼントしてみる
  • 実際にハンドメイド作家として活動している人の話を聞く
  • ハンドメイド作家さんの商品を購入してみる

漠然と「ハンドメイドが仕事になったらいいなぁ。でも、生活できるか不安。」という状態から脱出できそうでしょ。

本業と両立させるために、「どれくらいハンドメイドの時間に使えるか?」を考えて、無理のないペースで続ける。

続けていると、やりたいことの輪郭ができてくるの。

【やりたいこをゆっくり育てる中で積まれる経験値】

「買ってくれた人から、お礼のメッセージが来ると嬉しい!」

「作品作りよりも、写真を撮る方が好きみたい!」

「自分で作るのではなく、作っている人を応援する方がしっくりくるな」

試行錯誤している間も、本業で安定した収入があるから、焦って寝ずに作業する必要もない。

やっているうちに、作業にかかる時間と収入の目安もわかるようになる。

生活の不安がなくなったとき、個人事業としてスムーズに始めることができるはずだよ。

個人事業を始めたいけど、資金面で不安がある人は、とりあえず就職しよう。

そして、やりたいことは副業としてコツコツ続けて、仕事にしたときのイメージを具体的にしてみて。