心のケア

HSPカウンセリグの選び方と注意点。東京のおすすめカウンセラーまとめ。

こんにちは!ももかです。

私は合計6名からカウンセリングを受けた経験を持ちます。

  1. 適応障害(心療内科で投薬治療)
  2. アダルトチルドレン(認知行動療法)
  3. オーラソーマ(英国式色彩療法)
  4. HSP専門カウンセリング(TCカラーセラピー)
  5. HSS型HSP専門カウンセリング(マインドフルネス系)
  6. 摂食障害(電話)

①の心療内科は、かかりつけの内科医の紹介でしたが、その他はインターネットで自力で探して個人の方に申し込みました。

2年ほど前から、ブログでHSP関連の情報を発信しつつ、去年の夏から個別のカウンセリングも実施してきました。

現在は、発信活動を重点的に行なっているため、個別のカウンセリングは不定期の受け付けになっています。

ですが、

いつ再開しますか?
直接お話したいです。

といった声をいただいています。

私の力量不足で、お断りしている現状なのですが、「HSPを理解している人に話を聞いてほしい」という人が増えてきているのだと感じています。

そこで、信頼できるHSPカウンセラーを紹介しようと考えました。

ももかに対して魅力を感じてくれている方に「代替え」のように紹介するのは失礼かと思ったのですが。

現在のHSP業界の状況を踏まえて、どうしても紹介しておきたい気持ちがあったので、記事にまとめることにしました。

私はHSPカウンセリングを

  • 受ける側
  • 提供する側

どちらも経験しています。そして、4年以上HSP関連の情報を集めてきました。

そんな私が「受けてほしい」と感じるカウンセラーと、HSPカウンセリングを選ぶときの注意点をお伝えします。

HSP商法に惑わされないで!

オススメのカウンセラーを紹介する前に、どうしても伝えたいことがあります。

それは、HSPをファッションのように扱う商業的カウンセラーに惑わされないでほしい、ということです。

最近のHSP業界は、アダルトチルドレン業界と似たような流れにあると感じています。

アダルトチルドレンは、発祥地のアメリカでは「アルコール依存症の親を持つ子ども」という定義で誕生しました。

それが、日本に輸入されると、

  • 幼少期に親の愛情を十分に受けられなかった(と感じている)人
  • 大人になっても対人関係に困難さを持つ人

を総称してアダルトチルドレンと呼ぶように発展して広まりました。

生きづらさを抱え、解決の糸口を見つけようと必死にもがいている人たちは「アダルトチルドレン」と名付けられることで、社会に居場所を見出し、仲間を見つけることができたのです。

発達障害や自閉症スペクトラムのグレーゾーンに位置し、医師の診断から外れた人たちにとっても、自分を表現する手がかりとなりました。

4年ほど前にHSPを知り、情報収集を続けてきた私は、最近のHSP業界もまたアダルトチルドレンと同じ雰囲気を持つようになったと感じています。

  • 「HSP」とつければ本が売れる。
  • 「HSPカウンセリング」とつければ、新たな市場で戦える。

こういった商売が得意な後発組のカウンセラーたちが、競ってネット広告を出しプロモーションを始めるようになりました。

HSP業界は、ビジネスの戦場として新規参入が相次ぐ成長期を迎えているのです。

このタイミングでHSPを知り、カウンセリングを受けたいと思った人は、情報量の多さに混乱するでしょう。

HSP
HSP
どのカウンセラーが本当にHSPの特性を知り尽くしていて、実績もあって、信頼できる人なの?

こういった疑問を抱きやすい環境にあります。

心の問題を持つ方は、お金の問題も抱えている場合が多くあります。

中途半端な知識を持つHSPカウンセラーに申し込んでしまい、高額なカウンセリング料金を払ったのに効果が全然なかった。

という思いをしないためにも、自分に合ったカウンセラーを選ぶポイントを把握してくださいね。

HSPカウンセリングを選ぶポイント

私は6名からカウンセリングを受ける中で、カウンセラーとの相性が根本的な生きづらさ解消に大きく左右することを学びました。

ですが、保険適用外のカウンセリングは高額になりがちですし、試しに受けるには金銭的にも時間的にもハードルが高いですよね。

ここでは、受けてみて「なんか違った」をなくすために、HSPカウンセリングを選ぶ際のポイントをお伝えします。

HSPカウンセリング選ぶポイント

  1. カウンセラーがHSPである
  2. HSS型HSPならHSS型HSPのカウンセラーが◎
  3. 「HSPの症状を改善」と謳っていないこと
  4. 回数指定のメニューがある
  5. 初回お試し料金の設定がある

カウンセラーがHSPである

HSPがカウンセリングを受けるなら、同じようにHSPだと公言しているカウンセラーを選びましょう。

少数派であるHSPの抱える悩みは、非HSPのカウンセラーには心から共感することが困難です。

カウンセリング技術として共感することはできますが、その技術を見抜いて寂しくなってしまうのがHSPです。

非HSPのカウンセリングを受けたHSPが、「この人は、私のことを本当には理解していないと感じた」というのは、よく聞く話です。

HSPの特性上、カウンセラーの理解度に合わせて話す内容を制限してしまうんですね。

そして、イマイチ手応えがないまま帰宅することになります。

HSPは非HSPが想像もしないような世界を見ていて、その世界を「HSP語」として表現します。

業界にはそれぞれ専門用語があり、業界の外にいる人には理解できません。

同じように、HSP特有の表現を理解できるのは、HSP語のわかるカウンセラーなのです。

HSS型HSPならHSS型HSPのカウンセラーが◎

心からの共感を得られるという理由で、あなたがHSS型HSPなら同じくHSS型HSPのカウンセラーを選ぶことをオススメします。

私は最初にHSP非HSSの方から、カラーセラピーを受けました。

(私自身はHSS型HSPです。)

全てを包み込んでくれるような優しさを感じ、人生を切り開く大事な鍵をもらうことができました。

でも、私の中にある正反対の部分

  • エネルギッシュで行動的
  • 社交的で良い評価を受けやすい

といったHSS的性質の部分で、消化不良のような「何か物足りない」といった違和感が残ったんです。

その後にHSS型HSP専門のカウンセリングを受けたのですが、

ももか
ももか
評価される苦しみを違和感なく話せるなんて、生まれて初めて!!

と驚きました。

かゆいところに手が届くような。言わなくても先回りしてサービスしてくれる一流ホテルのおもてなしのような。

そんな感覚を味わうことができました。

あなたがHSS型HSPなら、同じようにHSS型HSPのカウンセラーを選びましょう。

「HSPの症状を改善」と謳っていないこと

HSPは病気ではありません。

ですので、次のような表現をしているカウンセラーは、にわかである可能性が高いです。

  • HSPの症状を改善
  • HSPを解消
  • HSPを克服

長くHSPのカウンセリングをしている人ほど、気質を尊重する大切さについて熱く語るんですよ。

なぜなら、気質は変えられないからです。

HSPの抱える悩みに真摯に向き合い、生きづらさの解消を願うカウンセラーは、自然とみんな同じ答えにたどり着きます。

それが、気質を活かすことです。

複雑な気質を活かして悩みを解消する手助けをしたいと思うと、「HSPを改善する」や「HSPを解消する」といった言い回しには、とても敏感になります。

インターネットの広告で、こうした文言が使われいる場合は注意してください。

広告の場合、HSPの知識がない外部の業者が文章を考えて出稿している可能性があります。
それでも、校正の際に違和感を持たずに出稿を許可した広告主ということになりますので、どちらにせよ注意が必要です。

回数指定のメニューがある

私の経験上のお話ですが、あらかじめカウンセリングの実施回数を指定しているカウンセラーは、成果を出すカウンセリングをする人です。

カウンセリングをビジネスとして見ると、医療と同じように「治ってしまっては都合が悪い」のです。

広告を打ったり、せっせとブログを更新して新規のクライアントを獲得するより、すでに顧客になったクライアントに何度も来てもらう方が、低コストで利益を得ることができます。

では、儲けたいカウンセラーはどのようにリピーターを獲得すると思いますか?

答えは、カウンセリングの最後に次回予約を取ることです。

私が受けた中では、適応障害を治療した心療内科と、アダルトチルドレンのカウンセラーがこの手法でした。

毎回カウンセリングが終わると、当然のように

カウンセラー
カウンセラー
来月いつ来ますか?

と予約の日程を聞いてきました。

私は

ももか
ももか
これっていつ終わるのかな?私本当に今の状態から抜け出せるのかな?

という不安を抱くようになりました。

ただし、次回予約を取るカウンセラーが全員金の亡者ということではありません。

カウンセリングは長期的に効果検証を繰り返すことで、心の変化は確実なものになります。

逆に言えば、

  • 初回で大きく結果を出す
  • 全6回で〇〇〇〇な状態にします

というように、回数と効果を断言しているカウンセラーは、結果に対して覚悟を持っているということになるんです。

あくまで1つの指標ですが、結構重要です。

初回お試し料金の設定がある

初回の料金を下げていたり、「まずはメールで相談してください」などのお試しを設定しているカウンセラーは、クライアントとの相性を重視する傾向にあります。

特にカウンセラー自身がHSPである場合は、体力的にも受け付けるクライアントに限りがあります。

カウンセラー自身の仕事スタイルも、「量より質」を求める傾向があるんですね。

だから、自分が納得した相手に内容の濃い本気のカウンセリングを提供したいんです。

そこでクライアントを精査する意味でも有効なのが、初回の料金を下げてお試しとしたり、メールやLINEで数回やりとりして相性を見る方法です。

カウンセリングを受ける側としても、お得にカウンセラーとの相性をチェックできますから、双方にメリットがあると言えます。

東京のHSPカウンセリング

前置きがとても長くなりましたが、ここからが私がオススメするカウンセラーの方々です。

条件として、HSPカウンセリング歴2年以上と縛りを設けました。

カウンセラーとして優秀かどうかは、キャリアの長さだけで評価できるものではありません。

HSPに対するキャリアが短くても、カウンセラーとして素晴らしい実績の持ち主もいます。

ですが、今回紹介するカウンセラーは、少なくとも2年以上前から、HSP専門のカウンセリングを提供していました。

ということは、HSPの持つ悩みに対して大量の情報を持っているということです。

ですので、HSPカウンセリングの経験値がとても高い方たちになります。

みさき じゅりさん

みさきさん(@HSP_worklife)は、アーロン博士による「HSP専門家認定プログラム」を日本人で初めて修了した方です。

キャリアコンサルタントの国家資格を持ち、HSPの仕事に関する悩み相談が強みです。

私のお話会に参加してくれた方で、みさきさんのキャリアカウンセリングを受けた人がいます。

その方が、「強みとか、これからやるべきことが整理されて、とても良かったです!」と言っていました。

以前はHSPカウンセリングより、キャリアコンサルタントの面を強調して活動されていた印象があります。

最近は、冒頭に紹介したアーロン博士認定のプログラムに参加されたり、HSPの仕事に関する本を出版されたり、HSPをメインにして活動されています。

みさきさんのカウンセリングがオススメなのは、こんな方です。

みさきさんがオススメな人

  • 適職が知りたい
  • 気質を仕事に活かす方法が知りたい
  • 仕事が続かず悩んでいる
  • キャリア支援の実績豊富な人と話したい

キャリアコンサルタントの視点からもアドバイスしてもらえるので、仕事で悩んでいるHSPはかなり密度の高いカウンセリングが受けられます。

カウンセリング情報

【みさきさんの気質】HSS型HSP

【公式サイト】敏感なHSP・エンパスの相談室

【営業時間】火・水・金・土・日の朝10時〜(最終受付17時)

急ぎの転職で夜間のセッションを希望の場合は、初回セッション時に時間の調整をお願いすると調整していただけます。

【定休日】月・木

【場所】対面もしくはオンライン

※対面の場合:銀座オフィスまたは都内貸し会議室

【料金】初回セッション:60分/18,000円(税込)

2回目以降:120 分/25,000円(税込)

※クレジット払いのみ、5%手数料がかかります。

【支払い方法】銀行振込もしくはクレジットカード決済

時田 ひさ子さん

時田さん(@htokita422)は、HSS型HSP専門のカウンセラーです。

公式ブログは、時田さんが日常で感じたHSSあるあるが盛り込まれていて、HSS型HSPなら「わかるーーー!!!」と叫びながら読むこと間違いなしです。

3人の男の子を持つ母であり、子供服のリサイクルショップ経営者でもあります。

さらに、PTAでも汚れた組織体制を根本から変革させたり。とにかくアクティブ。

時田さんのカウンセリングがオススメなのは、こんな方です。

時田さんがオススメな人

  • HSS型HSPカウンセリングの実績豊富な人と話したい
  • 起業に関するアドバイスがほしい
  • 子育ての悩みがある
  • 自分では気づかない生きづらさの原因を教えてほしい

楽しくお話しているだけで、過去のトラウマも紐解いてくれるので、まるでサウナに入ったような爽快感があるカウンセリングを経験できますよ。

カウンセリング情報

【時田さんの気質】HSS型HSP

【公式サイト】HSP/HSS LABO「ブレーん塾」

【場所】新宿、八王子、立川、オンライン

【料金】個人セッション:90分/20,000円

ブレ〜ん塾:希望者のみに案内

【支払い方法】ゆうちょ銀行振込もしくはPayPal決済

番外編:武田友紀さん(リピーターのみ)

武田さんは、元祖HSPカウンセラーです!(※ももか調べ)

▷プロフィールはこちら

私がHSPを知った3~4年前の時点で、すでにHSP専門カウンセラーとして活躍されていました。

当時、HSP関連の情報サイトで上位に表示されるのは、ほとんど武田さんのブログだったのを覚えています。

メルマガも購読していましたが、とても丁寧に詳しく解説されていて、HSPに関する知識やカウンセリング実績が多いことが裏付けられています。

HSPの草分け的な存在で、書籍の出版もされました。

残念なことに、武田さんは現在新規のカウンセリングを受付ていません。

それでも、サイト内にあるコラムやメルマガを読むだけでも、深い気づきを得ることができるのでオススメです!

カウンセリング情報

【公式サイト】繊細の森

※現在新規申し込み停止中。リピーターのみ。

まとめ

上から目線で色々と語ってしまいました。

書きながら、「こういうところが、職場で生意気って言われる原因なんだろうなー」なんて思いつつ、伝えたい気持ちが抑えきれず記事にしちゃった。

だってさ、HSPカウンセラー乱立しすぎなんだもん!!

迷うでしょ!!

あれよあれよと広告が増えて、「HSP」って書いてあるからクリックしたら、サイトには一切HSPの文字がない。

とかね。

ビジネスチャンスに沸いているカウンセラーの餌食になるHSPは見たくないもん!!

だから、受ける側のあなたが、カウンセラーの選び方を知って、自分に合った人と出会えるようになってほしいと思ったの。

これからHSPカウンセリングを受ける人は、ぜひ参考にしてみて。

それじゃあ、またね。