今考えてること

薬の肩を借りるつもりで

※この記事は、2018年6月8日にメルマガで配信した内容を修正・加筆して掲載しているよ

 サプリメント飲む派?

みんなはサプリメント飲んでる?  

私はね、少し飲んでた時期があったけど、基本的に飲まないタイプの人だったの。  

それが、最近また飲み始めることにしたんだ!  

サプリメントというか、医薬品のビタミン剤なんだけど。 

それで、今日話したいのは「頼ること」についてなの。  

薬の力を上手に取り入れることって、人に上手に頼ることにもつながるなって感じたから! 

そもそも、なんでサプリメントを飲んでなかったか?っていうところから話すね。

薬の肩を借りるイメージで

私は薬が嫌いなの。  

副作用があるし、あんまり良いイメージがない。  

頭痛薬も、飲みすぎると、効かなくなるっていうでしょ。あれも、結構信じてて。  

だから、最低限必要なもの以外、人工的なものは身体に入れたくないな。って思ってたの。  

でね、サプリメントも私にとっては薬と同じで。異物を身体に入れるわけでしょ。  

それって自然じゃないな、って思って。  

あと、前に飲んでた安いサプリメントなんだけど、効果が全然わからなくて。 

あえて飲む必要ないっていう認識になったの。  

あとね、薬に依存してしまう怖さもあった。  

安定剤を飲んでいた時期、  

「これがなくなったら、私は生活できなくなるんじゃないか」 

っていう不安もあったのね。  

頭痛薬もさ、予防のために飲む人もいるでしょ。それがないと落ち着かない。っていう状態って怖くない?  

だから、風邪で高熱が出るとか、それくらいじゃないと薬は飲まないようにしてたの。  

それが、最近ちょっと考え方が変わって。  

飲む・飲まないの2択じゃなくて、『上手く付き合うこと』ってできないのかな?って。  

100%委ねるんじゃなくて、ちょっと肩を借りるっていうイメージ。  

私にしかできないことに集中するために

いつの頃からか、何にも頼ったらいけないんだ。っていう思考ができあがっていたから。 

薬にも頼ったらダメだ。って思ってしまったみたい。 

それって、人に頼ることができないっていう部分にも繋がると思うの。 

何かに頼ることが、ダメなこと。って考えて、全部自分1人の力で解決しなきゃいけないんだって。 

でもさ、私の身体は、エネルギーの消耗が人より早くて、回復にもとても時間がかかる。 

それを1人で、  

「消耗しないように、早く回復するように」  

って、たくさん気を使って。  

そうやって努力することって、それもいいけどさ、疲れるよね。 

だったら、薬の力を借りて、サポートしてもらって、私は私にしかできないことに集中する。  

それでもいいんじゃないかなって。  

そう思ったの。 

それで、せっかく飲むなら、身体に合うものを飲みたいじゃない?  

で、私の場合は、医薬品のビタミン剤がいいと思ってて。  

名前を言っちゃうと”アリナミン”なんだけど。  

1週間くらい飲んでて、やっぱり疲労回復が早くなった気がする。プラシーボ効果かもしれないけど。  

思い込みだろうと、元気に過ごせれば、それが1番だもんね!  

人に頼ることも、こういうところから訓練すると、感覚が掴めるようになると思うんだ。  

依存じゃなくて、サポート。手助けしてもらう。  

それは、甘えじゃないからね。ありがとう!アリナミン!  

じゃあまたね。