お悩み相談室

大きな音に敏感だけど物理的に防げないとき。イヤホンよりも現実的な対処方法。

こちらは、ももか(@momohsphss)の個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

【本日のご相談内容】

私は高校生で、最近自分がHSPであることを知りました。 

特に音に対して敏感で、電車などで人が話している声が苦手で、イアホンで音楽を聴いて、何とか登校しています。 

しかし、学校ではイアホンで防御できません。 

その上、教室中に響き渡るくらい大きな声で話す人や、部活でもワーッと騒ぐのが好きな人が多く、正直、学校に行くのがしんどいです。 

でもそんな人って、学校に限らず、どこにでもいると思います。そして、一緒にいなければならなくなることも多いと思います。 

物理的に防御できないのなら、自分の考え方を変えるしかないのかなーと思います。 

ももかさんだったら、どう考えますか?

ご相談ありがとうございます!

電車での話し声や、大きな声で話す人が苦手。

私もだよー。耳栓代わりにイヤホン使うよね。笑

そして相談者さんは「どこにでもいると思います。」と、相手を非難するのではなく、自分を変える方法を探しているところがステキです!

物理的に避けられない音への対処方法について、私の考えをお伝えしますね。

刺激を受けたときの回復方法を見つけよう

相談者さんが言っているように、大きな声で話す人はどこにでもいます。

だから、刺激を受けないようにするのではなく、受けたときの回復方法をたくさん見つけておくことが大事です。

HSPの中には、「なぜ、私が鈍感な非HSPに合わせなきゃいけないの!?もっとHSPに優しい社会になれば生きやすくなるのに!」と思いたくなる人もいるだろうけど。

HSPの敏感さが個性であるように、非HSPの鈍感さも個性です。

だから、あなたが人と関わりながら生きていきたいと願うなら、刺激を受けたときの回復方法をたくさん用意しておきましょう。

そうすれば、電車の警笛でびっくりしても、大衆居酒屋のザワザワした空間でグッタリしても、大切な人と楽しい時間を過ごすことができます。

電車では耳栓代わりにイヤホン

普通に生活していれば、大きな音を完全にシャットアウトすることは難しいですよね。

それでも、できる対策としては

  • 人通りの少ない家に住む
  • 防音設備のしっかりしたマンションに住む
  • 電話が鳴らない職場にする
  • 車移動にする
  • 耳栓やイヤーマフを着用する

などがあります。

発達障害で聴覚過敏を持っている方の中には、外出するときにイヤーマフを必ず着用している人もいますよ。

私も電車に乗っているときに、人の話し声が気になって頭が疲れてしまうから、耳栓代わりにイヤホンしてます。

音楽は流すときもあるし、流さないときもあります。

だけど、仕事しているときや誰かといるときにイヤホンできません。

実際は特別大きな音じゃなくても、鼓膜の中まで突き刺さって脳みそが揺れるような感覚になることもあります。

電話の音や、スマホのバイブでもビクッとするくらい。笑

だから、私は自分がHSPと知って音に疲れる傾向があると気付いたとき、そっとスマホをサイレントにしました。

自宅を最高のシェルターにする

相談者さんが気付いているように、自分にできる対処方法を尽くしても大きな音は日常生活に溢れています。

正確には、HSPが「大きな音」と感じるレベルの音。非HSPにとっては「気にならない」レベルの音。

だから、オススメは自宅(もしくは自分の部屋)を最高のシェルターにすることです。

最高のシェルターとは、安心できる場所にするという意味ですね。

疲れて帰ってきたときに、自分が1番回復できることをリストアップしておくんです。

自宅でできる脳の回復方法
  • 瞑想する
  • 好きな匂いのデフューザーを置く
  • 肌触りの良い部屋着にする
  • 寝具にこだわる
  • ペットと遊ぶ

元気なときにノートやスマホにリストをメモしておいて、帰宅したらリストを確認しながら回復方法を実行してみましょう。

1番手軽なのは、ぼーっとすることです。

私は帰宅したら、温かい飲み物をゆっくり飲みながら、深く呼吸をしてぼーっと空を眺める時間を作るようにしています。

自宅を最高のシェルターにしたいけど、

  • 賃貸で隣人の生活音が気になる
  • 持ち家で近くに小学校の通学路がある

みたいな環境で、自宅にいても落ち着けない場合もありますね。もし、心や体に影響が出ているようなら引っ越しを考えてもいいと思います。

相談者さんは高校生だから、1人になれる部屋があれば、そこをお気に入りの空間にしてみてください。

兄弟姉妹と相部屋なら、トイレとかお風呂場とか、1人になれる場所で回復方法を探しましょう。

敏感さはセンサー!

HSPの敏感さはセンサーです。

目にゴミが入ったら涙が出たり、風邪を引いたら熱が出るように、体に備わった機能のです。

だから、「刺激を受けなくする」ことは難しいし、センサーに蓋をすることは最も危険です。

だって、目にゴミが入っても、風邪のウイルスが侵入しても、気づかないフリして放置しているのと同じだからね。

そこで有効なのは、受けたら早めに流すことです。

自分の脳を精密機器だと思って、日々メンテナンスしてあげましょう。詰まりを解消すると、どんどん幸せセンサーとして活躍してくれるようになりますよ!

まとめ

普通に生活している以上、大きな音は物理的に避けることが難しいです。

一人のときはイヤホンやイヤーマフで対処できるけど、学校や職場でずっと装着しているわけにはいかないですよね。

だから、自宅をシェルターにして回復の方法をたくさん用意しておきましょう!

家に帰るのがワクワクできるようになれば、外出するときにビクビクせずに済みますよ。

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

HSPHSSライフスタイルラボ