お悩み相談室

勢いで始めた仕事を辞めたいです。

こちらは、ももか(@momohsphss)の『お悩み相談室』です。

読者さんの質問や相談に、私の主観的な意見でお答えしていきます!

今回は、勢いで保険の外交員を始めたけど、知らない人に話しかけるのが怖いから辞めたいという内容です。

【本日のご相談内容】

現在の仕事を辞めたいんです。

保険の外交員を勢いで始めてしまいました。。

明るい人、職場に憧れて…

誘ってくださった方も職場の雰囲気も悪くなく。

ただやはり気質ゆえ、見ず知らずの人に声をかけることが怖く、それがこの仕事なのに、頭で分かっているのにどうしても怖いです。

それはこの先間違いなく消えることはないので、時間が経ってしまう前に職場のためにも、早く退職したい。

ただ、そんな事を言っても先輩達は止めると思うけど。

でも自分の気持ちだもん。辛すぎる

でも自信を持って働く職員さん達はカッコイイ。ああなれたら良いなとは思ってる。でも私には無理で。辛い

人付き合いが嫌いなわけではないので、接客業はしていきたいのですが、どういった内容のお仕事だと、心の負担が軽くなるとおもいますか??

ご相談ありがとうございます。

うーーーん…要するに、

『HSPで見ず知らずの人に声をかけるのが怖い』という特徴は消えないけど、周りにいる自信を持って働く職員さんみたいになりたい。接客業で心が軽くなる仕事内容って、何ですか?

ということですよね。

確かに、保険の外交員は一見「誰でもすぐできそうな仕事」のように捉えれるかもしれませんが、実は高い対人スキルが必要で、体力と精神力をコントロールするスキルも必要です。

じゃあ、他の接客業ならもっとユルくいくか?というと、どうでしょうか??

ごめんなさい。

今回はHSPを隠れ蓑にしている感じがするので、スパルタな辛口アドバイスになります。

私が1番伝えたいのは、「根本的な仕事に対する『考え方』と『選び方』が間違っている」です。

心の負担が軽くなるのは「どうでもいい仕事」

相談者さんが私の回答として期待しているのは、恐らく具体的な『業種』や『職種』だと思います。もしくは勤務体系ですね。

ただ、ここで具体的な例をお伝えしてしまうと、また同じように【先入観によるイメージ】で決めてしまって、「こんなはずじゃなかった」となりそうなので。

クドクドと前置きしてもわかりにくいので、結論からお伝えしますね。

ガッカリする回答でしょうけど、心の負担が軽くなる(=心理的ストレスの少ない)仕事をしたいのであれば、どうでもいいと感じる仕事を選べばいいのです。

どうでもいい仕事なら、そもそも『やりがい』や『成長』を期待しないので、失敗しても怒られても「まぁ、いいや」で、済みますから。

仕事を通して自己実現をしようとするから、目標が高くなって、「できない自分はダメなんだ」と自己否定のループになるんですよね。

仕事は生活費を稼ぐためと割り切ってしまえば、特に仕事ができなくても、毎月きちんと決められた時間に出勤して、なんとなく過ごすだけで固定給をもらえます。

ですので、世の中で出回っている一般的な接客業であれば、HSPでも心の負担を少なくして働くことができます。(夜のお仕事系じゃなければね)

仕事へ期待し過ぎると辛くなる

たぶんね、仕事が全てを解決してくれると期待しているので、勢いで始めた仕事も「こんなはずじゃなかった」となるんですよね。

ここでいう『仕事』とは、

  • 職場環境
  • 業務内容
  • 人間関係
  • 雇用条件

などを一括りにした意味です。

ちなみに私も、「能力を活かせる環境さえ見つかれば、もっと楽しく仕事ができるはず!」と考えて転職を繰り返しました。

それって、「自信が持てないのも、他人と比較しちゃうのも、全部仕事のせいだ!」という思考なんですよね。

仕事選びに失敗する原因って、

  • 自分の能力を客観的に見ることができない
  • 過去の失敗体験の振り返りができない
  • 足りない能力を補う意識の欠落

こういった要素があります。相談者さんがやるのは具体的な業種を探す前に、「なぜ、保険の外交員はシックリ来なかったのか?」を深掘りすることです。

ローリスクハイリターンな仕事を見つけるには

仕事に期待しすぎなければ、心理的負担も軽く済みます。

「いやいや、私は周りの人みたいにキラキラして、自信を持って仕事する素敵女子になりたいんです!みんなみたいに、普通に楽しく仕事がしたいだけなんです!」

という要望を持っているのであれば、対人スキルなりコミュニケーション術なり、仕事に必要な能力を身につける工夫をして、自分が心から働きたいと思う職場で適応していく努力が必要です。

だから本当は、仕事探しの前に「受けた刺激をケアする方法」を学んだ方が、職業選択の幅は広がるんですけどね。

ただ、ここまでコテンパンにしてしまったので、1つ裏技的な話をしましょう。

心理的ストレスを軽くして、尚且つ「やりがい」や「成長」を感じる、ローリスクハイリターンな仕事選びの方法です!

それは、「どうでもいい」と思った仕事で「やりがい」を見つけることです!

恋愛でもよくあるじゃないですか?

一目惚れで100点満点のイケメンだと、最初からハードルが上がりすぎちゃって、少しでも嫌なところが見えると、急に冷めちゃう。

「彼氏作らなきゃ!」と思って頑張ってマッチングアプリとかやっても、全然ピンとくる人がいない。

なのに、「どうでもいいや〜」と思って参加した同窓会で、久しぶりに会った同級生と予想外に意気投合して付き合うことに。

最初は全然トキメキとかなかったけど、付き合っていくうちに、どんどん良いところが見えてきて、たまにキュンキュンしたりして、今では大好きな彼氏です!

ーENDー

…みたいなやつ。笑

仕事選びも一緒ですよ。

まとめ

今回は、【HSPを隠れ蓑にしているパターン】だと感じたので、スパルタ辛口アドバイスをさせていただきました。

自分に合っている仕事を誰かにズバッと教えてほしい、という気持ちはよーくわかります。

偉そうに言っている私も、お姉ちゃんに「何を選んでも続かないから、変わりに仕事決めて」ってお願いした経験ありますから。

「バカじゃないの」って一蹴されたけどね。笑

仕事を恋愛に置き換えてみると、上手くいかない原因も見えてくるかもしれませんよ。

過去の回答一覧はこちら

お悩み相談室の記事まとめ

HSPHSSライフスタイルラボ