生きづらさ解消

伝染した感情の見抜き方

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

生きづらさを抱えているHSPの悩みを聞いていると、「自分の本音がわからない」とか「自分の意見が言えない」など、感情迷子が多いです。

そんな感情迷子のHSPに伝えたいのが、もっと自分の感情を疑う癖をつけよう!ということ。

実は、「これって、本当に自分の感情?」と聞くだけで、本音を知ることができるんですよ。

感情を見失うHSPが多い

当ブログでは、お悩み相談室として読者さんの人生相談を受付ています。

繊細で敏感なHSPの悩みをたくさん聞いていると、「自分が何を感じているのかわからない」とか「本音がわからない」といった、感情迷子に陥っている人が本当に多いと感じます。

自分という存在がどこにもいない、まるで透明人間のようだと思っているのに、常に不安だけはヒシヒシと感じていて、ネガティブ思考から抜け出せなくなってしまう。

脳はストレスにさらされ続けるので、体調も崩して自己嫌悪に陥るループなんですね。

私自身も、長年生きづらさを抱えていて、当時は「寂しいって何?」と、言葉としての感情と、体の感覚を結びつけることができませんでした。

人から「どうだった?」と感想を聞かれても、自分の気持ちや本音をすぐに見つけることができず、どこかで誰かが言っていたようなセリフを機械のように代弁していたのです。

そんな自分の経験と、多くのHSPから寄せられた相談から、私は「HSPはもっと自分の感情を疑う癖をつけるべきだ」と思っています。

感情は伝染する

人間の脳には『ミラーニューロン』という、相手の感情をコピーして同じように感じるシステムがあります。

目の前の人がネガティブ思考で「どうしよう、不安だ」と感じていると、あなたのミラーニューロンがネガティブ思考をコピーして、同じように不安になるのです!

つまり、感情は伝染するということです。

HSPは、このミラーニューロンが高度に発達しているという説があり、他人の感情を自分のものだと感じやすいんですね。

感情をコピーするのは、1対1で会話しているときだけでなく、

  • すれ違う人
  • 隣に座った人
  • 頭に思い浮かべた人

など、あらゆる場面で起こります。「昨日の課長はすごくイライラしていた。」と思い出しただけで、課長のイライラをコピーして、次第に自分もイライラしてくるのです。

本当に自分の感情か疑う癖をつける

HSPは、高い共感能力と発達したミラーニューロンを持つので、他人の感情をコピーしやすい。だから、自分の感情が迷子になり、本音を見失ってしまうんですね。

当ブログでは、感情を掴むことを推奨していますが、特に強く提案したのが、自分の感情を疑ってみることです。

将来のことを考えて不安になってしまうとき。苦手なお局さんの発言が気になって眠れないとき。友達の些細な一言で自己嫌悪から抜け出せないとき。

ネガティブ思考に陥るときは、大抵他の誰かの目を気にしているはずです。他の人の言動や考えが気になるとき、多くは相手のコンプレックスや負の感情を代わりに背負っています。

そこで、まず「これって本当に私の感情?」と、自問自答してみるだけで、嘘みたいに心身が軽くなるんです!

そもそも自分の感情じゃないから、扱い方もわからないし、出口が見えないんですよね。ネガティブ思考から抜け出せなくなったときは、周囲を見渡して、誰かの感情をコピーしていないかチェックしてみましょう。

本音が見つけやすくなる

HSPのお悩みでよく聞くのは、「他の人に気を使いすぎて、自分の気持ちがわからなくなる」とか「本音がわからないからコミュニケーションが取れない」などです。

迷子になった感情を見つけるには、感情を表す言葉を集めるとか、言葉と体の感覚を結びつける練習をするなどがあります。

こういった認知の歪みを修正したり、身体感覚に意識を向ける方法は、効果が大きいのですが時間がかかるんですね。

真面目で白黒思考が強いHSPが1人で挑戦すると、どうしても「キチンとできないからダメだ」となりがち。

ところが、今回ご紹介している「これって、本当に私の感情?」と自問自答する方法は、簡単にできて即効性があります。一度立ち止まって冷静になれるので、本音が見つけやすくなるんですね。

根本的な生きづらさ解消には、時間をかけて取り組む方法と組み合わせる必要があるのですが、感情迷子になっている人が最初に踏み出す1歩として、とてもオススメです。

まとめ

不安感を訴えて相談されてきた方に、メッセージだけで「それって、本当にあなたのものですか?」と答えるのは、なんだか冷たい気がして避けていましたが。

本当に、HSPはもっと自分の感情が「誰かのコピーでは?」と疑う癖をつけて欲しい。

こういうと、「今感じている楽しい気持ちも、自分のものじゃないの?」と不安になる人がでてきそうですが。ポジティブな感情なら、伝染していてもいいじゃないですか!

どうせコピーするなら、楽しくて前向きな感情がいいですよね。

不安になったら、まずは「これって、本当に私の感情?」と自分に聞いてみて、誰かの感情をコピーしていないかチェックしてみてください。余計なものがなくなれば、本音が見つけやすくなりますよ。

それじゃあ、またね!