お悩み相談室

気を遣いすぎて本音がわからず、後から爆発して自分を責めています。

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回はご質問です。考えすぎて本音が隠れてしまい後から爆発してしまうことについて。

【本日のご質問】

HSPっていろいろ感じすぎるが故に、考えすぎたり気を遣いすぎたりして、本音が潜っちゃうことが多くありますよね。。。

ももかさんはそういう時どうしてますか?

私は特に、ずっとずっと後になって爆発してしまうんです。

自分を責めなくていいことは分かっているけど、その度に自分を責めてどんどん辛くなります。

ご質問ありがとうございます♡

感受性豊かで深く思考する気質ゆえ、気を使いすぎて本音がわからなくなりますね。

本音を伝えるには普段のコミュニケーションがポイントですよ。

普段のコミュニケーションで愚痴を言える関係を作る

こまめにガス抜きができるようになると、限界を超えて爆発することも少なくなります。

そのために、普段から周囲とコミュニケーションを取っておきます。

有事の際に助けを求められるように、何気ない会話をかわしたり、相手の状況も把握するように努めます。

そうすると、気持ちが抑えきれなくなったときに、手放しで心を預けられる存在ができるんですよ!!

同じ感情でも、自己完結できないレベルに到達すると、自分だけで処理することは困難ですから。

感情をキャッチするセンサーは、普段から磨いておくことで、小さな気持ちの変化も掴めるようになります。

すぐ言葉にできないのは気質だから

HSPは、刺激を深く処理する特性があるので、湧き上がった感情を処理するのに時間がかかります。

気持ちをすぐ言葉にできないのは気質ゆえでしょう。

だから、何か心にポワンと浮かんできても、「ん?どういうこと?これはなんだろう?」とじっくり感じようとします。

  • 素直だから言葉のまま受け取る
  • 人の悪口を言ったらいけないと思っている
  • そもそも自分の感情ではないので原因が見つけられない

これらはHSPによく見られる特徴です。

素直なので、嫌味を言われても気づきにくい。後から人に「あの人感じ悪くない?」と言われて、「そういえば、私に対しての嫌味だったのかな?」なんて不安になる。

HSPの場合は湧いてきた感情が自分のものなのか、冷静にジャッジする必要があります。

爆発した感情だけでなく、普段感じる怒りや不安も、誰かの感情に共感して自分のことだと錯覚している可能性もあります。

自分の本音だと思っても、実は誰かの考えをコピーしていることもあります。そんなときは、本来の自分の考え方と違和感があるので、うまく処理できません。

考えすぎて気を遣いすぎても本音は言える!

感情を深く処理する気質なので、普段から感情日記をつけるなどして、体の感覚と感情を結びつける練習をしていると、感情キャッチセンサーは磨かれます。

さらに、会話術の本などで一般的なコミュニケーションの取り方を学んで、周囲とコミュニケーションを取ると、本音が言いやすい環境を作れます。

考えすぎて気を遣いすぎるのは気質ですが、本音を見つけることと、それを伝える環境作りは自分次第で実現可能ですから!

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ