転職

「職場の環境がHSP気質と合わない」という理由で転職してもいいの?

こちらは、ももかの個別相談コーナーです。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

(ご相談はLINE公式アカウントで受け付けています。)

今回は、職場の環境がHSP気質に合わず、転職を考えている新卒のHSS型HSPさんからのご相談です。

【本日のご相談内容】

はじめまして。新卒で入社し現在飲食店で働く者(HSS/HSP)です。

正直、転職をしたいと考えています。

理由は

①鳴り止まない(大きめの)音楽をずっと聞きながら仕事をしていると立ちくらみがしてくる。

②お客様が多くいらっしゃると狭い空間に空気が立ち込めて、息ができない気持ちになる。

③指定された店舗の場所が所謂ネオン街みたいなところでありいまだに環境に馴染めない。

先輩社員や同僚には恵まれ、現在でも続けていられるのは彼ら(彼女ら)のおかげです。

しかしながら、あまりにも気質と合わない環境であり、続けることが厳しいと考えています。

「やめるな」とお客様からも言われることがあり(※常連のお客様と店長の距離が近く私のHSPによることを話しているようです..)

このままだと、次の仕事も1か月しないうちにやめるよという不吉な予言までされています。

ももかさんのご意見をお伺いさせてください。

宜しくお願い申し上げます。

ご相談ありがとうございます♡

環境を想像するだけでしんどくなりますね〜苦笑

新卒なので、初めての転職活動を決意するかどうか?という段階のお悩みですね。

私の答えとしては、「嫌なら転職しちゃえ!ただし、辞め方に気をつけて。」です。

どういうことか、詳しく説明しますね!

イヤイヤ続ける3年ほど無駄なものはない

もしかして、世間的に言われる3年縛りを気にしていませんか?

「最低3年は続けないと、転職活動のときに印象が悪くなる」とか考えていませんか?

確かに、入社して半年足らずでの転職は、社会全体から見たら短い部類に入ります。

でも、私はイヤイヤ続ける3年ほど無駄なものはないと思います。

細かいこと気にしない非HSPなら、いつのまにかどうでもよくなることでも、HSPはずーっと気になっちゃいますから。

さらに、人間の脳は意識を向けたことを拡大させる機能を持っているので、これから先はもっと「嫌だ、無理、辛い」という感情が大きくなるでしょう。

(繊細な気質と上手く付き合うテクニックを身につけている場合は別です。)

3年縛りに拘らない理由は、私自身の経験からです。

新卒で入社した会社で1年目の冬に、適応障害の症状が悪化して2週間ほど休職しました。

本気で続けられないと感じたのですが、上司からの「期待している」という言葉と、とにかく3年という謎の縛りを考えて、結局続ける選択をしました。

結果的に、3年目の終わりに退職しました。状況が改善したかというと、全くそんなことはないです。

退職するときには、首が曲がらないほど肩こりがひどく、出社しても涙が止まらないのでトイレから出られず。

なんとか外回りに出ても、1件訪問したら駅のトイレやカフェにこもって泣き続ける日々でした。

それでも、「まだ恩返しができていない」という謎の忠誠心(という名の意地)で、なかなか転職を決意できなかったほどです。

1年目で転職のタイミングを逃してから、2年目では複数のプロジェクトや幹部選抜レースに参加したり、3年目では管理職になったりと『経験』は増えました。

今活かされているスキルもたくさんあります。(派遣会社がザワつくタイピングスピードとか。笑)

でもね、全部ひっくるめて、1年目で転職を悩んだ自分にアドバイスするなら「無理して続けたところで、自分の本音に嘘つくことになるから、結局ツラくなるよ。」と教えてあげたいです。

「環境が合わない」は、転職の正当な理由

体調を崩し、自分を嫌い、生活する気力もなくしてしまう。そんな状態で3年続けたとして、自信を持って転職活動ができるでしょうか?

「周りの人は何ごともなかったように普通に働いているのに。私は、こんな些細なことでもダメージを受けて続けられない…」なんて悲観する必要はないんです。

非HSPとHSPでは、同じ環境でも受ける刺激の量が全く違いますから。

ボロボロになることが見えている3年を我慢して耐えるより、自分の心と体を守ることを優先した方が、仕事という本来の目的に集中することができますよ。

仕事で満足感を得るには、「業務内容」「雇用条件」「職場環境」「人間関係」等のバランスが取れている状態が必要です。

どれか1つでも著しくストレスを感じるものがあれば、たとえ他の条件がどんなに良いものでも、満足して働き続けることは難しいんですよね。

だから、HSPは「環境が合わない」を正当な転職の理由にしてもいいんです。

何度も言いますが、「HSPの場合は」です。

非HSPなら、1つくらい過剰にストレスを感じても、他で害がなければ、「仕事変える方がメンドくさいし」となって、消耗することはないんですね。

ただし、非HSPでも過剰なストレスが続けば転職を決意します。

もしくは、「結婚」や「住環境」などの外部要因から、転職を決意する人もいます。

場のエネルギーに影響されやすい体を守ろう

もう1つ、私の話を例で出しましょう。HSPは場のエネルギーに影響されやすいので、環境はとても大事なんです。

私は転職ジプシー時代に、結婚式場の掃除の仕事をしたことがあります。

朝5時に出勤し、チャペルの中から沿道まで掃除をします。営業が開始したら、トイレのチェックや、フラワーシャワーの片付けなどをします。

結婚式場なので、いわゆる清掃員という感じの制服ではなく、ホテルのフロントみたいな服装で化粧もしっかりして掃除をするんです。

私はキラキラした笑顔が集まる場所が好きなので、仕事に就いた当初はワクワクしていました。

ところが、どうしても式場の『空気感』が好きになれませんでした。

本当感覚的な話で、スピリチュアルっぽくなっちゃうのですが。結婚式場に来る人って、必ずしも祝福の感情だけではないんですよね。

悔しさ、妬み、こういった感情は強く場に残るので、私はそのネガティブな感情に影響されてしまいました。

さらに、その結婚式場は歴史が古く、建物自体も増築を繰り返していて、千と千尋の神隠しに出てくる『湯屋』みたいな状態だったんです。

表向きは綺麗なんですが、スタッフルームはボロボロ。宴会場も使われていない場所はホコリだらけで、居るだけで気分が落ち込んでいました。

私は霊感はないのですが、開店前に清掃していると、なんとなく人の気配を感じたり、「いる」と思うことが何度もありました。

結局、半年ほど続けて体調を崩してしまい、最後は逃げるように退職しました。

HSPは場のエネルギー(人の感情や物が発する電磁波)に影響されやすいので、1日で最も長く過ごす職場の環境を選ぶことは大切です。

環境が理由で転職するときに意識したいこと

ここまで、「HSPは環境に影響されやすいから、嫌なら3年なんて待たずに転職しよう!」とお話してきました。

ただし、気をつけなければいけないことがあります。それは、主に2つ。

  1. 完璧な職場は待たずに作る意識を持つこと
  2. 環境のせいにして本音を隠していないか考えること

ここをクリアにすることで、後悔しない転職活動を進めることができます。

完璧な職場は待たずに作る

大前提の意識として、「完璧な職場環境は会社が与えてくれるもの」と考えていると、どの仕事に就いても同じ悩みを繰り返します。

私は、HSPが能力を発揮して活躍するためには、心地よい【人、物、場所】が必要だとお伝えしているのですが、これらは自分で集めなければなりません。

自分に合わない環境を、どうしたら心地よい環境に変えられるのか?と考えることで、場所が変わっても応用が効く処世術を身につけることができます。

環境のせいにしていないか考える

転職したい理由は、本当に「環境」なのでしょうか?

人に恵まれいていると言い聞かせているだけで、本当は店長が苦手だったりしませんか?

環境の悩みについて、対処方法を先輩社員や同僚に相談することはできますか?

辞められない理由に人を挙げる場合、実は「恵まれているというより、特に不満がないだけ」だったりします。

本当の本音は、業務内容が想像と違ったとか、会社の方針が好きになれないとか、可もなく不可もない人間関係がつまらないとか…もっと人が聞いたら呆れられそうなことだったりするんです。

それから、ほとんどのHSPが目をそらしてしまう問題として、「コミュニケーションが取れない」ことがあります。

社会人としてコミュニケーションを取ることが苦手というのが、悩みの本質であるケースは多いです。

次の職場でも同じことを繰り返す不安を消すには

お客様や店長から「次の仕事でも1ヶ月もしないで辞めるよ」と言われたことが気になっているのは、自分でも同じように考えているからです。

  • 環境は入社してからじゃないとわからないから、事前に対策するなんてできないし
  • 今は人に恵まれているけど、転職して厄介な人がいたらどうしよう
  • 繊細で疲れやすい気質を持つ私が、働き続ける職場はあるのだろうか

こういった不安は、全て「心地よい職場は会社が与えてくれるもの」という意識からくるものです。

まずは、今の職場で自分で心地よい環境を作る方法を試してみる。(そのためには、必ず上司とのコミュニケーションという壁を超える必要があります。)

上司や同僚に要望を否定されて、落ち込むことになるかもしれません。要望を聞いてもらえず、嫌な気持ちになるかもしれません。

そうなったら、尚更「人に恵まれている」という理由が通用しなくなりますので、本気で見切りをつけて転職活動を始めればいいのです。

まとめ

HSPは環境に影響されやすいので、職場環境がストレスになるなら、思い切って転職することをオススメします。

非HSPと比べて「まともに働けない」なんて悲観する必要はないですし、ましてや社会不適合者でもありません。

今のタイミングなら、第二新卒として転職を受け入れてくれる企業もあります。

まずは、自分の心と体を守ることを優先していいんですよ。

ただし、完璧な職場はありません。心地よい環境は自分の力で作る意識も持ちましょう。

転職活動の面接でも重視されるのは、「今後の姿勢」ですから。

応援しています!

お悩み相談室は、LINE公式アカウントに友だち登録をすると参加できるよ。ももかのLINE公式アカウントについて

私がブログで相談を受ける理由お悩み相談室を実施する理由と使い方まとめ

過去の回答はこちらお悩み相談室バックナンバー

関連記事